キングダム660話ネタバレ「満羽が虚無に落ちた理由が判明!」レビュー考察

2020年11月12日


はじめての三国志_ページネーション

こちらは3ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

キングダム660話ネタバレ(1P目)

 

キングダム660話ネタバレ「首をはねろ」

高順が呂布に疎んじられた理由07 高順

 

寿胡王は、満羽の悲劇を通して人間の愚かさに絶望しましたが、再び変化の兆しを見せ始めた満羽が悲劇の先に何かを見出す事を願うと呟きます。

人の愚かさの先に何かがあることを願いたいというわけです。

 

そして、学者気取りが過ぎたなと自嘲すると、騰の前に首を差し出しました。

「さあ、もういいぞ首をはねろ、満羽の事は語った、結末を見届けるのはお前達に任せる」

 

煽り:長い長い、満羽語りの末に、自分の首をはねよと差し出した寿胡

これに対し、騰はどうするのか?多分、首をはねないとは思うけどね。以下次号

 

キングダム661話ネタバレ予想

内容に納得がいかないkawauso様

 

今回は、kawasuo好みの深い話でとても良かったです。

私も含め、人間は己惚(うぬぼ)れていて臆病で不勉強でワガママで、強いものを恐れ権力者にへつらい、弱い者を見下し、そのくせ自分より僅かでも成功した者を憎み、そいつが破滅する事を心の底で願っています。人は性悪説で捉えたほうがしっくりきます。

それでも、そんな愚かな人間が、ある面では弱い者同士、肩を寄せ合い懸命に生の営みを続けたからこそ、私達が生きていられる事も事実です。

 

満羽は、守って来た民に裏切られ壊れましたが、民衆にだって葛藤はあった筈ですし、あったと信じたいです。生きる為に敢えて正しくない決断をする、それは人生には往々にある事だからです。

考えれば考えるだけ、善悪の線引きは曖昧で、分ける事も無意味です。今回の一件で寿胡王については、とても気に入りました。

どうか、騰に首をはねられずに生き残って満羽が変わるのを見届けて欲しいです。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

一連の騒動で作者の心境に変化があったのか、それとも、元々、こういう展開だったのか?

kawausoには知るべくもありませんが、今回はとても深い善い話でした。

 

次回の確定本バレが届きました!(2020年11月19日追記)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・キングダム661話ネタバレ「利有り」レビュー考察

 

 

前回記事:キングダム659話ネタバレ「次会う日まで」レビュー考察

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム660話休載SPvol2「満羽を裏切ったのは誰だ?」

関連記事:キングダム660話休載SP「いよいよラスボスは昌平君に決定」

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-