呂布と貂蝉に愛はあった方が良い?ない方が良い?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

呂布と貂蝉に愛はあった方が良い?(1P目)


貂蝉の扱い

孔子

 

孔子(こうし)の言葉に「女子と小人は養い難し」とあるように「女子と小人とは扱いにくいものである。大事にすればつけあがるし、よそよそしくすれば恨みに思う」という一文があります。このため古代中国の思想の中では「女性がでしゃばるのは良くない」という思想があったと思われます。

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

このため貂蝉は董卓暗殺のキーパーソンとして出てくるも、その後は描かれないまま……つまりそれ以上出しゃばらないようにされてしまったのでは?と思います。

三国志演義の作家 羅貫中

 

羅貫中(らかんちゅう)がそう思ったかもしれませんし、そうした方が読者の反感をかわないと判断したのかは難しいところですが、そういった影響から貂蝉があんな消化不良な最期を迎えたのではないかと想像しますね。


吉川三国志の貂蝉

献帝(はてな)

 

しかし読者の方には「あれ?貂蝉って自害しなかった?」と思っている人もいるでしょう。ここで少し日本の三国志演義、吉川三国志の話をしましょう。吉川三国志では本家三国志演義とは違い、董卓暗殺が叶った貂蝉は自害します。

呂布に暗殺される董卓

 

これに関しては董卓と呂布を仲違いさせて暗殺させた後、そのまま呂布の愛妾になるようでは美女としてのイメージが悪いと思って自害する演出にしたのでは?と思っています。

貂蝉

 

実際に董卓から呂布、曹操と相手を変えて生き永らえる貂蝉を関羽が成敗する講談話などもあるように、悪女としてではなく、あくまで賢い女性として描くならば最期は……というイメージの問題でしょうね。四大美女としてのイメージを悪くしないようにするための措置だと思うのですが、個人的には悪女としての貂蝉ももっと見てみたい……。


貂蝉の良さ

三国志を楽しく語るライターセン様

 

あくまで筆者の個人的な感想ですが、貂蝉という存在が人気があるのは「架空の人物」であるからだと思います。実在の人物はイメージがあり、そのイメージから脱却するのは難しい所です。

 

ポイント解説をするセン様

 

しかし貂蝉などはあくまで架空、伝承も数多くあり、どこに本質があるかはその作者次第。だからこそ呂布との愛に生きる貂蝉がいても良いし、悪女として男たちを手玉に取り続ける貂蝉もまたいても良いでしょう。そういった面こそ貂蝉の良さであり、魅力であると思います。


三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

さて最初に戻りますが、個人的には呂布と貂蝉が愛に芽生えたストーリーがあっても良いと思います。しかしそれならその一方で、呂布の妻である厳氏の立場はどうなるんだと思う気持ちもあるんですよね。この感情は自分でもおかしなこととは思いますが、それもまた三国志の面白さ。

正史三国志_書類

 

色んな解釈があっても良いし、色んな数の三国志があっても良い。その結果受け入れられるものもあり、受け入れにくいものもある。三国志、面白いなぁ。

 

文:セン

参考文献:魏書呂布伝 三国志演義 三国志平話

 

関連記事:蠱惑的な美女・貂蝉あなたは天使?それとも悪魔?

関連記事:【呂布の娘】呂玲綺は貂蝉の娘なの?

関連記事:スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 魏から蜀に下る姜維
  2. 袁術をからかう呂布
  3. 張燕
  4. 劉姫
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  6. 一騎打ちをする太史慈と孫策

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP