もっともっともっと評価されて欲しい武将・曹真を紹介します!

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

もっと評価されて欲しい武将・曹真(1P目)


三国志演義では・・・?

孔明の計画をぶちこわす曹真

 

しかしそんな曹真ですが、三国志演義でははっきり言って割りをくってしまっている人でもあります。諸葛亮には連戦連敗、本来ならば曹真の功績は司馬懿のものにされ、最後は病に倒れた後で諸葛亮の挑発の手紙を見て憤死……諸葛亮、手紙で一体どれだけ殺しているんだ(初回:周瑜(しゅうゆ))正史とは逆に諸葛亮にも司馬懿にも敵わない武将とされてしまっているのです。

 

司馬懿が頭を下げても堂々とする常林

 

ただし三国志演義を弁護すると、曹真は完全に無能にされているということはなく、司馬懿が謀反を疑われた時に弁護して助けたりするなど、基本的には良い人であることはクローズアップされていますね。この辺りのイメージは呉の魯粛とも重なるものがあると思います。


吉川、横山三国志の曹真

横山三国志 表紙引用

 

ちょっとここらで変則的に、吉川(よしかわ)三国志、横山(よこやま)三国志の曹真もご紹介します。実は三国志演義でもそうですが、吉川三国志でも曹真はそれなりに切れ者として描かれています。

 

考える諸葛亮孔明

 

ただしこれは「諸葛亮と司馬懿がいない」シーンであることが前提条件。また横山三国志でも諸葛亮が曹真の陣を見て「見事な陣だ。夏侯楙とは雲泥の差だ」と賞賛してるシーンがあるように完全に無能とされている訳ではありません。

 

悪い顔をしている諸葛亮孔明

 

敢えて言うならば常識の範囲内での優秀さを持った人であり、諸葛亮や司馬懿との才覚の差に思い悩み、それでも国のためにどうするべきか考えて司馬懿に頼る……つまり自分の才覚が劣っていることを国のために認める、そんな見ている読者たちに共感させるような人物として描かれていると思うのです。


もっともっとも~っと!

四輪車に乗る孔明

 

個人的な観点で話すと、三国志演義で諸葛亮は別格です。それに対する司馬懿もまた、別格です。ただその二人に比較され、二人には敵わないと思い悩む曹真の姿は、三国志演義の中ではかなり好感を抱けるような人物とされていると思います。

 

正史三国志_書類

 

そんな三国志演義から曹真が好きになり、正史の流れを読むとどうしても「もっと評価してあげてよ……!」と思ってしまうんですね。単なる引き立て役に留まらず、好感を抱けるキャラクターとしたのは三国志演義の素晴らしさと言っても良いでしょう。でもでも、だからこそ曹真をもっと評価されて欲しい、知って欲しいと思うので……ぜひ皆さんも曹真に注目してみて下さいね!


三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は色々な曹真について、ご紹介させて頂きました。まだまだ書ききれなかった曹真について色々とあり、どうしても記事量が増えて、膨らんでしまいますね。

三国志を楽しく語るライターセン様

 

え?曹真についてだけに記事まで太っているって?

ふ、太ってないよ!そんなに太ってないですよ!

 

参考文献:魏書曹真伝 文帝紀

 

関連記事:曹真が明帝時代の名将である確固たる理由

関連記事:諸葛亮の奇襲に安定対応!真の孔明キラーは曹真だった

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 劉備 婿

    デザイン担当:よりぶりん

    劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1

    劉備に荊州を取られてしまった周瑜(しゅうゆ…

  2. 董承
  3. 司馬徽と劉表
  4. 龐統
  5. 孫皓と張俊
  6. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP