今日のkawauso35「司馬懿のクレイジーな弟」


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし司馬朗と司馬防

 

司馬懿の兄弟は司馬八達と言い、いずれも有能だったとされているが、1人だけ調子の違う人物がいたらしい。

 

正史三国志杜恕伝(とじょでん)にいわく

 

近頃では司隷校尉の孔羨(こうせん)が大将軍(司馬懿)のクレイジーな弟を招聘(しょうへい)した時、所管の役人は沈黙したままで、

権力の動きを察知する有様は、依頼を受けた場合よりもなお、酷いものがありました。

官吏の選抜推挙が出鱈目な事は人事の大問題です。

内容に納得がいかないkawauso様

 

ここに出てくる孔羨とは、孔子の21世の孫で、孔融の一世代後にあたる。同じ孔子の子孫でも、こちらは融通が利くようだ。

文面に出てくるクレイジーな司馬懿の弟とは、司馬防の5男で司馬通(しばとう)と言い、司隷従事になった。

 

司馬懿が大将軍になった時代だから大和4年(西暦230年)以後の出来事だと思われる。

司馬八達と言って、厳格な父の教育を受けても、一応、当時の価値観ではクレイジーとされる人物も出る。

だけど、司馬懿の権勢がかなり強まっていたのか人事は情実にながれ、結局は都知事の秘書のような仕事に就いたみたいだね。

 

前回記事:今日のkawauso34「仕事が無くなるデメリット」

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-今日のkawauso