キングダム675話ネタバレ「前へ」レビュー考察

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

キングダム675話ネタバレ(1P目)




キングダム675話ネタバレ「飛信隊の状況」

 

一方飛信隊は、王翦軍と桓騎軍の調度中間に野営地を設置していました。

 

李信「どうなってんだ、とっくに前線に着いてんのに、どっちの軍からも声がかからねえぞ」

 

李信が不思議そうに言うと我呂も、敵も王翦軍と桓騎軍の両方に集中して、俺達を攻めてくる気配もないと答えます。

 

沛狼は、いっその事、単独で趙の防衛線に飛び込もうかと言いますが、我呂は飛信隊だけではどうにもならないと答えます。尾平は、勝手に王翦軍に加勢したらどうかな?最強らしいしと言いますが、河了貂は王翦からは待機命令が出ているので勝手に加勢できないと否定しました。

 

他の部隊が戦っている最中に強制待機を命じられ、いらつく李信の下に伝令が到着し玉鳳軍が桓騎軍の左翼に入り、その主力として影丘攻めに出撃する事を伝えます。その影丘がヤバい事を知っている飛信隊に不穏な空気が流れました。




キングダム675話ネタバレ「玉鳳隊の突撃」

行軍する兵士達b(モブ)

 

さて、その左翼の玉鳳軍が突撃まちです。関常が一度突撃したら、犠牲を無駄に出来ないのでもう後戻りできないと王賁に念を押しています。そこで亜花錦が「この世に無駄な犠牲のない戦などあるのかギギ」と皮肉を言って、関常に黙れと言われていました。

 

王賁「勝つだけだ」

 

こうして次のページは見開きで、”桓騎軍左翼玉鳳軍、影丘攻め開始”とナレーションが出ました。




キングダム675話ネタバレ「動じない桓騎」

桓騎 キングダム

 

玉鳳軍が突撃した事は摩論により本陣の桓騎に伝えられます。直前まで複数の女性とウヒョしまくっていたらしい桓騎は、少しも疲れた様子もなく「そうか」と答えます。ここで摩論は、いかに玉鳳軍でも影丘は抜けないだろうと予想しますが、桓騎は「かもな」と答えただけです。

 

さらに摩論は、

 

楊端和軍と王翦軍に比較して我々が深く進攻しており、敵兵力が桓騎軍に対して分厚くなっていて、この流れの中で左翼が消滅するなら桓騎軍そのものが危険な状態になるとと説明。急ぎ過ぎたのが裏目に出たので、全体で一度少し後退するのも得策と進言しますが、桓騎は「かもな」と言うだけです。

 

しかし、桓騎は次の瞬間には魔論に「中央軍と右翼に、もう少し前に押し出せ」と伝令を命じていました。

 

キングダム675話ネタバレ「扈輒出撃」

洛陽城

 

秦軍の侵略を阻む趙軍は、分厚い防衛線を敷き、その防衛線の後ろに全体の指揮を取る軍総司令扈輒(こちょう)がいます。そして、いきなりの扈輒のドアップのコマが入り、盤上の桓騎の駒に向かい出るぞ!と力強く言います。扈輒軍15万は出陣し、深く前線に押し込んでいる桓騎軍の本隊に突撃を開始しました。

 

そして、扈輒の配下らしい3将軍、龍白公(りゅうはくこう)岳白公(がくはくこう)虎白公(こはくこう)

 

龍白公「勘違いをしているであろうな秦軍は」

岳白公「狩られるのは趙ではなく」

虎白公「秦」

 

このように少ないセリフを仲良く分け合い

 

「扈輒様はずっと待っていた、この時を、そして、秦三将のうちで最初に狙われた哀れな男は」

 

と結んで、桓騎が餌食になると匂わせますが、死亡フラグしか感じません。この3人、1人も残らないんじゃないですかね?

【次のページに続きます】




次のページへ >
< 1

2

3>

関連記事

  1. kawauso編集長
  2. 嬴政(始皇帝)
  3. 王翦
  4. キングダム54巻amazon

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP