キングダム660話ネタバレ「満羽が虚無に落ちた理由が判明!」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、1週間の休載を挟んで11月12日、第660話が語られました。

気になる展開は、寿胡王による満羽の昔語りになり、正露丸を飲み過ぎた顔になった満羽の過去が明らかになります。

そして満羽の話は決して他人事ではないのでした。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

では、行ってみようキングダムがキターーーーー!!

 

※こちらの記事はキングダム660話のネタバレが含まれますのでご注意下さい




キングダム660話ネタバレ「空っぽの世界」

孟獲

 

蒙武を呼んで来いという寿胡王の言う通りに騰は律儀に蒙武、さらに蒙毅も呼んできました。

寿胡王は、開口一番、わしらには他とは違う何かがあるお前は言ったがそれは間違いだ、わしらには何もないと告げます。

什虎4将は何も持たず、全てを失った人たちだったのです。

 

さらに寿胡王は、特に満羽と千斗雲は失った上にと呟き、そこから回想シーンに入りました。




キングダム660話ネタバレ「汨と暦」

洛陽城

 

話は12年前に遡ります。

その頃、満羽は小国「(ぺき)」の大将軍、千斗雲は「(れき)」の大将軍でこの二国は、大国楚の侵略に抗い続ける小国の勇でした。

もちろん、四方を楚に取り囲まれながら両国が落ちなかったのは満羽と千斗雲がいたからです。

2人は楚軍に勝ち続けましたが、次第に味方の損害も無視できないものになっていきました。

それは、そうでしょう。ひたすら侵略を跳ね返すだけで、こちらから楚に攻め込んで戦利品を得れるわけではないのです。

それは隣国で気を吐く千斗雲も同じでした。

兵士同様に、汨の民衆も疲れ切ってはいましたが、無敗の満羽は、民衆の心の支えになっていました。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム660話ネタバレ「降伏を考える汨国の王と貴族」

樊城の戦い

 

しかし、満羽達兵士や民衆以上に浸かれている存在がいました。汨国の王と大臣です。

汨王の袁公(えんこう)は、「わしも民も、これ以上楚と戦う事は出来ぬ」と言い、降伏を口にします。

それでも満羽は王に考え直すように要請し、楚に降伏すれば、一部の有力者を除いて、ほとんどの者が剤を奪われ生きる事に困り

ばかりか、半年前に楚に降った圭という国では、民の半分が奴隷になったと告げます。

 

満羽は、「そんな事は絶対に、この満羽がさせませぬ」と真剣な表情を見せます。

 

キングダム660話ネタバレ「暦との盟」

三国志のモブ 反乱

 

しかし、いかに満羽が頑張っても単独で汨国が楚に勝つ事は出来ません。

そこで、満羽の部下は隣国の暦と手を組んで共同戦線を張るべしと王に進言します。

千斗雲と満羽が手を組めば、楚軍は恐れるに足りないというのです。

 

ですが、この提案は、暦と手を組むくらいなら楚に降伏した方がマシという大臣の意見に押しつぶされました。

満羽は「暦との盟はともかく、この満羽が楚の暴威は防ぐので、楚に降るのは考え直して下さい」と重ねて王に進言します。

こうして、王や大臣と、満羽ら軍部の間には溝が生まれ深まります。

それでも、満羽と部下は汨国の民のために楚と戦い続けました。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. kawauso編集長
  2. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  3. キングダム53巻
  4. 楚の旗と兵士
  5. キングダム52巻

コメント

  • コメント (10)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    あまりにテキトーな戦だったのは今回と次回をやりたかったからだろうけど、
    それにしても浅い。
    そりゃ理論の精緻と、殺し合いの実践では異なるに決まってる。学問に対する理解自体が足りないです。
    ちなみに、政の目指す法治国家、法家思想は荀子から派生する実践応用学派です。
    想像するに、政の言う人の本質は光を性善説とし、その対立概念を持ってこようとしたんだと思うけど、ザンネンでした。
    満羽にしても、本当に民を思うのなら、なけなしの国力を無謀な戦いに浪費する前に現実的な落とし所を探らなきゃ。
    満羽の一言が王に投稿を決断させたと言っていい。
    それに先鋒は古今東西必ず投稿兵。
    そんぐらいで闇落ちする満羽がザンネン過ぎる。

    でも、こう言う人って統一の過程で沢山いたはず。少しも珍しくない。
    それをまとめて一本化するって政は言ってる訳だから、その物語に登場させるのは良いと思う。
    英雄ではなく普通の人、と分かって描いているならば、だけど。

    • いたる
    • 2020年 11月 14日

    今回のキングダムの性善性悪の論。ブログ主の最後の考察…。とても考えさせられました。

    • 匿名
    • 2020年 11月 14日

    うーん
    首はねるかどうかを引っ張る必要無かったんじゃないかね?
    物語的にはそこまでのキーマンじゃないしな

    • 匿名
    • 2020年 11月 13日

    今回は予想が当たった、外れたを言わないんだね、、

    蒙武の友情とか満羽の親友とか、、

    思い込みでいろいろ書いてたのにね、、

    • 匿名
    • 2020年 11月 12日

    初登場の満羽はどこいったんだ?

      • 匿名
      • 2020年 11月 13日

      最初は寿胡王と同じ体の大きさで麻雀やってたのに
      急に満羽でかくなって、寿胡王小さくなって

    • ダムキング
    • 2020年 11月 12日

    これで終わり?なんかあっさりしすぎだね
    色々キャラ参戦してきて全然使ってないじゃん

    なんかもう一幕ありそうな気配を感じる

    一日で城とったし三年同盟いらん、呉鳳明裏切り蒙武か騰に襲いかかるとか

    媧燐ちゃん参戦とか

    • トキ
    • 2020年 11月 12日

    キングダムは殺すときはサクッと殺すので、生かしたままにするでしょうね。城を失った彼ら3人は、今後どうするんだろう。

    • 匿名
    • 2020年 11月 12日

    妻は職を捨てて、夢を追いかける旦那を支えた。そして、苦労を共に背負い、幸せになった。
    旦那は、、、今何を思うのだろうか?どの様な気持ちでこのストーリを書き上げたのだろうか?
    もしかして、うまく行ってないのか?

    • 匿名
    • 2020年 11月 12日

    満羽は命がけで守って来た国と国民に裏切られ、戦場で殺し合ったことが壽胡王によって語られた。

    千斗雲の方は語られなかったが、おそらく顔と性格激似の楚丞相・媧燐の生き別れた弟か何かで、姉に騙され裏切られて祖国を失ったんだと思う。

    騰がいるから壽胡王は殺さないだろうし、消化不良気味だけど次で什虎編もお開きなのかな。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP