呂伯奢一家殺害事件とは?陳宮が曹操から離反した原因だったの?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

呂伯奢一家殺害事件とは?(1P目)


陳宮の離反

曹操に対して不信感を抱く陳宮

 

そしてこの呂伯奢一家の件は、三国志演義で陳宮が曹操から離反するきっかけとして描かれています。三国志演義では董卓の暗殺に失敗した曹操は逃走。しかしその最中に陳宮によって捕らえられます。

 

陳宮と逃亡する曹操

 

ですがこの際に陳宮は曹操の志に共感、この人こそ自分が付いていくための人物……と思うもこの曹操の振る舞いを見て見誤ったと離反することとなります。ですがこれはあくまで三国志演義での記述であり、正史三国志ではそうではありません。


陳宮離反の経緯

曹操に仕える陳宮

 

正史では陳宮は最初から曹操に仕えており、192年には既に配下にいたようです。そして194年曹操は徐州(じょしゅう)陶謙(とうけん)を攻撃すると、陳宮に東郡の守備を任せます。しかし曹操軍の大部分が離れた隙をついて陳宮は謀反を企みます。

 

曹操を裏切る陳宮

 

この陳宮が離反、反逆した動機としては袁紹(えんしょう)と同盟して自分を攻撃すると考えた不安から、曹操への疑いを抱いたともされていますが、こちらでも詳細は不明です。そしてここについて、少し考察をしてみたいと思います。


陳宮はどうして離反したのか?

黒山賊

 

191年に黒山軍(こくざんぐん)の反乱をきっかけに曹操は袁紹に東郡太守(とうぐんたいしゅ)任命を上奏されました。この頃、曹操は胡毋班(こぼはん)の遺族とともに王匡(おうきょう
)
という豪族を殺害しています。この王匡、かつて董卓から胡毋班の娘婿が和睦の使者としてやってきた時に、袁紹の命令で殺害しています。これを恨みに思っていた遺族によって王匡は殺害されてしまったのです

 

陳宮

 

そして陳宮は地方豪族であっても殺害した曹操に、いずれ自分の立場も危ないと疑心暗鬼になってしまったのではないでしょうか。かといって劉表や袁紹も同じようなことをやっていたため、頼るものもいない。

 

呂布に従う陳宮

 

そこで呂布を使って曹操に反旗を翻し、自分の立場を守ろうとした……曹操が疑心暗鬼から呂伯奢一家を殺害してしまったように、陳宮もまた疑心暗鬼から曹操から離反したのではないかと考えてみました。

 

曹操の再度仕官の勧誘を断る陳宮

 

そしてこの離反を三国志演義では呂伯奢の件と結びつけたのではないか、というのが筆者の考察です。正史の陳宮はやや尊大なイメージがあるので、三国志演義での曹操のイメージとも重なると思うのですが……どうでしょうか。


三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

呂伯奢一家を殺害した事件は、三国志演義で見ても曹操が恐ろしくなった逸話でした。しかしそれ以上に、ついさっき曹操に付き従うと決めたばかりの陳宮がいきなりそれで曹操から離反したことが何だか不思議にも感じたシーンでもあります。

 

三国志を楽しく語るライターセン様

 

そして正史を振り返っても陳宮が離反した理由は特に見当たらず……そこで当時起きた事件と色々重ね合わせて見ての考察でした。年表と睨めあいっこしながら考えを巡らせてみましたが、まだまだ陳宮が離反した理由は不明のまま。もしよければ皆さんも考察してみて下さいね。

 

参考文献:

魏書呂布伝 魏書武帝紀 袁紹伝

魏書 世語 異同雑語

 

関連記事:呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」

関連記事:呂布の部下・陳宮は曹操を助けてはいなかった?魏晋世語のウソとは?

関連記事:どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

 

【豪傑を支えた軍師・陳宮】
陳宮

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 孔明
  2. 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 孔明
  4. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  5. 李通(りつう)(兵士)
  6. 木牛流馬

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP