【新解釈・三國志】ネバギバと劉備を煽る孔明は実話なの?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

劉備を煽る孔明は実話?(1P目)




プラン崩壊後、自分にネバギバ!

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

そして、孔明のネバギバは最後には自分に向けられました。

 

樊城の戦い

 

本来は、荊州と益州を支配する事が、劉備が天下を獲る最低条件でしたが、荊州南郡を支配していた関羽が、魏の襄陽(じょうよう)城と(はん)城を包囲している時、密かに魏に通じていた孫権の配下の武将、呂蒙(りょもう)が関羽を裏切り、背後から南郡を攻撃して占領してしまったのです。

父・関羽とともに亡くなる関平

 

おまけに関羽は戦死してしまい、劉備は義兄弟の死に激怒して呉に攻め込んでしまい、呉の名将の陸遜(りくそん)に火攻めで敗れて、蜀に逃げ帰り後悔の末に病気になり死んでしまいます。

 

陸遜

 

孔明は劉備の息子の劉禅を支え、失った荊州に代わるネバギバ戦略を提案しました。

 

劉禅と孔明

 

それが蜀から魏を積極的に攻め、時には呉と連動して領土を奪うというプランで、これは北伐と呼ばれ、都合5回も繰り返されます。しかし、国力差や補給の乏しさで、北伐はことごとくうまくいかず、孔明はネバギバを唱えたまま、西暦234年に五丈原で魏の大軍とにらみあったまま病死するのです。

 

過労死する諸葛孔明

 

諦めるな、ネバギバ!を自分に言い聞かせた末の壮絶な死でした。

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集




『新解釈・三國志』ネバギバ孔明の見どころ

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

孔明はただ賢いだけではなく、真面目で粘り強く、またポジティブな人物です。『新解釈・三國志』では、ムロツヨシが演じる孔明も、ポジティブすぎて、劉備を苛つかせつつも、その知略を使い、赤壁の戦いを勝利に導くのでしょう。

 

皆さんも、あきらめるにはまだ早いですよ!ネバギバ!

 

関連記事:【視聴コメント】孫権が赤壁の戦い後に亡くなったら呉はどうなっていた?

関連記事:赤壁の戦いの勝敗は?曹操軍24万 VS 連合軍4万について考察

 

黄巾賊

 




< 1

2

関連記事

  1. 四輪車に乗る孔明
  2. 正史三国志を執筆する陳寿
  3. 新解釈・三國志 ネバギバと煽る孔明
  4. 呂布
  5. 悪役の曹操、正義の味方の劉備
  6. 新解釈・三國志 三顧の礼に秒で答える孔明 孔明、劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP