劉備はなぜ人気なのか?その裏には「儒」の陰があり?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操に仕える陳宮

 

三国志には数々の武将たちが出てきますが、皆さんはどんな武将が好きですか?

曹操そうそう)、ふむ、確かに有能で革命的な働きをしていますね。

関羽の降伏を説得しにいく張遼

 

関羽(かんう)、分かります、分かります三国志演義の関羽は本当に義の人でカッコイイですよね。え、トウ(とん)……もしや貴方、蒼天航路(そうてんこうろ
)
愛読者では?と、様々な人物が挙げられると思いますが良く正史三国志を見た人に「劉備(りゅうび)がなぜ人気なのか分からない」と言っているのを見かけました。今回はこの劉備の人気について考えてみましょう。


どうして劉備は人気なのか?

悪役の曹操、正義の味方の劉備

 

まずやはり、三国志演義の影響が大きいと言わざるを得ません。三国志演義では劉備は主人公であり、また仁徳(じんとく)に溢れた聖人君子(せいじんくんし)です。多くの人々に優しく、思いやりに溢れた仁君が志半ばで倒れていくことに涙した人も多いでしょう。

二刀流の劉備

 

何を隠そう筆者も三国志演義、横山三国志から入ったので「劉備は良い人だな」「関羽はかっこいいな」「曹真だっさーい」と思っていて、特に最後は今言われたら過去の自分でも三時間は拘束して曹真の凄さを言い聞かせていたことでしょう。

 

法正と劉備

 

ともかく日本での三国志というと三国志演義ということもあり、主人公に据えられた分かりやすい人格者の劉備が人気なのはある意味正当と言えます。


日本での三国志の面白い所

悪の正義バットマン風 曹操

 

ただ三国志演義の影響から悪役化されることが多い曹操ですが、意外と三国志演義だけを見ていても曹操が嫌いという人は少なく、そういった「悪の魅力」に惹かれるという人も多くいます。

曹操から逃げ回る劉備

 

逆に三国志の本場である中国では、近年では評価が見直されてきたとはいえ、長い間曹操は嫌われている悪役でしかありませんでした。この違いについて少し考察してみましょう。


曹操はどうして嫌われたのか?

曹操の再度仕官の勧誘を断る陳宮

 

曹操が嫌われた経緯として、長らくあった儒教(じゅきょう
)
の思想が大きく影響していたと思われます。孔子(こうし)の子孫処刑の件ですね。

孔融を処刑する曹操

 

これは儒家の人たちにとって認められない所であり、目上を敬うべきという思想からすれば漢王朝から権威を奪った、実際には曹操は漢王朝に一番敬意をはらって貢献しましたし、息子の曹丕(そうひ)も極めて穏やかに禅譲(ぜんじょう
)
を受けたのですが、それでも儒家の思想から大きく離れた行動であったのでしょう。確信的すぎたその行動が受け入れにくかったのかもしれません。


曹操の再評価

若い頃の曹操について語る袁準

 

そんな曹操が中国で再評価されたのは、実は近代になってからです。魯迅(ろじん
)
を始めとした知識人たちが近代化の失敗の背景に儒教思想への偏りがあったと指摘したことで、曹操のあくまで合理的な行動が見直されてきたのです。

 

毛沢東(もうたくとう)

 

特に再評価に熱心だったのが毛沢東(もう たくとう
)
で、彼の指導によって曹操の再評価は一気に進みました。皮肉なことに儒教思想への反発から曹操が評価されることもあるそうです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 甄氏(しんし)
  2. 陳平
  3. 華佗(華陀)
  4. 董卓
  5. 海上での戦いの孫権
  6. 太平道の祖・張角(黄巾賊)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP