キングダム697話ネタバレ虐殺ダメ絶対!「将軍の役目」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし忙しい方にざっくり解答01 kawausoさん

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

697話では桓騎が趙の数万の投降兵を虐殺したとして咸陽が震撼、秦王嬴政(えいせい)が自ら昌平君の軍を率いて桓騎の下へ駆け付ける事態となりました。

一体、ここからどうなるのか?さっそく読んでみましょう。

kawausoさんのキングダムがキター!

キングダムがキターーーーーー!!

 

※この記事はキングダム697話のネタバレが含まれています。

また、ブログ主のコメントは他のブログの見解と大体異なるので衝撃を受けないようご注意下さい。




 

キングダム697話ネタバレ「哀しみ激怒する邯鄲の人々」

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

漫画の冒頭、燃やされ蒸し焼きになった無数の頭蓋骨が描かれた後、舞台は邯鄲に転じます。そこでは邯鄲の住民が桓騎の軍勢に捕虜が皆殺しにされた事実を守備兵から知らされていました。

 

驚き、嘆き悲しむ邯鄲の住民が吹きだしなしでサイレント風に描かれています。

 




 

キングダム697話ネタバレ「咸陽でも大パニック」

洛陽城

 

次にいつものように鳩が咸陽に向かって飛んでいきます。

伝令係が「桓騎将軍の動向の詳報かな」と呑気に内容を読むとその場に座り込みました。

 

伝令係が咸陽の宮殿で、桓騎軍が捕虜を虐殺した事を継げると、昌文君、昌平君等々が一様に驚愕の表情を見せました。

 

もごもごして人数を言わない伝令に嬴政(えいせい)が「何名だ!」と怒鳴りつけると伝令は

「鳥の報告によると数万人を虐殺した模様」とアバウトは数字を出します。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

キングダム697話ネタバレ「顔を覆う乙女な嬴政」

後悔する孫権

 

数万人という数字を聞いた嬴政は、目を丸くし、玉座から立ち上がると階段を数歩下りて座り、両手で顔を覆いました。

 

乙女です、すんごい乙女な嬴政の様子です。

これまでも幾度も窮地はありましたが、ここまでナイーブな様子を見せた事は無いので、桓騎の虐殺が相当に堪えたようです。

 

キングダム697話ネタバレ「李斯が言葉責め」

ネズミで人生を変えた李斯

 

ここで長い事出番がなかった李斯が登場し昌文君に突っかかります。

 

「分かってはいると思うが、これで中華統一はかなりやりずらくなった!

中華統一とは武力で六ヵ国を征服して終わりではなく、その後六国の住民と平和共存しないといけない。

今回の虐殺でそれが難しくなった。恨みは恨みを呼び趙から六国に広がるだろう。

俺はお前達より深く軍事は知らないが、そもそも桓騎を六将に選んだのは

妥当な人事だったのか?俺は最初に反対したぞ桓騎でいいのか?と」

 

今さら言ってもしょうがない事を小姑のようにちくちく言い出す李斯。

それに対して昌文君は、また弁解めいた事を言いだします。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. キングダム53巻
  2. 羌瘣
  3. 内容に納得がいかないkawauso様
  4. キングダム52巻
  5. kawausoさんのキングダムがキター!

コメント

  • コメント (11)

  • トラックバックは利用できません。

    • にぃ
    • 2021年 10月 29日

    キングダム世界では、秦は弱小国で
    5人の将軍に、自由に侵略の権利を与え
    中華統一の命を下したはいいが

    8万で24万倒さなきゃならないし
    2万に減る程、殺されまくり
    大幹部も切り刻まれ
    逃げたら襲って来る10万の敵軍までを
    2万で、優しくケアしろなんて
    言われたら
    ブラック企業過ぎる(≧▽≦)

    それでも史実で、引き続き桓騎は
    敵の主要な城、幾つも落とし
    更に10万屠るので
    この残存兵2万は
    べらぼーに精鋭に
    描かれるんでしょうネ☆

    • 母性
    • 2021年 10月 29日

    はくきは、剣を王から贈られ自殺したけど政さんは何を贈るかな〰️
    その贈り物が皮肉たっぷりの物で秦王のダークサイドぶりが感じられると良いな

    • 扈輒の夢
    • 2021年 10月 29日

    政には雷土ボックスでも見せて言い訳をするんだろうけど、政も預けた鳥の羽を取り返して信らと同じ一般将軍に戻ってもらって、前線から他将軍を剥がし鄴まで退かせるくらいかと思うんだけどね。

    自分がやらかしたことのケツは自分で拭けと。

    で、復活リーボックにボコられる史実へと。

    • 匿名
    • 2021年 10月 29日

    これからの戦争は他国を弱体化させ優位な立場を得る為の殲滅戦じゃなく戦国七雄を全て併呑する征服戦争だから、
    交戦中での命のやり取りは仕方ないとして相手が降伏したり講和後は後の自国民になる可能性の高い捕虜や投降兵はぞんざいに扱うなって王命が発令されてて桓騎がそれを(意図的に)破ったのならこの展開もまだわかるかな
    そうじゃないなら先代六将(特に白起)なんかもっと大量に敵兵や捕虜殺しまくってたやんって話になるし

    • 転換点
    • 2021年 10月 28日

    たぶん、カンキを褒めに来たんだろうwww
    エイセイの趙への恨みを晴らしてくれた!!と。
    泥は自分で被るために。
    そうしておかないと、いつまでたっても「優しいエイセイ」のままで、「残虐な始皇帝」になれない。

    • 匿名
    • 2021年 10月 28日

    たぶん、カンキを褒めに来たんだろうwww
    エイセイの趙への恨みを晴らしてくれた!!と。
    泥は自分で被るために。
    そうしておかないと、いつまでたっても「優しいエイセイ」のままで、「残虐な始皇帝」になれない。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 10月 28日

    意図したかしないかに関わらずキングダムワールドでもブラックとなった主人公セイの決断はいかに?
    (理想に爆進するブラック企業の若き御曹司社長とヘッドハンティングされてきた汚い手も使うやり手営業部長て雰囲気か?)
    秦の国としての限界点までに中華統一を成し遂げるためにはブラックであったとしても効率第一主義の桓騎は今ははずせない。。セイが桓騎のグチ聴いてお褒めと脅しの言葉を掛けて今回はお咎めなしか?処刑実行部隊の将兵を軍紀違反を理由に見せしめに数人処刑して監視役(露骨に着けるかあるいは隠密🥷🏾部隊を配置するから?)をつけてお開きに。。飛信隊は内戦の危機を招くとして配置展開?大人の対応ができる楽華隊と交代もあるかな???
    原作者予想ではなく人道上の良心と中華統一の理想と天秤にかけてブログ主がブラック君主の立場ならどうしますか?

      • kawauso編集長
      • 2021年 10月 28日

      邯鄲の夢さん:編集長がブラック君主なら、桓騎を罰する事はしませんね。
      ストーリーの都合とはいえ、今回、趙兵の数万人の虐殺で秦が上から下まで大騒ぎはちょっとやりすぎです。
      これが民間人の虐殺ならまだしも、相手は趙兵であり同じく秦兵を殺してきた連中です。
      そんな敵に、泣くほど感情移入する李信や河了貂の行動は全く分からない。
      「降伏するまでは残虐な敵で降伏した瞬間に守るべき被害者になる」なんて切り替えが感情的に可能なのか?
      虐殺された趙兵の中には飛信隊のモブ兵を殺したやつだっているかも知れないのにです。
      戦場で戦っている人間の感覚としては、
      「兵士として敵を殺している以上、自分が殺される覚悟ももっているはず。
      たまたま降伏した相手が悪かった可哀想だけど仕方ないよね」というのが正直な心情かと思います。
      漫画の都合としてか、李信や河了貂を現代的な価値観を持つスーパーいい子ちゃんにしてしまったのは、
      ヒューマニズムを前面に押し出したいという事かも知れませんが人生残酷物語を描く成人漫画としてはどうだろう?

      また、今回の虐殺で六国の秦に対する敵愾心を煽ったとする李斯の発言も?です。
      敵からみれば捕虜だろうと兵士だろうと同胞には変わりないわけで殺害された時点で敵愾心は頂点にいきますよ。
      兵士が殺されるのは仕方ないけど捕虜が殺されるのは許さないなんて、そんな使い分けをするわけがない。
      そんな事言ったら、侵略して戦争する事自体がアウトで全て話し合いで中華統一しか無くなり呂不韋のプランしか成立しなくなる。

      徹底したリアリストである法の権化李斯が、こんな甘っちょろい偽善を口にするのは違和感だらけです。
      むしろ、「過ぎた事は仕方がない、今回の虐殺に至った経緯を桓騎に説明させ無用な敵愾心を煽らないよう対策を取るべき」
      と発言するのが自然で「六国怒っちゃうよ?どうすんの?」と詰め寄るなんて法家の態度ではありません。

      マキャベリの君主論にもあるように、戦争においては侮られるくらいなら恐れられる方が遥かに良い
      「あたしは無駄な血を流しません、七国の人民がみんな仲良く暮らせる理想の国を造りたいの」なんて言い出したら
      敵国人に心底軽蔑されるでしょうし、今後、捕虜を殺しませんと言い出したら、敵国は喜んで捕虜になり
      サボタージュを繰り返して兵糧を食いつぶし作戦遂行が難しくなるように仕向けるものです。

      「あなたの国は滅ぼしますが人民は大事にします」なんて、そんな茶番を信じる人民はいません。
      戦争においては徹底して合理性を追求し、逆らっても無駄であるという諦めを生み出させる事が最上です。
      ここまで残虐にしておいて戦場では微塵も情をかけないでおいて、六国の人民を不安にさせつつも
      一度、統治に入れば、勝利者の横暴を許さず、公平に法を施行するようにすれば
      「あれ?意外に秦王様はいい人じゃね?」という事になります。
      人民は本来、戦争を厭うもので、生活できる限りは蜂起したりしません。
      嬴政は、人民が逆らわない限り慈悲深い君主であるという仮面をかぶっておけばいいのです。

      重要なのは戦争で情をかけるのではなく、戦争が終わり統治が安定してから仁政を敷く事です。
      恐怖によって支配するが、人民の軽蔑を生むようなえこひいきをしない。
      そういうことを繰り返して50年も経過すれば、生まれつき秦の支配を受けた人民ばかりになり
      新たな反乱が起きる事も稀になるでしょう。

        • 邯鄲の夢
        • 2021年 10月 29日

        返答ありがとうございました😭
        現在の地域戦争にも通ずるホモ・サピエンスの論理ですかね?(最近BSPの織田裕二司会のヒューマエンストにはまってまして)
        古代中国に現在の西洋思想の人道主義なんて観点はなく、春秋戦国時代の動乱期に君主の徳で人民を支配するする思想とかされるようになっていくんですね?李斯のこの後の陰謀どう描くのかな?

        • funafuna
        • 2021年 11月 03日

        でも、降伏しても殺されるという認識が他国に広まったら、これから先の戦争では、敵は降伏せずに最後の一人になるまで戦うようになってしまうんじゃないですか?
        一刻も早く天下統一したいのに、毎回敵を全滅させないといけないってなると、ものすごくやりにくくなりますよね?

        戦後の統治うんぬんよりも、そっちの方が大問題だと思うのに、誰も言及しないのがちょい気になります。

          • kawauso編集長
          • 2021年 11月 03日

          funafunaさん:そうとも限りません。
          徹底した殺戮は逆に殺される前に降伏してしまうケースも生みます。
          実際に秦は何度も大量虐殺をやってのけていますが、六国は団結せずに1つ1つ潰されました。
          なぜかといえば、秦に逆らえば標的にされるからです。
          六国が団結して最後の1人まで立ち向かえば確かに秦に勝てるでしょうが、
          しかし、出来れば死にたくない生きたいという臆病心がそれを邪魔します。
          これが人間の弱さというもので、あの国に味方しなければお前は助けると言われると
          死にたくないという臆病心で、勇気も挫けてしまうのです。
          だからマキャヴェリは戦場においては恐れられても侮られるなと教えます。
          中途半端な情は相手から信頼をうけるどころか「秦は俺達を恐れている」と
          むしろ逆襲する心を引き出してしまいます。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP