足利義昭とはどんな人?本能寺の変の黒幕?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

逃げ回る足利義昭

 

足利義昭(あしかがよしあき)と言えば、少し前までは弱々しく、織田信長(おだのぶなが)(かつ)がれたから将軍になれたものの、将軍になると勘違いして自分の実力と錯覚(さっかく)し、簡単に信長に排除されて室町幕府を滅亡させた人として有名でした。

 

朝まで三国志2017表情 kawausoさん01 無

 

しかし、その後日本史が研究され、実は義昭はそんなに弱々しい人ではなく、信長に京都を追放された後も将軍職を続行し続けながら反織田勢力を糾合し続けた織田信長最強のライバルだった事が分かってきました。


天文6年11月13日、足利義晴の次男として誕生

同年小録(書物・書類)

 

室町幕府の最期にして最もタフな将軍、足利義昭は天文6年(1537年)12代将軍、足利義晴(あしかがよしはる)の次男として生まれます。しかし、将軍職は兄の義輝に譲られる事が決まっていたので、将軍家の慣例に従い興福寺(こうふくじ)一乗門跡(いちじょうもんせき)に入室して覚慶(かくけい)と名乗りました。本当なら、義昭はこのまま坊主として人生を終えるはずだったのです。

三好三人衆

 

しかし、永禄(えいろく)8年(1565年)永禄の変が勃発し、兄の足利義輝と母の慶寿院(けいじゅいん)、弟達が松永久通(まつながひさみち)や三好三人衆に殺害されました。この時、覚慶も松永久通に捕えられ、興福寺に幽閉・監視され、行動の自由を奪われます。


兄、義輝の側近に救われ還俗し足利家の当主となる

東奔西走の日々を送る筒井順慶

 

足利義輝の無念の最期に、義輝の側近は弟の覚慶を次代の将軍に立てて奮起しようとします。かくして、一色藤長(いっしきふじなが)和田惟政(わだこれまさ)畠山尚誠(はたけやまなおまさ)米田求政(こめだもとまさ)三淵藤英(みつぶちふじひで)細川藤孝(ほそかわふじたか)、さらに大覚寺門跡の義俊(ぎしゅん)に救われて脱出。

 

奈良から木津川を遡り伊賀国に脱出し、近江国の六角義賢(ろっかくよしかた)の許可を得た上で、甲賀郡の和田城に身を置きます。ここで覚慶は足利家の当主となる事を宣言しました。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代


矢島に御所を置くも戦国大名は頼りにならず

京都御所

 

甲賀郡の矢島に御所を開いた覚慶は、永禄9年(1566年)還俗して足利義秋を名乗ります。この頃の義秋は、三管領家の一つ、河内国の畠山高政(はたけやまたかまさ)、関東管領、上杉輝虎(うえすぎてるとら)能登国(のとのくに)守護、畠山義綱(はたけやまよしつな)と緊密に連絡を取り合い、上洛の機会を狙います。

 

お市の方(柴田勝家の妻)

 

六角義賢も、この時点では義秋の上洛に好意的で、和田惟政に命じて、浅井長政(あさいながまさ)と織田信長の妹、お市の婚姻の実現を働きかけていました。計画は上首尾で、和田惟政と細川藤孝の周旋で、信長と斎藤龍興(さいとうたつおき)は和解に応じ、信長は美濃から六角氏の勢力圏である北伊勢、南近江を経由して上洛を目指す事になります。

 

三好三人衆は慌て、突如、義秋の矢島御所を3000人で襲撃しますが、この時は大草氏のような奉公衆の奮戦で撃退できました。

泣いている織田信長

 

さあ、これで早くも将軍になれるかと思いきや、約束通りに永禄9年8月に上洛の軍勢を起こした織田信長の軍は、裏切った斎藤龍興の襲撃を受けて尾張に逃げてしまいます。これはカッコ悪い、赤っ恥をかかされた信長は、しばらく尾張から出られず、義秋の上洛はお預けになりました。しかし、ここから義秋の運勢は急激な下り坂に入るのです。


頼りにならない朝倉義景にサービスしたのに裏切られる

朝倉義景

 

信長の上洛がコケると、次に六角義賢が三好三人衆に通じたという噂が義秋に伝わり、義秋は妹婿である若狭の武田義統(たけだよしむね)を頼りますが、義統はお家騒動を抱えて亡国寸前であり、義秋の上洛に付き合うどころではありませんでした。

 

そこで、義秋は若狭氏を見限り、越前の朝倉義景を頼り、義景の母を従二位にするなど、己の有能をアピールしてサービスしますが、朝倉義景は越前が豊かな分、覇気に乏しく、義秋は失望、それよりも遠い越後の上杉輝虎を頼りにしていたようです。

 

上杉謙信

 

しかし、上杉輝虎も、国内の問題に忙殺されて義秋を奉じて上洛どころではありません。

 

悪戦苦闘の義秋をバカにするように、京都を抑えた三好三人衆は、足利義晴の兄、義冬の血筋である足利義栄を擁立して朝廷工作をして、ついに永禄11年2月8日に将軍宣下を受けて14代将軍に就任します。これには、義秋は相当にショックだったようで、「俺の運が悪いのは名前の秋の字が不吉だからだ」と言うや、名前を義昭に改めてようやく元服します。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 泣いている織田信長
  2. 仙台城
  3. 本能寺の変の織田信長
  4. 財政を立て直す伊達吉村
  5. 麒麟がきた 特集バナーver2
  6. 石田三成のために関ヶ原で戦い抜いた島清興(島左近)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP