今日のkawauso19「やはり鄴は監獄だった?」

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし牢獄に入れられる賈逵(かき)

 

少し前に、鄴は巨大な監獄だったのでは?という記事を書いたけど、

今日も正史三国志、曹爽(そうそうでん)伝に付属する魏略が引く丁謐伝(ていひつでん)に興味深い記述を見つけた。

 

丁謐は、大和年間には、いつも鄴に居住し人の空き家を借りて住んでいた。

ところが諸王の一人も、ここを借りようと思い、すでに丁謐が借りているとも知らずに

門を開けてズカズカと入り込んできた事があった。

丁謐は王の姿を見ていながら足を組んだまま横になって起きようともせずに、下男に命じ「あれはなんだ!すぐに怒鳴りつけて立ち去らせろ!」と言いつけた。侮辱を受けた王は、すぐに宮廷に登り、曹叡に一部始終を告げた。

曹叡(そうえい)は無礼であるとして、丁謐を鄴の監獄に放り込んだが、彼が功臣の息子であると知って釈放した。

 

内容に納得がいかないkawauso様

 

色々な事が分る記述で、

 

①当時の鄴で家を貸す商売があったらしいという事。

②その家を曹氏の王族が借りる事があったという事。

③丁謐に侮辱を受けたのに曹叡に泣きつかないと何も出来ないレベルで諸王の権力が弱そうだと言う事。

そして、監獄に放り込んだという記述、、やはり鄴には大勢を収容する監獄があったのではなかろうか?

 

前回記事:今日のkawauso18「木簡で漢文なら可能なパズル」

 

【晋王朝のマイナー武将】
晋王朝のマイナー武将

 

  • コメント: 1

関連記事

  1. 月刊はじめての三国志5月号2020年 徐庶
  2. kawauso
  3. 趙雲に討たれる張コウ(張郃)
  4. 李豊と張緝
  5. 黒山賊

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 8月 25日

    艦隊決戦の様な蒙恬オヤジと城主の兵の削り合い。。
    キングダム本領の人間輪切りや串さじシーンふんぱつ!
    しかし包囲されたオヤジへ援軍が。。。趙へ向かうはずの
    ファルファル伝説剣軍団到着?あれ?そこへオヤジに恨みを持つ凸凹コンビが城主の援軍で到着。。。???




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP