今日のkawauso58「楽天先生って誰?」

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

魏晋世語(書類)

 

抱朴子(ほうぼくし)は、西暦317年、西晋滅亡の翌年に葛洪(かつこう)によりまとめられたものであり、時代的にも三国志に近い、従って話題も三国志に関連したものが出てくる。しかし、出てくる人物に水鏡先生のような通称が多く、今となっては誰のことやら?みたいな人もいる。

 

以下は、抱朴子外編巻三十六安貧(あんひん)

人事を担当する許靖

 

ここに楽天先生と言う人がある。

 

戦乱を避けて蓬の実のように転々として益州に流れてきた。最初は太傅の許靖に親しまれ、後には諸葛孔明に知られた。

 

しかし、言いたい事を言い、行いは方正で他人と妥協しないので世間の人に憚られ、味方する人がいない。当時、許公も諸葛公も、皆の意向に反対するだけの権力がなく、そのため先生は茅屋に逼塞する羽目になった。

 

 

その後、楽天先生は、老齢になっても布衣(ほい)のままで、用いられる事なく死んだらしい葛洪(かつこう)は出世にあくせくせずに、清廉と安貧を貫いた楽天先生を隠者と褒め讃えているけど、しかし、この楽天なる人物が何者かは言及されていない。

 

葛洪が適当にでっちあげた人物なのか?

それともモデルはいるけれど、子孫が存命なので実名を憚ったのか?

どっちなのかは分からない。

 

前回記事:今日のkawauso57「インフルエンサーと曹操」

 

【THE奇人・変人三国志よりイッてる人々】
春秋左氏伝

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 劉禅に質問をする司馬昭

    今日のkawauso

    今日のkawauso37「住めば都」

    魏の鄧艾(とうがい)に…

  2. 指揮を取る呂蒙

    今日のkawauso

    今日のkawauso65「益州からの投降者」

    益州からの投降者と言うと、呉では甘…

  3. 朱治

    今日のkawauso

    今日のkawauso51「地元就職」

    朱治は孫権にとっては、…

  4. 趙雲に討たれる張コウ(張郃)
  5. 献帝を傀儡化する曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP