戦に勝った時は足軽にもご褒美はあったの?


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

足軽にもご褒美はあったの?(1P目)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



人身売買の市

軍議(日本史)モブa

 

戦場で一番手に入りやすい戦利品、それは人間でした。戦国時代はどこでも人手不足で人間を必要とし、敵国の領民を捕えて売り飛ばす為に、城内に人身売買の市が立つ程でした。

 

人間は怪我していなければ自分で歩きますし、食事と適当な休憩さえ与えれば、牛馬と違って世話をする必要はありません。言葉も通じますし、あらゆる作業に従事させられるので重宝だったのです。甲斐の妙法寺記という史料では、1人二貫文から十貫文で、現在価格では20万円から100万円の値打ちがついたそうです。

宋銭 お金と紙幣

 

足軽農民は、合戦で功名を立てようではなく、命を張った対価として乱取りで利益を得る事を第一に考える人々でした。まあ、彼らだって戦死者の8割から9割を占める消耗品扱いですから、略奪でも許されないとやってられなかったのでしょう。

 

逃亡すると味方に斬られる足軽

落ち武者

 

命懸けの合戦でも勝てば、それなりの戦利品を得られた農民足軽達ですが、負け戦になると一転して、落ち武者狩りに遭って狩られるという悲惨な境遇でした。それでも武士であれば、敗戦でも華々しく戦い討死したというのは子孫に対する遺産になりますが、無名な足軽では、ただの犬死です。

 

しかし、負け戦だからと言って、足軽は簡単に逃げられませんでした。越後上杉氏の軍記物「北越軍談(ほくえつぐんだん)」には、軍陣法令29条があり、その18条には、

キレる上杉謙信

 

「あるいは主、あるいは与頭(くみがしら)戦死の時には、その支配下の兵は一カ所を守り共に死すべし

もし、その場から逃れる者あれば、たちどころにこれを誅殺(ちゅうさつ)する」

 

このようにあり、足軽であろうと主、あるいは部隊長が死ねば、逃げずに共に死ねと命ずるものもあり、その場合ふんだり蹴ったりです。

 

戦国時代ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように足軽に褒美は無く、勝利後の乱取りだけが報酬でした。それも、敗戦しようものなら一瞬で、落ち武者狩りの対象になり逃げようにも軍律で退けば死刑とされている事もあり、割に合わないのが実情だったのです。

 

参考文献:歴史道 戦国合戦の作法と舞台裏

 

関連記事:【戦国時代】落ち武者は最終的にどうなってしまうのか?

関連記事:【麒麟がくる】戦国時代の外科手術はどんなモノだった?

 

織田信長スペシャル

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-戦国時代 (日本)
-