もっともっともっと評価されて欲しい武将・曹真を紹介します!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

雨の中進軍する曹真

 

筆者が個人的に三国志の中でも好きな武将、トップランクにいるのが曹真(そうしん
)
です。そんな曹真をもっともっと評価して欲しい、知って欲しいという感情だけを閉じ込めて濃縮したのが今回の記事。

 

実は初めてみた三国志関連書籍、諸葛亮(しょかつりょう)の噛ませだとか司馬懿(しばい)の引き立て役とか言われている三国志演義の頃(?)から大好きな曹真を語っちゃいますよ!


曹真について

曹植と曹丕に期待する曹操

 

性は(そう)、名は(しん)(あざな)子丹(したん)。曹操の甥にあたる人物で、父の曹邵(そうしょう
)
曹操(そうそう)の旗揚げ時に豫州刺史(よしゅうしし)に殺されたことから、遺児である曹真を引き取って実子の曹丕(そうひ)らと一緒に育てられました。

 

何晏と曹操

 

ただし一説によると秦伯南(しんはくなん)という曹操の友人の子とも言われています。しかし何晏のようにこの時代の養子は基本的に姓を変えないことが多く、もしくは出世してから姓を戻すことが多いので、個人的な判断ですが曹操の甥で、曹性(そうせい
)
であったと思われます。


非常に優秀な名将

後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎

 

そんな曹真は若い頃から大変に優秀でした。狩猟で馬上から虎を射たことから、曹操に直属の部隊虎豹騎(こひょうき)の隊長を率いさせ、劉備(りゅうび)との戦いでは戦功を積んでいった曹真は、夏侯淵(かこうえん)が戦死した後に陳倉(ちんそう)を任されることになります。

 

宇文泰(異民族)

 

その後は涼州(りょうしゅう)を含んだ蜀方面を担当することになり、異民族の反乱鎮圧などをやっていました。その後は魏中央に戻され、曹丕に死の際には司馬懿(しばい)と共に曹叡(そうえい)の補佐を託され、曹叡が即位すると大将軍となりました。


対蜀方面を任された曹真

 

さて魏の蜀方面担当と言うと司馬懿のように思われがちですが、実は曹真こそ蜀担当です。諸葛亮(しょかつりょう)の北伐を何度も防ぎ切り、諸葛亮の攻め込み先を読んで防衛するなど良く蜀から魏という国を守りました。

 

鄧艾

 

後に蜀に攻め込んだ時には補給が困難になったことから撤退してしまいましたが、そもそもとして魏で蜀に良く攻め込んだように武将は(鄧艾(とうがい)は例外中の例外として)ほぼいないので、決して曹真が攻め込むことが下手ということはないと言って良いでしょう。


清廉な人柄

部下の兵士に褒美(お金)を分け与える曹真

 

そんな曹真は清廉な人柄でも有名でした。自分の恩賞や封地を分け与えたので将兵らに大変信頼され、上から下から良く慕われていた人です。

 

司馬懿

 

その曹真の息子である曹爽が司馬懿のクーデターにあって三族皆殺しになるも、曹真の生前の功績から家を残すことだけは許されました……曹真の功は彼亡き後でも、家と孫たちは守ることができたのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 周瑜と孫策
  2. 貂蝉と呂布
  3. 董卓
  4. 鮑三娘(関索の妻)
  5. 過労死する諸葛孔明

    はじめての変

    諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

    働きすぎの現代人特有の病ともいえる過労死。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP