斉藤道三(利政)の逸話やエピソードからマムシの真の姿に迫る!

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

斉藤道三の逸話(1P目)


主君の土岐頼芸を追放する道三

ドケチな斎藤道三

 

マムシの真骨頂です。

 

跡取りのいなかった斉藤家を継がせてもらうことで、既に美濃の政治の実権を握っていた道三。しかし、次第に頼芸の存在が徐々に目障りになってきます。そして、遂に兵を向け、追放してしまいます。

 

悪い顔をする斎藤道三

 

ここに、名実ともに美濃国主となります。衰退していた室町幕府はこれを追認。

「山城守」に任ぜられます。

 

ここに、道三の美濃平定は成し遂げられたとみなされています。主家(主君)の座を次々と奪って、自らの地位を高めていったことから、戦国時代の下克上の典型ともいわれています。


織田信秀(信長の父)がライバル

斎藤道三と戦をする織田信秀(加納口の戦い)

 

道三は、信長の父である織田信秀(おだ のぶひで
)
と何度も争ったことが知られています。

 

美濃(現在の岐阜県あたり)の南部は、現在の濃尾平野で尾張(織田家の領土)と接していました。このあたりは、米の生産量がとても高かったのです。なので、ちょっとでも自分たちの領土に組み込みたいと、国境線を挟んで常に争っていました。フランスとドイツが長年争ったアルザス・ロレーヌ地方のようですね。信秀とは何度も戦い、勝ったこともあります。

 

ただ、信秀が頼芸を保護したことを口実に、美濃の北側の朝倉家に身を寄せていた頼純(頼芸の甥で対立していた)と連携して、北と南から攻めてきたのにはかなり参ったようです。この後、娘の帰蝶を信長と結婚させることで和睦することにします。


信長との邂逅

斎藤道三の娘・帰蝶

 

娘の帰蝶(きちょう)は、朝倉家に身を寄せていた頼純の妻でしたが、急死したため斉藤家に戻ってきていました。

 

『麒麟がくる』では、毒殺された頼芸の弟の妻ということになっていましたね。いずれにしても、帰蝶は斉藤家に出戻り、信長の妻となることになりました。織田家では、美濃からきた姫ということで「濃姫」と呼ばれていたということです。

 

帰蝶の婿となった信長と道三との会談は有名ですので、ここでは省かせていただきます。ただ、道三が信長を評価してたのは事実のようです。


信長に美濃を任せるという遺言をした?

斎藤道三に対して不満を抱く息子の斎藤義龍

 

道三は、家督を譲った義龍と対立して最後には戦をしかけます。その際に、信長に対して「美濃を譲る」という書状を送っていたのが残されています。それほどまでに、義龍よりも信長を評価したのは一体なぜだったのでしょうか。


信長はニュータイプだった

馬に乗って戦う若き織田信長

 

信長は、道三がそれまで会ったことのない人物であったのでしょう。道三のように、陰謀などで自分よりも上の立場の人間を陥れていくのとは違い、信長はその後真正面から戦をして領土を拡大していきます。

 

天下布武を唱える織田信長

 

天下布武というスローガン通り、軍事力を誰よりも重んじていました。それまで、戦になると、農民が兵隊としてかりだされていました。ですが、信長は農家の次男や三男などを雇い、職業軍人にして戦のプロ、精鋭部隊を作っていきます。そういった考え方の根本的な違いが、道三には新鮮に思えたのかもしれません。

【次のページに続きます】

次のページへ >
< 1

2

3>

関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 真田昌幸
  3. 織田信長と喧嘩をする織田信勝
  4. 織田信長
  5. 麒麟がきた 特集バナーver4
  6. 織田信長

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP