キングダム660話ネタバレ「満羽が虚無に落ちた理由が判明!」レビュー考察

2020年11月12日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、1週間の休載を挟んで11月12日、第660話が語られました。

気になる展開は、寿胡王による満羽の昔語りになり、正露丸を飲み過ぎた顔になった満羽の過去が明らかになります。

そして満羽の話は決して他人事ではないのでした。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

では、行ってみようキングダムがキターーーーー!!

 

※こちらの記事はキングダム660話のネタバレが含まれますのでご注意下さい

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



キングダム660話ネタバレ「空っぽの世界」

孟獲

 

蒙武を呼んで来いという寿胡王の言う通りに騰は律儀に蒙武、さらに蒙毅も呼んできました。

寿胡王は、開口一番、わしらには他とは違う何かがあるお前は言ったがそれは間違いだ、わしらには何もないと告げます。

什虎4将は何も持たず、全てを失った人たちだったのです。

 

さらに寿胡王は、特に満羽と千斗雲は失った上にと呟き、そこから回想シーンに入りました。

 

キングダム660話ネタバレ「汨と暦」

洛陽城

 

話は12年前に遡ります。

その頃、満羽は小国「(ぺき)」の大将軍、千斗雲は「(れき)」の大将軍でこの二国は、大国楚の侵略に抗い続ける小国の勇でした。

もちろん、四方を楚に取り囲まれながら両国が落ちなかったのは満羽と千斗雲がいたからです。

2人は楚軍に勝ち続けましたが、次第に味方の損害も無視できないものになっていきました。

それは、そうでしょう。ひたすら侵略を跳ね返すだけで、こちらから楚に攻め込んで戦利品を得れるわけではないのです。

それは隣国で気を吐く千斗雲も同じでした。

兵士同様に、汨の民衆も疲れ切ってはいましたが、無敗の満羽は、民衆の心の支えになっていました。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム660話ネタバレ「降伏を考える汨国の王と貴族」

樊城の戦い

 

しかし、満羽達兵士や民衆以上に浸かれている存在がいました。汨国の王と大臣です。

汨王の袁公(えんこう)は、「わしも民も、これ以上楚と戦う事は出来ぬ」と言い、降伏を口にします。

それでも満羽は王に考え直すように要請し、楚に降伏すれば、一部の有力者を除いて、ほとんどの者が剤を奪われ生きる事に困り

ばかりか、半年前に楚に降った圭という国では、民の半分が奴隷になったと告げます。

 

満羽は、「そんな事は絶対に、この満羽がさせませぬ」と真剣な表情を見せます。

 

キングダム660話ネタバレ「暦との盟」

三国志のモブ 反乱

 

しかし、いかに満羽が頑張っても単独で汨国が楚に勝つ事は出来ません。

そこで、満羽の部下は隣国の暦と手を組んで共同戦線を張るべしと王に進言します。

千斗雲と満羽が手を組めば、楚軍は恐れるに足りないというのです。

 

ですが、この提案は、暦と手を組むくらいなら楚に降伏した方がマシという大臣の意見に押しつぶされました。

満羽は「暦との盟はともかく、この満羽が楚の暴威は防ぐので、楚に降るのは考え直して下さい」と重ねて王に進言します。

こうして、王や大臣と、満羽ら軍部の間には溝が生まれ深まります。

それでも、満羽と部下は汨国の民のために楚と戦い続けました。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-