【麒麟がくる】戦国時代に寺子屋なんかあったの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

明智光秀(麒麟がくる)

 

麒麟(きりん)がくるは、映像的な支障がない限りは、時代考証をしっかりしている時代劇です。

 

しかし最近、明智十兵衛(あけちじゅうべい)寺子屋(てらこや)の先生をしているシーンがあり、kawausoは違和感を持ちました。寺子屋の普及は江戸時代だと教わってきたのですが、戦国時代から寺子屋があったのでしょうか?

 

今回は戦国時代に寺子屋があったのか?その点を呉座勇一(ござゆういち)著、日本中世への招待を参考に知られざる戦国時代の初等教育に迫ってみます。




寺院を母体として寺子屋は存在した

西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編

 

結論から先に言うと、戦国時代には初等教育を担う寺子屋は存在していました。日本の教育機関は、当初僧侶を教える仏教寺院に始まりますが、やがて武士の子弟を教えるようになり、さらに商人のような庶民の子弟を教えるようになったようです。

 

庶民向けの寺院学校の初見(しょけん)は、永享(えいきょう)2年(1430年)10月の奥書がある「出法師落書(いでほうしらくしょ)」と言う文書に丹波国の山村に住むある僧侶が、多くの少年に対して「童子教(どうじきょう)」や「和漢朗詠集(わかんろうえいしゅう)」を教えたという記述があります。また16世紀の多聞院日記には、奈良興福寺(ならこうふくじ)塔頭(たっちゅう)である深窓庵(しんそうあん)に商人の子供が入る事例が散見(さんけん)されるそうです。




どんな教科書が使用された?

幕末 魏呉蜀 書物

 

戦国時代の寺子屋で使用されたテキストは「庭訓往来(ていきんおうらい)」というものでした。これは、手紙の往来形式で構成された往来物(おうらいもの)というジャンルで、衣食住、職業、領国経営、建築、司法、職分、仏教、武具、教養、療養等、広範な内容を含んでいます。

 

日本戦国時代の鎧(武士)

 

基本内容は、盗賊討伐への出陣や、武具乗馬の借用、出陣の命令系統と心得、武具、馬具の名称というような武士の子弟向けのものでした。

 

しかし、市町の経営や職業人の招致方法、商取引の施設や業種、諸国物産など、商人の仕事にかかわる内容も含まれていて、後から増えて来た商人の子弟用に増補した形跡が見られるそうです。

 

このように戦国時代に入ると、武士の子弟以外に商人の子を中心に庶民が学ぶ事で庶民の教養レベルも向上したと考えられます。

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

戦国時代庶民の教養レベル

にぎわう市(楽市・楽座)

 

では、具体的に戦国時代の庶民の教養はどの程度のものだったのでしょうか?

 

それが端的に分かるのが、永禄(えいろく)11年(1568年)2月に厳島神社(いつくしまじんじゃ)で上演が確認できる狂言「二九十八(にくじゅうはち)」です。二九十八とは、女狂言(おんなきょうげん)という分類の現代でいう婚活の話を面白おかしくしたお話です。

 

物語は、最初に未婚の男が出てきて、京都清水寺の観世音菩薩に良い妻を授けて下さるようにと、夜通しお祈りを捧げる所から始まります。

 

水月観音像(仏像)

 

男が朝方にウトウトしてまどろんでいると「西門の一の階に立ったを汝が妻と定めい」と観世音菩薩のお告げを受けました。喜んだ男が西門に向かうと本当に被衣(かつぎ)を被った女が立っています。

 

ちなみに、被衣とは当時の女性が外出時に顔を隠す為に被った衣のようなもの、

牛若丸が頭から被っていたベールのようなものと言えば分かりやすいでしょうか?

 

男が恥ずかしい気持ちを押し切り「お妻さまですか?」と素っ頓狂(とんきょう)に尋ねると女は

 

「夫(つま)もなき我が身ひとつの更衣(きさらぎ)に袖をかたしく独り寝ぞする」と和歌で返答しました。

 

男は、お告げで聞いた妻に間違いない!と有頂天になり

「迎えに行きたいが、あなたの家は何町の角から何軒目の家ですか?」と女に聞きます。

 

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

すると女は「我が宿は、春の日ならの町の(うち)、風の当たらぬ里と尋ねよ」とまたナゾナゾを和歌で出します。男は、春の日の町だから春日町、内風の当たらない場所だから室内…つまり春日町の室町と言い当てます。

 

でも室町の角から何件目かが分からないので、再度女に尋ねると「二九(にく)!」とだけ言い残し女は消えてしまいました。

 

そこで男は二九は2×9=18だから、角から18番目と考え18番目の家に行くと思った通り女がいたので、喜んで女を我が家に連れ帰り、ドキドキしながら被衣を取ると、これがとんでもない醜女(ブス)で男は逃げていくというオチです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 傾奇者だけどエリートな前田慶次(前田利益)
  2. 海上での戦い(地図と本)
  3. 斎藤道三の娘・帰蝶
  4. 三法師を抱っこして会議に登場する豊臣秀吉
  5. 明智軍記_明智光秀_書類
  6. 豊臣秀吉 戦国時代

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP