常播とはどんな人?激しい拷問に耐えて記録に残った蜀臣

2021年10月28日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

正史三国志_書類

 

 

三国志とは後漢から三国時代に活躍した個人の履歴書がまとめられた書物です。だから、重要人物ほど記述の分量が多く、逸話の少ない人や記録が紛失してしまった人の記述は少なくなる傾向があります。

 

正史三国志を執筆する陳寿

 

しかし、編纂(へんさん)するのは人間なので、特別大変な功績じゃなくてもインパクトがある逸話を持つ人物は一点突破で載せる傾向であるようです。

 

常播

 

今回は、激しい拷問に耐えた事で正史三国志に名を残した蜀の常播(じょうは)を紹介します。

 

 

この記事をザックリと解説

人形劇三国志の語り手風 kawausoさん、おとぼけさん

 

では、最初にこの記事をザックリと解説します。

 

1 常播は字を文平(ぶんへい)と言い、蜀郡江原(しょくぐんこうげん)に生まれた
2 若い頃に広都県に出仕し、主簿(しゅぼ)功曹(こうそう)になる。
3 広都(こうと)県長の朱游(しゅゆう)が上司に官の穀物を横領したと
濡れ衣を着せられ逮捕される
4 常播は役所に飛んでいき無罪を主張したので
逮捕投獄され、杖数(つえすう)千回の刑を受ける
5 その後、2年間、常播は3人の獄吏に尋問を受けるが、
「まず刑を執行しろ!俺は多くをしゃべらない」と驚くべきドMぶりを示す
6 同僚の主簿、楊玩(ようがん)が奔走して朱游の冤罪(えんざい)を晴らし、

常播も釈放される

7 世間に忠節を讃えられて孝廉に挙げられ

郪県長に昇進。50歳余りで病死

 

 

以後は、常播について、もう少し詳しく見てみましょう。

 

関連記事:漢の時代の地方官庁ではディスカッションが盛んだった?

関連記事:督郵はつらいヨ!劉備ばかりか満寵にもシバかれた下っ端役人

 

 

常播とは?

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

拷問(ごうもん)に耐えた事で正史三国志に記録された常播は、字を文平と言い蜀郡江原の人です。

 

若い頃に常播は県に出仕して主簿、功曹(人事局長)となりましたが、その頃、県長である広都の朱游は、建興15年(237年)に官の穀物を横領したと上官に偽って告発され重罪に処されました。

 

この時、常播は獄に飛んで行って上司である県長の無罪を主張します。すると当然、「功曹風情(ふぜい)が、お上の決定に意見するのか!」とブチ切れられ、常播も収監され、数千回も杖でシバかれました。

 

ドMの常播をドSの獄吏が叩く変な図式

 

あまりの拷問で、常播の肌膚は切り刻まれて流血し、傷は化膿して膨れ上がり寝る事も出来ない激痛でしたが、常播は「県長が無罪である」という自節を曲げず、獄吏を変える事3名、二年余りも牢獄に幽閉され拷問を受け続けます。

 

朝まで三国志2017表情 kawausoさん04 哀

 

ここまででも、かなり強烈なんですが、この後、常播は性癖(せいへき)?と思えるようなおかしな行動に出ます。

 

関連記事:満寵とはどんな人?裏の顔は泣く子も黙る拷問の達人【年表付】

関連記事:恩赦って何?諸葛亮は恩赦嫌いだった

 

潼関の戦い

 

 

俺を杖で打て!多くを聞くな

望んでむち打ちの刑罰を受ける常播

 

拷問をおこなう前に獄吏(ごくり)は、「どうしてお前は、朱游をかばい立てするのか?」と尋問(じんもん)しました。

 

まあ、当たり前で獄吏の目的は尋問して罪人に自供させる事であり、それが出来ないから拷問を使用するわけで、なにも好き好んで罪人を杖で打ちたいわけではないからです。

 

ところが常播はこれに答えず、言うには

 

病気になった兵士

 

「とにかく急いで俺を打て!多くを質問するな」 言葉はついに(くじ)けなかった。

 

内容に納得がいかないkawauso様

 

いやいやいや、自分から杖を要求してどうするの?

 

朝まで三国志2017表情 kawausoさん03 怒

 

なんとなく勢いで美談にされているけど、質問には答えないで、ひたすら杖で打てと望む罪人相手では、獄吏もさぞかし迷惑したでしょう。これじゃあ、ドMの常播をドSの獄吏が要求通りに杖で叩く変な図式になっちゃいますよ。

 

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

関連記事:三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!

 

佞臣

 

 

惜しくも?無罪放免

洛陽城

 

なんとなくドM疑惑が止まらない常播ですが、同僚で主簿の楊玩が奔走し、遂に朱游は死刑を免れました。常播への拷問もこの時点で中止された事でしょう。人々はみな、常播が県長の為に身の苦痛も忘れて無実を訴えた抗烈な節義を讃えました。

 

そして、恐らくこの拷問に耐えた事が評判となり、孝廉に挙げられて(さい)県長に昇進し、齢五十余で死んだそうです。この話は評判になり、後に県令である潁川(えいせん)趙敦(ちょうとん)が常播の肖像画を描いて褒め称えたのだとか…

 

関連記事:古代中国では歯磨きはしていたの?どんな道具を使っていた?

関連記事:これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)

 

恐らく証拠を持っていなかった常播

水滸伝って何? 書類や本

 

それにしても、弁明はしない!杖で打てとはあまりにも逆立ちした話です。これは推測ですが、常播は県長が無実であるという確かな証拠を持たず、ただ、県長は良い人だ横領なんかするはずがないという正義感だけで突っ走ったのではないでしょうか?

 

過労死する諸葛孔明

 

西暦237年は、すでに諸葛亮(しょかつりょう)が没していますが、蔣琬(しょうえん)は存在して漢中で執務している時ですから、いかに証拠がないとはいえ、拷問しても自節(じせつ)を曲げない常播の話が、蔣琬まで伝わり、朱游の処分は保留になっていたのかも知れません。ここで、同僚の楊玩が動き、とはいっても、どんな無実の証拠を掴んだのかは明らかではありませんが、とにかく嫌疑は晴れたという事でしょうか?

 

無実の上司を救うために拷問を受けていた常播

 

だとすれば常播は蜀の人々に朱游は無実だと訴える為の手段として、敢えて拷問を受け続けたとも考えられます。

 

むち打ちで裁かれる黄蓋

 

これだと、常播は黄蓋の苦肉の策を超えるとんでもない策士という事になりますね。ただ、苦肉の計と比較しても、どう考えてもコスパは合わないですけど

 

関連記事:謎の人物?評価されたのに伝がない皇帝の外戚・呉懿

関連記事:馬超の後を継いだ馬岱はどこに消えたのか?

 

赤壁の戦い

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は、2年間も拷問を受け続けて上司の無罪を証明した常播を紹介しました。コスパはともかくとして、なんとしても無実の上司を救いたいという常播の男気は、賞賛に値すると思います。だからこそ、正史三国志に常播は記載されたのでしょう。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家

関連記事:馮習とはどんな人?蜀に致命傷を与えた馬謖以上の極悪人?

 

三国志とお金の話

 

ぐっすり眠れる!ながら三国志

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての蜀
-