毛利輝元を西軍に引き込んだ人物は誰?関ケ原の戦いの裏側


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

何本も翻る軍旗と兵士(モブ)

 

人生の重大な決意を降す時って、誰にでもあると思いますけどドラマや映画と違い、妙なタイミングになる事が多いですよね?

 

それは戦国大名でも同じで、関ケ原の戦いで西軍の総大将になった毛利輝元(もうりてるもと)は直前まで盆踊りをしていたそうです。そして、実際には大阪城から動かなかった毛利輝元が、徳川家康(とくがわいえやす)に過酷な減封を喰らった原因にも、ある人物の行動が影響していました。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



安国寺恵瓊西軍につく

石田三成

 

古実聞書(こじつききがき)という毛利家の伝承によると、石田三成(いしだみつなり)は関ケ原の戦いの前に、輝元を安芸から大坂城西の丸に迎える相談を毛利家の外交僧安国寺恵瓊(あんこくじえけい)としたそうです。これに安国寺は同心し、吉川広家(きっかわひろいえ)に相談しました。しかし、広家は慎重で、これは家の存亡に関わる事なので、すぐに輝元公に告げてはならない一族の毛利秀元に相談すべきと回答します。

 

ところが安国寺は、これをまどろっこしいと思ったのか黙殺。同じく西軍につく事で同心した堅田元慶(かただもとよし)と共に安芸に向かい、毛利輝元に大坂に上るように勧めました。信長の横死を予言した安国寺恵瓊も、自分が関係する事態では洞察力(どうさつりょく)が働かなかったようです。

 

真田丸でも採用して欲しかった盆踊り

真田丸

 

その日は、ちょうど7月15日の盆踊りの日であり、輝元も踊っていたそうですが、にわかに決心して踊りを中断し、即刻その夜には出発したというのです。徳川の天下を決定づけた関ケ原の戦いの直前、輝元は盆踊りの熱狂の中で毛利家の運命の選択をしました。今後、NHK大河ドラマで関ケ原を描く時には、毛利輝元は盆踊りからの西軍参加決意だと面白くなるような気がします。

鼓膜が破れる程声がデカい織田信長

 

そういえば、織田信長は天下への道を開いた桶狭間の戦いの最中、謡曲敦盛(ようきょくあつもり)を舞ってから、運命の地、桶狭間に突き進んでいきました。どちらも踊りと言えば踊り、決断と踊りは相性がいいのでしょうか?

 

はじめての戦国時代

 

動かない輝元の処分が過酷な理由

毛利輝元

 

さて、西軍についた輝元ですが、実際には吉川広家を通して東軍の家康とも折衝していました。その為、輝元は大坂城から動かなかったのですが、にもかかわらず戦後の処分は過酷で周防(すおう)長門(ながと)以外の領地を削られました。どうして、家康はここまで過酷な処分を輝元に課したのでしょうか?

戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)

 

それは、安国寺恵瓊と共に輝元を西軍に引っ張った堅田元慶のせいでした。堅田元慶は、戦いが始まると動かない輝元に代わり、淀城(よどじょう)へ押し寄せて各地で乱取り(略奪)を開始。さらには、関ケ原の合戦場に小早川隆景(こばやかわたかかげ)の馬印を持ち出すなどして西軍アピールを(あお)りに煽ったそうです。

 

無双小早川隆景の馬印

豊臣秀吉 戦国時代2

 

さて、どうして堅田は、小早川隆景の馬印を持ち出したのでしょうか?

 

実は、小早川隆景は日本一の賢者と(うた)われ、豊臣秀吉に西日本は隆景に任せておけば大丈夫と太鼓判を押された人でした。一方で東日本の重鎮は徳川家康と指名されていて、秀吉は隆景を家康に匹敵する名将と考えていたようです。そこで堅田は小早川隆景の馬印を持ち出して家康を牽制し、西軍の士気を鼓舞したかったのでしょう。

中国地方を制覇する毛利元就

 

ちなみに、堅田元慶は子供がなかった小早川隆景に養子として認められる程の実力者でしたが、元慶はそれを丁重に辞退し敢えて堅田と名乗っていたのだそうです。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-戦国時代 (日本)
-,