孫堅と孫権って同じ読みだけど何で?世襲制なの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

新解釈(しんかいしゃく)三國志(さんごくし)』皆さんは、もう御覧になられましたか。一部で楽屋オチ的な部分を酷評されつつも、ファンの心を掴み、12月2週目の国内映画ランキングでは、劇場版鬼滅の刃無限列車編に次いで2位でした。

 

李儒と三国志(はてな)

 

このように面白いというコメントが多い『新解釈・三國志』ですが映画の尺の関係で省略された歴史的説明もあり三国志ビギナーは疑問符が浮かぶ事が多かったようです。

 

呉の孫権は皇帝

 

そこで今回は、孫権(そんけん)の父親の孫堅(そんけん)って、なんで読み方が同じなのか。世襲(せしゅう)だったりするの?という疑問についてお答えしましょう。




孫堅と孫権の読み方が同じの理由はズバリ!

海賊時代の孫堅と孫策

 

では、孫堅と孫権の名前の読み方が同じ理由についてお答えしましょう。

 

それはズバリ!堅いを意味する「ケン」と権利を意味する「ケン」の読み方が日本では、たまたま同じ発音だったというだけです。

 

もちろん中国語では、2人の名前の発音は違い、

 

孫堅は、Sūn Jiān(スン→・ジエン→)

孫権は、Sūn Quán(スン→・チュエン↑)

 

と、アクセントが違うので、中国人が2人の名前を聞き間違う事はないようです。

 

君主論05 曹操、kawausoさん

 

ちなみに三国志ファンの間では、父の孫堅は堅いソンケン、息子の孫権は柔らかいソンケンと読んで区別したり、パパ孫堅と言う意味で堅パパと読んだりしますよ。さて、疑問が解決した所で、ここからは三国志の名前にまつわる話をします。




父や偉い人の諱は使ってはいけない

冗談も言えないほど超真面目すぎる仲弓(文官)

 

中国を含む東アジアの漢字文化圏には、(いみな)というモノがあります。諱は()み名に通じていて、肉親や親しい人以外が呼ぶと失礼にあたるとされるものです。例えば、劉備(りゅうび)の場合には、備が諱であり、目下のものや親しくない人間が、劉備!劉備と呼ぶと大変な事になります。

 

韓信と劉邦

 

「なに、人の諱を気安く呼んどんのじゃい!しばくぞゴルァ」と三国志の時代の中国語でキレられるでしょう。

 

もちろん、劉備玄徳(りゅうびげんとく)という呼び方もダメです。では、親しくない人はどう呼んだらいいのか?

 

その場合には、(あざな)である玄徳殿、あるいは劉玄徳殿が正しい呼び方で、なんらかの肩書が存在するなら、姓の後に肩書をつけるのがフォーマルです。

 

二刀流の劉備

 

例えば、劉備は豫洲牧(よしゅうぼく)だった時代があるので劉豫洲(りゅうよしゅう)とか、左将軍(さしょうぐん)の称号を受けていたので、劉将軍(りゅうしょうぐん)とか呼んだりします。特に、この諱が皇帝の諱だと影響力が絶大でした。

 

異議ありと叫ぶ司馬懿

 

例えば、孔明のライバルの司馬懿(しばい)は「懿」が諱ですが、彼の孫が建国した晋帝国では懿を避諱(ひき)として普段の言葉だけでなく、文書でも使えないようにし、同じ懿の漢字が名前に入っている人は漢字を改めるか、文字の一部を敢えて欠けさせる欠字の措置を取っています。

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

司馬懿のせいで諱が変わった人

呉懿

 

司馬懿の諱のせいで名前が変わった人物には呉懿(ごい)がいます。彼は、劉備が蜀を奪取してから配下に加わりますが、正史三国志は司馬懿の孫が建国した西晋の時代の人物である陳寿(ちんじゅ)が書いているので、呉懿は呉壱(ごいつ)と改名されて記述されています。

 

正史三国志を執筆する陳寿

 

晋が滅亡すると懿は避ける必要がなくなり、呉壱は呉懿に戻りますが、死んでから勝手に諱を変えられた呉懿は複雑な気分だったでしょう。

 

関連記事:謎の人物?評価されたのに伝がない皇帝の外戚・呉懿

関連記事:蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?

 

つまり、子が父と同じ諱はアリエナイ

孫権

 

さて、冒頭の孫堅と孫権の名前に戻りますが堅や権は諱ですから、当然孫権は諱に堅を使う事は出来ない事になります。孫権ばかりではなく、息子達にも堅の諱を持つ人はいません。発音が同じなのはいいですが漢字が同じなのはダメ、これを意識して、三国志に登場する親子の名前を見てみると面白いですよ。

 

関連記事:避諱(ひき)とは何?知っていると三国志がより楽しくなる改名事情

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 新解釈・三國志 門番する不真面目な黄巾賊
  2. 呂布
  3. 朝まで三国志 曹操
  4. 新解釈・三國志 自分はモテると報告をする趙雲
  5. 董卓
  6. 桃園3兄弟(劉備・張飛・関羽)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP