キングダム698話ネタバレ桓騎斬首さる!「虐殺の理由」レビュー考察

2021年11月4日




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

698話では、秦王政が大虐殺についてまともな説明をしない桓騎に対して処刑を命じます。

当然、黒桜が割って入って処刑を阻止、さらに桓騎軍では数少ないインテリの摩論が大虐殺は止むをえなかったと弁明しました。

これで処刑は回避できたかと思いきや部下の努力を無駄にするような一言を桓騎が言い放ちます。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは、今週も行ってみよう!キングダム698話がキターーーーー!!

 

 

※この記事にはキングダム698話のネタバレが含まれるのでご注意下さい。

最近は大人しいですが内容次第でブログ主が毒舌コメントになります。

予定調和に飽き足らない方はカムオン!

 

キングダム話題のトピックス!

桓騎が死亡秒読み?関連記事特集

李牧の最後は戦死?それとも謀殺?関連記事特集

 

 




 

キングダム698話ネタバレ「大王様がやってきた!の巻}

嬴政(始皇帝)

 

昌平君に直属する秦の最強精鋭部隊を率いてきた秦王嬴政に対し、摩論は桓騎軍の有力な一家を集めるように命令します。

問答無用で壊滅させられる事を警戒しているのでしょう。要件も大虐殺の事についてだと理解しているはずです。

桓騎軍と嬴政の軍勢は平野部で対峙しました。

 




 

キングダム698話ネタバレ「容疑者桓騎」

敗北する桓騎

 

戦々恐々の桓騎軍の幹部たちですが、桓騎だけは余裕綽々でテーブルの上に両足を投げだし出迎える素振りもありません。

それに対して馬上から無礼を叱りつける昌文君ですが、そんな事で怯えるような桓騎ではありませんでした。

嬴政は桓騎の無礼は問題にする様子もなく、静かにテーブルに就きます。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム698話ネタバレ「検察官嬴政」

始皇帝に恨みを抱く張良

 

嬴政は、表面上怒りの様子を見せる事なく、なぜ虐殺をしたのかと桓騎に質問しました。

それに対して桓騎は「殺したいから殺した」と短く答えます。

 

それが何故問題なのかとでも言いたげな傲岸不遜な態度です。

 

キングダム698話ネタバレ「はい斬首!」

桓騎

 

嬴政(えいせい)は、桓騎の言い分を聞いた後、今回の大虐殺はいかなる言い分があるにせよ不問に付す事が出来ないと告げ、桓騎を斬首すると告げた上で、もう一度、桓騎に大虐殺の理由を尋問しました。

 

「私は嘘は言わない、なぜ大虐殺をしたのか?」

 

この最後の尋問に対し桓騎は、眉ひとつ動かさず「忘れた」と回答します。

忘れはいないのでしょうが、雷土という自分を慕っていた腹心1人の為に殺したとは言えなかったのでしょう。

それは、自分の弱点を嬴政に打ち明ける事になるからです。

 

嬴政「はい、ざーんしゅ決定!」

 

嬴政は引き連れて来た黒づくめの部下に桓騎の斬首を命じました。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-