【麒麟がくる】戦国時代に実際にあった薬を紹介




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

駒(麒麟がくる)

 

いよいよ放送再開されたNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」

 

軟禁されていた駿河で(こま)が知り合ったのは、万病に効く丸薬を貧しい庶民に与えている正体不明の老人、芳仁(ほうじん)でした。京都に戻った後も、駒は芳仁に教わった丸薬を造って貧しい庶民に与えていましたが、その事で東庵と喧嘩になり、診療所を出ていってしまいます。

 

では、戦国時代、実際にはどんな薬があったのでしょうか?




戦国大名朝倉氏の家薬 生蘇散

朝倉義景

 

最初に紹介するのは、明智十兵衛が居候する越前朝倉氏の家薬(かやく)生蘇散(せいそさん)です。

 

生蘇散は、近年、熊本県で発見された針薬方に記載された薬で処方は

 

芭蕉(ばしょう)の巻き葉、②スイカズラ、③黄檗(おうばく)、④山桃(やまもも)の実と皮の5種類。

この材料を黒焼きにして粉砕し、同じ分量を油を繋ぎとして混ぜ合わせれば完成です。

 

山桃の皮は、季節ごとに加減し春冬は等分で、夏は多めに入れるのがポイントで、その使い道は、貝の殻の中に入れて戦場で負った切り傷に使いました。

馬にのり凱旋する将軍モブ

 

戦国時代は絶え間ない戦乱の時代であり、全国の武家は生傷が絶えない毎日を送ります。その中で、次第に薬の知識が必要とされ各々の武家に家伝の薬が誕生しました。

 

越前朝倉氏も、若狭、美濃、飛騨、加賀と抗争を繰り返しており、医学についての興味は非常に強かったのでしょうね。また、近年の発掘で越前朝倉氏の本拠地一乗谷には、医師が住む区域がある事が分かっていて、生蘇散も医師の手で一定数生産されていたのかも知れません。




戦国のプラセンタ 混元丹

オランダ人の踊り子、マタ・ハリ

 

ブタやウマ由来のプラセンタは、美容と健康に欠かせないとして特に女性に人気ですが、戦国時代には、元祖プラセンタである混元丹(こんげんたん)という薬がありました。

 

16世紀初頭、室町・戦国時代に西中国~北部九州一帯を支配した大内氏。その大内氏の影響下の安芸を統治した有力家臣が杉弘相(すぎひろすけ)です。こちらの杉弘相の家臣、乃美備前守(のみびぜんのかみ)が戦争で手柄を立てた時に、弘相が感謝状と共に贈ったのが、戦国のプラセンタ混元丹です。

 

もう一度、申し上げます。

混元丹を一貝差し上げます。

委しい事は宮内兵庫助(みやうちひょうごのすけ)が親しく申すでしょう。

それにしてもあなたの戦場での御高名は

とてもとても素晴らしく、

手紙に書き尽くせるものではありません。

 

西遊記巻物 書物_書類

 

ここで言う混元とは哺乳類の胎盤(たいばん)でプラセンタを意味し、丹とは赤を意味します。そのため、混元丹は赤色の丸薬か赤い練り薬と考えられます。戦で大手柄を立てた比類なき乃美備前守を労うべく杉弘相は、お疲れ様の気持ちを込めて、混元丹を贈ったのですね。

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

坊主の施薬 豊心丹

 

戦国時代に興福寺のあった奈良県では、古くから薬の生産が行われていました。また、仏教寺院が多い事から、貧しい民衆に向けて施薬(せやく)と呼ばれる薬の施しがあったようです。

 

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でも、覚慶(かくけい)が民衆に体の具合はどうか?と尋ねるシーンがありますが、覚慶は施薬もしているのかも知れません。そんな大和国には豊心丹という薬があり、西寺寺の叡尊の創製(1242年)によると伝えられる薬です。

 

この薬の処方は金瘡秘伝(1578年)によると高麗人参、白檀(びゃくだん)沈香(じんこう)、ヒハツ、樟脳(しょうのう)縮砂(しゅくしゃ)丁字(ちょうじ)木香(もっこう)、等々15種類で効能は、下痢、渋腹(しぶりばら)風気(ふうき)、頭痛、二日酔い、心気の疲れ、吐血(とけつ)、下血、子供の(かん)の虫等、万病に効くとされていました。現在では、ほとんど生産されていないようです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. はてなマークな劉備と袁術
  2. おんな城主 直虎
  3. 傾奇者だけどエリートな前田慶次(前田利益)
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 豊臣秀吉 戦国時代
  6. にぎわう市(楽市・楽座)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP