キングダム659話ネタバレ「次会う日まで」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawauso編集長

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、659話については全く驚きました。

什虎城は魏の別動隊の袁比将軍の手で簡単に落ちてしまい、月知平原の戦いは騰が軍師寿胡王を討った事で終了!

呉鳳明と蒙毅が同時に勝ち名乗りを挙げて、戦いは唐突に終わりを告げたのです。

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

これから一体どうなるのでしょうか?それでは行ってみましょう。キングダムがキターーーー!

 

※この記事はキングダム659話のネタバレが含まれていますのでご注意下さい。




キングダム659話ネタバレ「寿胡王死す?」

孟獲に変装する帯来洞主(南蛮族)

 

冒頭のコマ、騰が寿胡王の前に出現し、剣を振りかざします。決意したように剣を振り下ろす騰のアップ、そして完全に観念したかのような寿胡王のまなざし。

 

次には、騰軍が楚軍本陣を急襲して陥落させたというナレーションと共に秦兵が楚の本陣に突入して楚の牙門旗(がもんき)を引きずり下ろし秦の旗を掲げています。その様子を見ていた蒙毅と呉鳳明は、全軍に勝鬨(かちどき)を挙げるように指示を出しました。




キングダム659話ネタバレ「退却を開始する楚軍」

兵士 朝まで三国志

 

秦の兵士は口々に楚の本陣に秦の旗が立った事を確認し、歓声をあげます。逆に楚軍の将兵は本陣に楚の旗がない事に驚き、士気を低下させました。

 

秦軍の攻撃力を認め、魏軍をその助攻にして楚軍本陣への急襲を成功させた秦魏同盟軍の鮮やかな勝利である

 

このようなナレーションが語られます。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム659話ネタバレ「什虎三将」

騰将軍(キングダム)

 

しかし、呉鳳明と騰は警戒を緩めていませんでした。まだまだ、什虎三将の動向が未知数だからです。

 

玄右(げんう)軍は、将兵が寿胡王の弔い合戦を進言しますが、玄右は「バカを言うな」と一喝し、全軍退却を命じ、項翼、白麗にも伝令を出し、什虎城へと引き返していきます。

 

項翼は、まだ戦えると不満そうですし、白麗も判断が早すぎると不審を感じますが、むしろ、籠城して体力を温存する計画かと考え引き上げる事に同意します。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. kawauso編集長
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 李牧
  4. キングダム54巻amazon
  5. ホウ煖(龐煖)
  6. 蒙武

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 10月 31日

    楚はそもそも敵だった4将に什虎城を預けているんで、什虎城自体は他国からの攻撃には一定の防御力はあっても、楚の側からの攻撃への防御力は無くて、楚攻略の拠点にはなり得ない城なんじゃないのかな。

    次回は信頼していた盟友か主君によって、使い捨てで楚に売られたっぽい満羽の昔話が聞けるんだろう。

    おそらくキングダム終盤の柱になるであろう昌平君の楚への寝返り、王翦、蒙武による昌平君&項燕討伐に繋がって行く話なんだと思う。

    いずれにしても対趙戦線に貼り付いているであろう主人公が登場しないシリーズなんで、次回かその次ぐらいでお開きでしょう。

    次はそろそろ桓騎と扈昶辺りが主役かな。

    • 匿名
    • 2020年 10月 30日

    元々制圧されたって言う城内で火の手一つ上がってないからなあ。
    守る気のない将に人気のない(キングダム時代の文明なら人が生活してればどこかで煙はあがる)、極少数の兵・・・。

    城そのものが罠を踏ませる為の仕掛けみたいな違和感が凄い。

    • 稲葉の白兎
    • 2020年 10月 29日

    たまに予想が当たった時は大喜びするのに、
    完全に外れた時は、そこに触れもしないの
    ですね。良いんですか、そんな姿勢で?
    良いんですか、そんな人間性で?

      • 令和の徐福
      • 2020年 10月 30日

      まあまあ餅付いて
      ここは矛を収めてくだされ

    • 令和の徐福
    • 2020年 10月 29日

    来週は休載です、残念!




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP