キングダム691話ネタバレ桓騎は森の中「竈の数」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

kawausoの予想は完全に外れ、桓騎は扈輒(こちょう)の本陣の前にたたずんでいました。

内容としては、桓騎は山の中にでも姿を隠し、逃げたように見せかけた桓騎の兵士と森の中で待ち続け

虎白公や龍白公が桓騎軍を掃討して扈輒の本陣から離れる隙を待っていたようです。

…一体どうやって?、そんな疑問を抱えつつも今週も行ってみよう。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

キングダムがキターーーーー!!

 

※こちらの記事はキングダム691話のネタバレが含まれますのでご注意下さい

あと、691話についてkawausoが毒を吐いているのでキングダムファンの人は、

「言わせて!kawausoの愚痴」のページは読み飛ばす事をおススメします。

 




 

キングダム691話ネタバレ「虎白公の厳しい攻め」

行軍する兵士達b(モブ)

 

話は虎白公(こはくこう)が指揮を取る中央軍から始まります。

趙軍の攻撃に耐えきれずに次々と逃げる事を選択する桓騎兵、すでに厘玉(りんぎょく)黒桜(こくおう)の行方も知れず指揮を取る者もいません。

趙兵は、そんな醜態を曝す桓騎の軍勢を、さすがは野盗崩(やとうくずれ)れと嘲笑(あざわら)います。

一方で、虎白公は残敵を完全に掃討しつつ、桓騎を何としても探し出せと命令しました。

 

虎白公「きさーん、なーに気取って艶ばつけとうとや?

すかーん!わしがそん顔ば八つ裂きにすっで、ちょっと待ちんしゃい」

 

どうも、桓騎に対してライバル意識を抱いているらしい虎白公。

恐らく、今回の戦いを生き残り李牧の配下として桓騎の処刑にかかわるのかも知れません。

しかし、すべてが上手く行っている状態でも、桓騎の行方だけは全く知れませんでした。

 




 

キングダム691話ネタバレ「龍白公は首狩り族に」

三国志のモブ 反乱

 

一方で、こちらは桓騎兵の首を獲っては獄門(ごくもん)に置いていく怒り狂っている二代目龍白公の龍布です。

こちらは、中央軍よりも一方的で逃げ回る桓騎兵を捕らえては首を獲って行くという狂乱状態でした。

ここで、扈輒軍の本陣から桓騎を捕らえるために兵力の半分を中央に回せという命令が龍白公に下ります。

自ら桓騎を八つ裂きにしないと気が済まない龍白公は、副官に現場を任せて中央に移動していきました。

 

こうして、草の根を分けるようにして中央で必死の掃討作戦と桓騎の捜索が開始されますが、桓騎は見つかりません。

当然です。すでに桓騎は中央には存在しないからです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム691話ネタバレ「王翦、ソンビン、ビール瓶」

王翦

 

その頃、久々登場の王翦(おうせん)蒙恬(もうてん)の言葉を思い出し、孫臏(そんびん)と呟きました。

ハッとして振り返る田里弥と倉央に王翦は1つだけ桓騎が取れる策があったと説明します。

 

ここで、キングダムの時代から百年以上前の馬陵の戦いの顛末がナレーションで語られますが簡単に言うと弱いと評判の斉軍を率いる孫臏が強いと評判の魏の将軍龐涓(ほうけん)に戦いを挑み負けたふりをして逃げていきます。

 

魏軍は逃げた斉軍を追撃しますが斉兵の(かまど)の数が8万から4万、2万と毎日半分に減少していきました。

 

竈が減少したという事は兵士が逃げたと早合点(はやがてん)した龐涓は少数の騎兵で斉軍を追いかけていき狭い袋小路に誘い込まれて、そこで逃げたと思っていた斉兵の伏兵に襲われて大敗するというお話です。

 

キングダム691話ネタバレ「扈輒の本陣を襲撃する事のみが桓騎の目標」

桓騎

 

つまり、どういう事かというと

桓騎の狙いは、扈輒の本陣に突進して首を獲る事だけであって、その為に偽りの退却をさせた兵士をいくらか確保して森の中に姿を隠していたという事です。

 

あとは意図的に指揮を放棄して兵力において勝る趙軍に自軍が壊滅させられるのを待ち、龍白公や虎白公が残敵掃討や桓武の捜索に夢中になり扈輒の本隊から離れた所を見計らい、少数の兵で扈輒の本陣を奇襲して勝利するという事です。

桓騎軍は竈を減らしてはいませんが、兵力が脱走で減って行くのを趙軍が誤認して、イケイケドンドンで本陣を無視して攻め込んでくるのを利用してガラ空きになった扈輒を討つので、馬陵の戦いの構図と似てなくはありません。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 鄧禹と兵士
  2. kawausoさんのキングダムがキター!
  3. 餓えた農民(水滸伝)
  4. キングダム54巻amazon
  5. 炎上する城b(モブ)

コメント

  • コメント (14)

  • トラックバックは利用できません。

    • フウヂ
    • 2021年 9月 11日

    遼陽で犬戎をハメたのと同じやり方ですよね。ばらばらに逃げて再集合するあたり。

    • いたる
    • 2021年 9月 10日

    毎週、楽しく読んでいます。
    編集長の方の考えと、そしてコメントの皆さんの考えと、ぶつかり合う、意見し合う、ぶつけ合うのも一つの形と思います。

    編集長の言ってる事も、うーん、確かに。

    でも、あー、そんが言ってる事も、うーん、確かに

    と思います。

    皆さんの意見も含め、読ませて頂いてます。

    それら全てを含めて、このサイトのキングダム考察に魅力を感じます。

    • まー
    • 2021年 9月 09日

    はじめてコメント投稿させて頂きます。
    キングダム本誌を見てから必ずこのサイトの考察を拝見するのがパターンで1年程経ちます。当初は他とは違うオーナー様の知識と考察の表現力に魅了されました。
    ただ、最近は(以前からですが)リアリティに目を向け過ぎる傾向があり、尚且つ愚痴る状態。
    毎回拝見させて頂き、これからも見たいと思う気持ちがあるが故にリアリティとフィクションとのバランスを考慮した上で記事に載せて頂きたく思います。
    私は今回の桓騎の打った策、作者が採用した策はアリだと認識しました。

      • 匿名
      • 2021年 9月 10日

      ネタバレ考察かと思ったら文句ばかりで見る気にもならんな
      改行ばかりで読みにくいし

    • 素朴な疑問
    • 2021年 9月 09日

    素朴な疑問なのですが、今回の部分のどこにカンキが山にずっと隠れていたという描写がありましたか?ただ目の前に現れた描写しかなかったはずですが?なのに山に隠れていたと判断された理由はどこにあるのでしょうか?本陣の後があったけどもぬけのからだったとしかありませんでしたので、私は素朴に敵兵のふりも込みで耐えず移動してたのではないかと思いました。

    • あー
    • 2021年 9月 09日

    今後の展開はカワウソが言ってることとは違う事になると思うよ。
    でもたぶんカワウソはどんなストーリーにしても否定すると思う。
    否定する事に快感を覚えてそう。

    ほんで戦場では命のやり取りのなか精神的ストレスを感じ、いろんな状況が影響するため、カワウソのような机上の空論では簡単なことが実際の現場では簡単で済まされない可能性もありますね。

    まぁなんにしてもネタバレが出た答えに文句を言うことは誰にでもできるし卑怯だね。

    歴史と違うとかリアリティがないとか嫌なら見なければいいし、自分の思うように自分で作品を作れよ。
    ほんでお前の作品とどちらが面白いか世間に聞いてみろ。
    それも出来ずに文句言うのはダサい。

      • いー
      • 2021年 9月 09日

      あーさん、あなたこそ他人を否定することに快感を覚えていそうで、卑怯だと感じますけどね笑笑

        • あー
        • 2021年 9月 09日

        もっと具体的に言えないの?
        君が会話できない人間って事くらいしかわからないわ笑笑笑

      • 九州男児
      • 2021年 9月 09日

      あーさん、あなたの言うとおり、「戦場では命のやり取りのなか精神的ストレスを感じ、いろんな状況が影響するため」やれることは全てやるはず。山への潜伏を考えて探索させるのは普通の考えではないでしょうか?山が多いと分かっているのにそこを放置する方がおかしいと思いますが。山があって潜伏のしやすいのに放置とかありえないと思いますよ。
      山からの奇襲が恐いですよ。「戦場では命のやり取りのなか精神的ストレスを感じる」からこそ山中の探索するはずです。
      これはやはり作品中の違和感ですよ。

      あーさんはこの山の多い戦場で山中を探索しないとか、普通だとお考えでしょうか?それとも扈輒軍がただのザルと言いたいのでしょうか?

        • 匿名
        • 2021年 9月 09日

        山の中を散策って簡単に言えるのが既に机上の空論なんですよ。まず地図の絵だが読者に位置関係を見やすくする為にこじんまりとした地図関係の表現になってるだけで実際はもっと複雑です。そこは察しましょう。
        山の散策を本格的にしようとするとかなりの規模の軍を動かさないといけません、しかも端から抜けなくローラー作戦と言うのなら凄い労力で人員と日数、兵糧をかけることになります。
        今回やっとローラー作戦をしたのは敵が桓騎軍の懐まで入って勝ち確が見えたからです。しかもその範囲は広がってた外から桓騎が居るであろう内に向かっての範囲を絞ったローラーです。そうやって範囲を絞ったローラーが精一杯なんですよ実際は。
        そりゃそうですよね、戦が始まりました→かたや戦ってる最中で上司が急に山が危ないから片っ端から抜けなくローラーしてこいって命令を下します→部下(あの全ての山を見てこいって?アホ上司パワハラきっつw)。ですわ。

        そんな事が簡単に出来るのであれば廉頗四天王のジジイ戦でもジジイが「山をローラー作戦するのじゃ!」っていうでしょ。
        それができないから敵の配置位置を読んでポイントで叩くって言ってたんでしょう。

        ほんで今回終盤でローラー作戦したけど桓騎は既に方位の外だったってだけの話、読み合いで桓騎の方が勝ったってだけ。つかそんな細かいこと言い出したら詳細説明で数ページ使うことになり漫画なんて書けないよ。

        だから浅はかな考えで文句だけ言うのは違うでしょってこと、実際に自分で人にわかるように描いて表現したことないから文句が簡単に出てくるんだよ。

          • あー
          • 2021年 9月 09日

          ごめん反映遅いから連投しちゃった

        • あー
        • 2021年 9月 09日

        山の中を散策って簡単に言えるのが既に机上の空論なんですよ。まず地図の絵だが読者に位置関係を見やすくする為にこじんまりとした地図関係の表現になってるだけで実際はもっと複雑です。そこは察しましょう。
        山の散策を本格的にしようとするとかなりの規模の軍を動かさないといけません、しかも端から抜けなくローラー作戦と言うのなら凄い労力で人員と日数、兵糧をかけることになります。
        今回やっとローラー作戦をしたのは敵が桓騎軍の懐まで入って勝ち確が見えたからです。しかもその範囲は広がってた外から桓騎が居るであろう内に向かっての範囲を絞ったローラーです。そうやって範囲を絞ったローラーが精一杯なんですよ実際は。
        そりゃそうですよね、戦が始まりました→戦ってる最中で上司が急に山が危ないから片っ端から抜けなくローラーしてこいって命令を下します→部下(あの全ての山を見てこいって?この上司パワハラきっつw)。ですわ。

        そんな事が簡単に出来るのであれば廉頗四天王のジジイ戦でもジジイが「山をローラー作戦するのじゃ!」っていうでしょ。
        それができないから敵の配置位置を読んでポイントで叩くって言ってたんでしょう。

        ほんで今回終盤でローラー作戦したけど桓騎は既に包囲の外だったって話、読み合いで桓騎の方が勝っただけ。つかそんな細かいこと言い出したら詳細説明で数ページ使うことになり漫画なんて書けないよ。

        だから浅はかな考えで文句だけ言うのはズルい、実際に自分で人にわかるように描いて表現したことないから文句が簡単に出てくるんだよ。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 9月 09日

    >潜伏場所が左右の山しかない状態で絶対優勢な兵力を持つ趙軍が山中を調べないという状況にそもそも無理があると思いますわ
    桓騎は敵軍に変装して昔から山賊行為をずっと行なってきたので、ザルな捜索網をすり抜けて大胆不敵に敵総本陣を急襲はオハコ。。山陽戦の玄峰に函谷関の毒将軍と同一戦法かと思います。李牧なら罠を仕掛けて待ち伏せてホウケンみたい刺客を準備(信の目の前で殺された尊敬する本能型将軍のヒョウコウ将軍のように)するのでしょうが?
    このあと城郭都市攻めはどうなるか気になります。

      • 邯鄲の夢
      • 2021年 9月 14日

      ブログ主期待の隠し玉登場か?最後は待っていたよ?
      ところでキョウカイはいつ将軍へ昇格するのだろうか?信ら新三将軍は兵員補充も兼ねて前線から一度下げてキョウカイ将軍へ戦線維持を引き継ぎ大将軍への
      道を空けるべきでは?攻城戦で武功をあげれば天才軍略家として昇進も早いかと?新三将軍は運命の地楚の前線へ行ってほしいです。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP