キングダム雑学「いぶし銀の活躍をした敵キャラベスト6」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawauso

 

キングダムと言えば、六大将軍や三大天などビッグネームが並んでいますが漫画というのは、そのようなスーパーマンだけで展開していくものではありません。

 

キャプテン翼の石崎君のような平凡だけど要所で活躍するキャラクターが必要なのです。そこで今回は、これまでのキングダムを振り返り、思わずうなるいぶし銀のキャラクターを紹介しようと思います。




キングダムいぶし銀キャラ1「飛信隊を追い詰める金毛」

 

初期の金八先生のような髪型をした大柄の人物が金毛(きんもう)です。元々は、慶舎(けいしゃ)の副官でしたが、慶者の死後、当然全軍退却すべき所を紀彗(きすい)に留められ慶舎の死が知られない間に秦軍を撃破するとする策に乗ります。

 

しかし、その直後、紀彗の居城である離眼が桓騎(かんき)軍の蹂躙に晒されると、紀彗は軍を抜けて離眼に戻る事を決断。通常なら紀彗の自分勝手をなじり殺害してもおかしくないですが、故郷を見捨てられない紀彗の心情を汲み敢えて退却を許し、結果として趙軍を退却させる事になります。

 

鄴攻略編で金毛は李牧の幕僚として慶舎の仇である飛信隊の撃滅を狙い、鄴終盤に左翼を突破した飛信隊と交戦し善戦。しかし、援軍に来た亜光軍の前に敗れ李牧軍まで離脱します。

河了貂

 

ここで、飛信隊に突っ込んで最期を遂げようとする所を制止され、この事態に自分に出来る事を考え抜き、飛信隊の要である河了貂を討つべく奇襲を仕掛け、飛信隊を絶体絶命の窮地に陥れますが、動きに気付いた蒼兄弟に阻止され、最期は蒼淡(そうたん)に射られて戦死しました。

 

真っ二つにされる魏続(ぎぞく)兵士

 

最期もあえて、蒼淡を振り向いてから河了貂に剣を振りかざすなど、死を覚悟しつつ蒼淡に手柄を与えた節もあり、いぶし銀が際立ちます。金毛は、自制心と闘志と冷静な判断力において傑出しておりキングダムの名サブです。




キングダムいぶし銀キャラ2「長平の復讐鬼万極」

春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

 

万極(まんごく)は長く伸ばした白髪に黒い歯が特徴で吃音(きつおん)の気があります。長平の戦いで秦の大将軍白起(はくき)により父、万顔と兄万剛を生き埋めにされ、万極も生き埋めになりますが、自力で這い上がり生還。この経緯から、誰よりも秦を憎み復讐で秦国民の虐殺を繰り返し、恨みのせいで人生が完全に破綻していました。馬陽編では副将を務め秦領地の馬央周辺集落を蹂躙し、龐煖夜襲時に同じく夜襲を仕掛け、干央を負傷させ飛信隊を半壊させます。

 

函谷関

 

合従軍編では、長平の戦いで犠牲になった兵士の遺族や遺児で構成された軍を指揮。麃公(ひょうこう)軍の背後を襲って大打撃を喰らうものの飛信隊によって押し止められ、長平の怨念とともに猛威を振るい信との一騎討ちで致命傷を負います。最期は李信の言葉で無念がやや晴れたようですが、復讐のパワーは自分も相手もメタクソにするという典型的なキャラクターです。

 

関連記事:【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダムいぶし銀キャラ3「千人将殺しの輪虎」

 

少年のような顔をした30歳過ぎの中年が輪虎(りんこ)です。元々、戦争孤児だったのを廉頗(れんぱ)に拾われ、やがて武の才能を開花させました。

 

四天王の中で最も危険な存在と言われ特に圧倒的な突破力を誇り、かつて王騎の本陣を突破し、王騎に一太刀を浴びせた逸話を持っています。山陽編では、会戦前に郭備ら千人将八人と秦将軍・羅元を暗殺して蒙驁軍を混乱に陥れ、李信と接触するものの標的ではなかったためあえて見逃しました。

 

山陽戦では、中央軍を指揮し初戦で臨時の千人将を狙い王賁(おうほん)を負傷させ、その後、蒙恬(もうてん)の計略で信と王賁に接近を許すものの二人同時に相手しても圧倒する実力を見せます。

 

これだけでも十分大物クラスのような気もしますが、戦いの中で成長した李信に左手の指を斬り飛ばされ、その後の戦いでは秦将栄備を討ち取るものの、楚水を斬った隙を突かれ、李信により致命傷を受けて絶命しました。どう考えても中堅クラスキャラでは史上最強で今でも鮮明に覚えているファンも多いでしょう。

 

キングダムいぶし銀キャラ4「犬戎の鬼畜ブネン」

漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)

 

一部ファンの間では黒歴史扱いをされている鄴編の橑陽(りょうよう)戦で出現した犬戎族。そんな犬戎族の王、ロゾの血族であるゴバ、トアク、ブネンの3兄弟の中で恐将と呼ばれるのがブネンです。こいつの薄汚さと酷薄さは、キングダムの敵キャラでも随一であり、部下の命をなんとも思っていません。

 

橑陽戦の9日目には、味方のジリ等がキタリに致命傷を負わされた後でも、執拗にキタリに縋りついて動きを止めさせ、鎌矛でカタリを討ち取りました。どうして、そんな事が出来るのかというと、ロゾとその血縁者が全ての犬戎族の兵士の妻子を人質に取っているお陰です。

 

もちろん、そんな事をしないと勝てないレベルなので、1人ではどうする事も出来ず、最期は兄、カタリの復讐に燃えるキタリに斬殺されました。しかし、山の民でも有数の戦闘力を持ち、指揮力も高いカタリを討ったのは大金星です。こちらもある意味、いぶし銀キャラと言えるでしょう。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. ホウ煖(龐煖)
  2. ビジネスライクな王翦
  3. 君主論18 kawausoさん
  4. 炎上する城b(モブ)
  5. 内容に納得がいかないkawauso様
  6. キングダム

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • にぃ
    • 2020年 12月 29日

    金毛さんは
    [出オチで、回が進む毎にショボく成る
    キングダムキャラ]の中で
    数少ない
    魅力をアップしまくって行った
    方でしたネ♪

    • いぶし銀とは?
    • 2020年 12月 26日

    「いぶし銀」とは、いぶした銀の持つ風合いなどから、目立たないけれども実力のある人・見た目の華やかさはないが実力や魅力がある人などという意味で使用される表現です。

    趙の金毛や趙荘、魏加あたりは如何にも〝いぶし銀〟って表現が相応しい面子だけど、輪虎や万極はいぶし銀なのか?個性が目立ち過ぎで彩りが豊か過ぎるって言っても過言ではない気がするよw

    この2人が〝いぶし銀〟ならば三大天・藺相如の懐刀であった趙峩龍、尭雲の2人はいぶし銀の筆頭格ってことになりそうだし、王都の守護神・扈輒将軍や三大天候補であった慶舎もいぶし銀という立ち位置になるんじゃないかね?

    他にも、李牧側近の剛将の馬南慈や馬陽で信に討たれた馮忌将軍などは作中で引き立て役として、いぶし銀の活躍を見せているように思うよw




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP