七星宝刀とは?持ち主である王允の性格を表した七星剣


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

強くなる関羽

 

三国志演義には色んな武器が出てきます。関羽(かんう)青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう
)
などは有名な武器の一つですね。もちろんこれら全てが架空のものという訳ではありませんが、正史には記述がされていない武器も数多くあります。今回はその中から、七星宝刀(しちせいほうとう)についてお話しましょう。


七星宝刀とは?

七星剣

 

七星宝刀とは別名で七星剣(しちせいけん)とも呼ばれています。その名前が粗合わす通り、北斗七星が装飾されたデザインの剣ですね。北斗七星は中国の道教において重要なものであるとされ、天帝(てんてい)の乗り物としても見立てられている説もあり、数々の伝説や言い伝えを持っている星です。その北斗七星が衣装された七星剣、七星宝刀は破邪(はじゃ)鎮護(ちんご)の力が宿るとされ、儀式などに用いられてきました。


七星宝刀の出番

王允

 

そんな七星宝刀は、三国志演義において王允(おういん)の持ち物として出てきます。献帝(けんてい)董卓(とうたく)によって立てられるも、董卓は暴政を尽くします。そんな中で王允は宴を開き、漢の忠臣たちを招いた席で号泣。

 

薄い五銖銭を作らせる董卓

 

漢の国が董卓によって滅ぼされると泣いた王允に皆も涙を流しますが、曹操だけは笑いました。そして曹操は自らが董卓を討つと言ったのです。


曹操に七星宝刀を託されるも・・・

悪の正義バットマン風 曹操

 

曹操の言葉に王允は感じ入ったのか、自らの七星宝刀を授けてそれで董卓を討つようにと言いました。王允は曹操の豪胆さに賭けたのでしょう。しかし残念ながら曹操は董卓の暗殺に失敗。

 

一人で逃げる曹操

 

曹操は逃げるように陳留(ちんりゅう)へと逃れていってしまいました。こうして王允は自らが動かねばならないと決意するのです。


もう一人の持ち主は呉越春秋に

董卓

 

王允の持ち物でありながら、最終的には曹操から董卓に移ってしまった七星宝刀。この七星宝刀は三国志演義以外にも出てきて、「呉越春秋(ごえつしゅんじゅう
)
」で伍子胥(ごししょ
)
が先の楚王(そおう)から授かった剣として、七星剣の記述が出てきます。そんな伍子胥は数々の功績があったにも関わらず、主君とぶつかって最期にはその主君から死を賜ることになったのは有名な話です。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 亡くなる黄忠
  2. 周瑜 周郎
  3. 強くなる関羽
  4. 袁紹を説得しようとする沮授
  5. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  6. 孫子の兵法 曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP