関羽の本体はヒゲだったって本当?【三国志演義】




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志演義_書類

 

誕生してより600年以上、世界中の人々を魅了してきた三国志演義。日本でも、漫画の横山光輝三国志や、小説の吉川英治三国志が有名ですが、それらは原典の三国志演義にアレンジを加え日本版にリメイクした部分があります。

 

朝まで三国志 kawausoと曹操

 

そこで、原典の三国志演義を読んでみると、なかなか面白い記述があるものです。

例えば、三国志演義では関羽の本体はヒゲだったってご存知ですか?




衝撃の事実は、三国志演義28話にある

セクシーすぎる塩商人だった関羽

 

関羽と言えば、正史でも演義でも長いひげを生やしている事がトレードマークです。三国志演義では、これに赤兎馬と赤ら顔が加わり、これだけそろえば、関羽だと識別できない方が不思議なレベルです。

 

朝まで三国志 kawauso

 

ところが、三国志演義二十八回、蔡陽(さいよう)を斬って兄弟疑いを()き、古城に会して、主臣義に(あつ)まるでは、関羽がヒゲ以外では識別されていない衝撃の事実が登場しています。




赤兎馬を、郭常のバカ息子に盗まれかける関羽

赤兎馬を乗り回す関羽

 

関羽が五関の守将を斬って後、追いかけてきた夏侯惇との一騎打ちを経て、正式に曹操から罪を赦免されて、旅を続けていると、突然に土砂降りに襲われ、劉備の夫人を避難させる為に、遠くにあった郭常(かくじょう)という人物の屋敷で一夜の宿を請います。

 

赤兎馬

 

この郭常は分別のある好人物なのですが、息子というのがろくでなしの不良息子で、学問も武芸も治めずに、山賊の真似事をし、夜中には関羽の赤兎馬を盗もうとして赤兎馬に蹴られ、関羽の従者に捕らえられる始末でした。

 

激怒する関羽

 

馬を盗まれかけた関羽は「盗人め!」と手打ちにしようとしますが、ここで郭常が進み出て老婆が可愛がっておりますから、どうかバカ息子の命ばかりはお助け下さいと頼むので、宿を借りている恩義もある手前、見逃しました。

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 

山賊、裴元紹に関羽は

赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉

 

翌朝、目を覚ました関羽は郭常に

「御子息にひとつ説教をしてやりたいが」と申し出ますが、郭常は

「すでにせがれは、よからぬ連中とつるんでどこかに出ていきました」とわびます。

 

バイクで旅行をする関羽

 

急いでいる事もあり、関羽はやむなく郭常に礼を述べて、劉備の2人の夫人を馬車に載せると旅を続けます。しかし、そこから30里もいかないうちに、山の陰から百名あまりの野盗がわらわらと出てきて関羽一行の道を塞ぎます。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

ここからは、三国志演義の記述を引用しましょう。

 

 

(前略)まっさきの2人だけは馬に乗っていた。

前の1人は黄色い頭巾で頭を包み、身には鎧のひたたれを着こんでいる。

後ろの1人はすなわち郭常の子だった。

唐周(とうしゅう)黄巾賊

黄巾の1人の方が

「われこそは天公将軍張角の部将なり。はやく赤兎馬を置いていけ、命だけは助けてやる」

 

関羽は腹を抱えて笑い、

「モノを知らぬ盗人めが何を言う。

おまえは張角の手下であったと申すからには、劉玄徳・関羽・張飛、3人の兄弟の名前は聞き知っておるか?」

 

黄巾の男

「赤つらにヒゲの長いのが関羽だと聞いたが、顔を見た事がない。貴様は一体何者だ?」

 

関羽

そこで関羽は、長刀をこわきに馬を立て、ひげの袋を解いて、長いひげを出してみせた。

 

すると男は転がり落ちるように馬を下り、いきなり郭常の子の襟首(えりくび)をつかんでこれを馬前(ばぜん)に引き据えた。関羽が姓名を問うと

 

「それがし姓は(はい)、名は元紹(げんしょう)と申し、張角の相果てた後、つかうべき主君もなく、山賊となってしばらくここに隠れておりました。

(以下略)

 

 

 

関連記事:黄巾賊は格差社会のセーフティネットだった!

関連記事:黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

 

ヒゲだけで関羽を識別していた裴元紹

漢 裴元紹

 

お分かりいただけたでしょうか?

 

強くなる関羽

 

裴元紹は、赤ら顔に赤兎馬、青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)を持っている関羽は関羽と識別できなかったのに、関羽がヒゲ袋からヒゲを取り出した途端に、すぐにこれは関羽と識別して馬から転げ落ちるようにして、土下座しています。

 

五虎大将軍の関羽

 

これはつまり、関羽は赤兎馬でも赤ら顔でも青龍偃月刀でもなく、そのヒゲ袋に包まれている美しいヒゲで周囲から識別されていた可能性があります。

 

しかし、いかにヒゲが美しいとしても、印籠(いんろう)じゃあるまいし、ヒゲ袋を解いた途端に土下座って…関羽の本体は、ぶっちゃけヒゲだと言っても間違いじゃないかも知れません。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹丕と曹植
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  4. 孟達からの手紙を開封する劉封
  5. 張譲 宦官

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP