キングダム680話ネタバレ「お頭の伝言」レビュー考察

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

680話では、いよいよ桓騎が摩論や雷土に耳打ちし戦いが大きく動く様子です。

そして、取ってつけたように桓騎の左翼を攻めている龍白公の息子が桓騎軍に捕まるというフラグも登場しました。

これはさすがにわざとらしいような気もしますが、構わずに行ってみよう。

今週もキングダムがキターーーーー!!!!

kawausoさんのキングダムがキター!

 

※こちらの記事は、キングダム680話のネタバレ記事なのでご注意下さい

 

 

キングダム680話ネタバレ「咸陽は右往左往」

洛陽城

 

最初は久しぶりに登場の咸陽です。

桓騎軍が扈輒(こちょう)軍と激突しすでに平陽の地に入っているものの、城までは届かずに手前の平野と森林地帯で衝突し桓騎軍が押されているという報告が伝令からもたらされます。

 

昌平君は趙の心臓部に近づいているので容易い戦いはないと冷徹に言い放ち、秦王嬴政(えいせい)は桓騎とつぶやいています。

このパートは、読者にキャラの状況を伝えるためのパートですから、話の進展には無関係ですけどね。

 

 

キングダム680話ネタバレ「厘玉は気づいている」

三国志のモブ 反乱

 

始皇十三年 桓騎攻趙平陽 (「史記」 秦始皇本紀より)

 

場面は、趙の虎白公と対峙している厘玉の戦場です。

扈輒の三大将ではいちばんイケメンな中央軍の虎白公は桓騎軍の中央を分断して最初に厘玉(りんぎょく)を徹底的に潰していました。

 

そのために厘玉軍は隊の形すらも維持できなくなり、もう一度、乱戦を解いて退却しようとしています。

しかし、厘玉は、こっちが狙われている分、黒桜の方にいるお頭は無事で考える時間が出来ると前向きに捉えています。

 

厘玉の部下は、お頭ならこの状況でもひっくり返すかもなと呑気に笑いますが、

厘玉は「最初から、この展開を考えていたかも知れない」と含みを残す事を言いました。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム680話ネタバレ「桓騎軍の弱点」

兵士 朝まで三国志

 

一方で桓騎軍は、情勢が不利と悟った部隊が次々と逃亡しており

厘玉は残った兵士を自軍に吸収しています。

 

厘玉「敵だけじゃなくこっちの問題も厄介だぜお頭

幹部ら俺達は揺るがないが、もっと下の連中は

ただ甘い汁吸いに集まっているだけだ

うちには軍みてえな忠義やら何やらはない

船はでかくなったが、沈みかけたその船を

何とかしようって根性がねえのか

今のうちの最大の弱点だぞ。」

 

正式な軍ではないので、少し不利になると兵士が逃げてしまう。

桓騎軍の弱点がここで明確に示されました。

今回は、その弱点を逆手に取りそうですが、次は李牧にしてやられる

そのフラグかも知れません。

 

キングダム680話ネタバレ「お頭の伝言」

孔明のテントがある野外のシーン

 

場面は桓騎軍の本陣に移ります。

桓騎は後ろの天幕で寝ており、受付は摩論(まろん)が1人で見ていますが、

伝令は黒桜(こくおう)の所に回した援軍が、次々に逃げて集まってこないという訴えばかりでした。

焦っている伝令ですが、摩論は途中で報告を遮り、

 

「分かったから、お前達は安心して持ち場に戻れ」と諭します。

 

しかし、摩論も内心では

(よし、私も仲良しだけ連れて逃げよう)と決意していたのでした。

 

ところが、そんな摩論の内心を見透かしたかのように桓騎が起きてきて、

「ちょっと話がある」と摩論の肩を抱きすくめます。

味方が続々と逃げる段階になり、いよいよ桓騎が本格始動するようです。

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. キングダム
  2. kawauso
  3. kawausoさんのキングダムがキター!
  4. 君主論18 kawausoさん

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 埼玉県の山の民
    • 2021年 5月 28日

    不利な戦いに桓騎軍団のモブ一家たちが勝手に離れて行く‥‥
    これぞ桓騎軍の最大の弱点‥‥この戦いを眺める李牧の場面も欲しかったです。
    桓騎軍はヒット&アウェイのゲリラ戦法に切り替えそう
    ですね。捕まった龍白公の若がかわいそうだな。
    南無阿弥陀仏‥‥苦しまず楽になって欲しいです。(オイ) 

    そして飛信隊、崇原の喝で次の話に。
    いよいよクライミングスタートですが
    この時点でスタミナが0の尾平さんに期待します。
    登るの遅ければ名誉の殿決定ですから(笑)

    言ってみて気づいたんですが飛信隊の殿に焦点は当たるのでしょうか?

    まて、次号! 『尾平おつ!』(笑)

      • kawauso編集長
      • 2021年 5月 28日

      埼玉県の山の民さん

      岩登りがある以上、日没だから一度下りてまた明日はないですよね。
      絶対に1日で上まで登る筈です。
      だとすると案外、影丘の戦いは短期で終わるかも知れません。
      尾平が殿になるかどうかは分かりませんが…
      弓矢兄弟が活躍するのは、この崖で山頂の趙兵を射抜くくらいしかないと思います。

        • 埼玉県の山の民
        • 2021年 5月 29日

        お疲れ様です。
        確かに休むことのできない短期決戦になるのでしょう。

        崇原たちの表情からも伺う事ができますが
        ここでババーンと、
        飛信隊のWゴルゴ13こと蒼ブラザースの出番!
        普通の弓矢の距離からならぶっちゃんサイドからも叩きにくるでしょうが
        並みの距離ならぬ場所からの精密射撃で時間の許すまで崖上の敵陣めがけ射ちまくると。
        逆にそうしないと敵陣から岩だのなんだの
        落とされますからね。

        たまにやられそうになる尾平さんとこに
        援護。
        尾平がヒーヒー言う度にビシッ
        『死ぬところだったぜ‥‥』
        一息つく尾平氏

        でもこの通りだと敵陣を撹乱しつつ隊の被害も
        減らせます。

        ただ、長い間は無理なので

        テン軍師がバックアップする必要はありますね。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 5月 27日

    桓騎の誰もが予想していない野盗戦術が炸裂か?(原作者の史実に縛られないどフリーな展開。。孤高な領域へ突入か?、ブログ主はこの難解な原作者の意図を読み解くことができるか?楽しみです♪)
    飛信隊歩兵団が敵前線なんとか切り抜けて断崖下へ着陣。。古参兵ビヘイはすでにおつかれのご様子(わしらはここで後方を食い止めると座りこみそう)
    一方歩兵団長の断崖を登れと号令をかける傍らには体力バカ新兵の口だけカントの姿が。。。
    はたして李信将軍はどこから登頂を目指すのか?
    ブログ主期待の弓矢兄弟は歩兵団へ同行か?
    (当方妄想の歩兵団登頂支援のグリーンベレー部隊は存在しているのか?)

      • kawauso編集長
      • 2021年 5月 28日

      邯鄲の夢さん:尾平はもういい年になっているハズですよね。
      中華統一前に体力の限界で千代の富士のように退役もあるかも
      そうでなくても飛信隊歩兵は激流下りやロッククライミングの
      ファイト一発なシーンが多いですから




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP