キングダム698話ネタバレ桓騎斬首さる!「虐殺の理由」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

698話では、秦王政が大虐殺についてまともな説明をしない桓騎に対して処刑を命じます。

当然、黒桜が割って入って処刑を阻止、さらに桓騎軍では数少ないインテリの摩論が大虐殺は止むをえなかったと弁明しました。

これで処刑は回避できたかと思いきや部下の努力を無駄にするような一言を桓騎が言い放ちます。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは、今週も行ってみよう!キングダム698話がキターーーーー!!

 

 

※この記事にはキングダム698話のネタバレが含まれるのでご注意下さい。

最近は大人しいですが内容次第でブログ主が毒舌コメントになります。

予定調和に飽き足らない方はカムオン!

 




 

キングダム698話ネタバレ「大王様がやってきた!の巻}

嬴政(始皇帝)

 

昌平君に直属する秦の最強精鋭部隊を率いてきた秦王嬴政に対し、摩論は桓騎軍の有力な一家を集めるように命令します。

問答無用で壊滅させられる事を警戒しているのでしょう。要件も大虐殺の事についてだと理解しているはずです。

桓騎軍と嬴政の軍勢は平野部で対峙しました。

 




 

キングダム698話ネタバレ「容疑者桓騎」

敗北する桓騎

 

戦々恐々の桓騎軍の幹部たちですが、桓騎だけは余裕綽々でテーブルの上に両足を投げだし出迎える素振りもありません。

それに対して馬上から無礼を叱りつける昌文君ですが、そんな事で怯えるような桓騎ではありませんでした。

嬴政は桓騎の無礼は問題にする様子もなく、静かにテーブルに就きます。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム698話ネタバレ「検察官嬴政」

始皇帝に恨みを抱く張良

 

嬴政は、表面上怒りの様子を見せる事なく、なぜ虐殺をしたのかと桓騎に質問しました。

それに対して桓騎は「殺したいから殺した」と短く答えます。

 

それが何故問題なのかとでも言いたげな傲岸不遜な態度です。

 

キングダム698話ネタバレ「はい斬首!」

桓騎

 

嬴政(えいせい)は、桓騎の言い分を聞いた後、今回の大虐殺はいかなる言い分があるにせよ不問に付す事が出来ないと告げ、桓騎を斬首すると告げた上で、もう一度、桓騎に大虐殺の理由を尋問しました。

 

「私は嘘は言わない、なぜ大虐殺をしたのか?」

 

この最後の尋問に対し桓騎は、眉ひとつ動かさず「忘れた」と回答します。

忘れはいないのでしょうが、雷土という自分を慕っていた腹心1人の為に殺したとは言えなかったのでしょう。

それは、自分の弱点を嬴政に打ち明ける事になるからです。

 

嬴政「はい、ざーんしゅ決定!」

 

嬴政は引き連れて来た黒づくめの部下に桓騎の斬首を命じました。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 三国志のモブ 反乱

コメント

  • コメント (18)

  • トラックバックは利用できません。

    • 一志
    • 2021年 11月 08日

    >>虐殺者の不名誉に怯える

    そこは違うのでは?
    李牧との対峙の時にも言ってたが、嬴政は統一のみが戦乱を終わらせる唯一の解決手段だという信念があり、そのための悲劇なら百も承知、嬴政自身は暴君だの虐殺者だのという汚名・悪名を歴史に刻むのは覚悟の上だ、という考えでしょう。
    嬴政が怒っているのは桓騎の今回の虐殺はまったくの無駄どころかむしろ統一の妨げになるからであり、綺麗事を言っているわけではなく、多少間引くのは反乱の防止のためやむを得なかったということで列国にも一応言い訳もできるが、全員殺したら言い訳のしようもないだろうという現実的な理由でしょう。人道的な判断ではなく、合理的な視点で。

    今思えば黒羊の人間アーチ(民間人虐殺)についてもお咎めなしだったのも早々に勝利を確実にするには必要だったから、という説明を受ければそれならしょうがないよね、と納得できたからではないでしょうか。

    だから次回桓騎の「一番殺してるのはお前だ」の問いかけにも「そんなのは百も承知だ」という風に開き直るのではないでしょうかね。その上で、統一で戦を終わらせる為の犠牲であり、そのためなら何万人死のうが躊躇しないが、無駄な虐殺、むしろ回り道になるような虐殺は許さない、それに納得できないなら六将の資格はない、という理屈で論破にかかると思いますね。

      • kawauso編集長
      • 2021年 11月 08日

      一志さん:そうでしょうかね?
      六国の反秦感情は多少捕虜を返された程度で緩和されるものでしょうか?
      「10万人死ぬのが9万人になったからこの虐殺は許容範囲だ」と嬴政が思うならともかく
      六国の君主たちは思わないのでは?
      逆に秦兵が趙に捕らえられて10万人死ぬのが9万人になって1万人帰ってきたら
      秦では全滅させられた時よりも反趙感情が1万人分は和らぐという事になるのでしょうか?
      そんな事は無く1人殺されても怒り狂うでしょう。

      回り道になる虐殺と回り道にならない虐殺などという境目はないのであって
      滅ぼされる六国から考えれば「これだけの虐殺は許容範囲」みたいな考えは
      嬴政の傲慢にしか映らないのではないでしょうか?

      追伸

      話がズレてしまいましたが、嬴政が問題にすべきは
      大勢殺したか?少なく殺したか?ではなく桓騎の虐殺がやむない事か
      違法であるかの判断だけであるべきです。

      違法なら1人でも問題であり、やむをえないなら全滅でも無問題です。

      しかし嬴政はそうではなく、殺し過ぎを問題にしている。
      多く殺せば六国の反感を買うから嫌だという事であり、
      それは虐殺者の不名誉が中華統一の妨げになる事を恐れているのであり
      エエカッコシイの独善にしかならないのではないかと私は思います。

    • いっし
    • 2021年 11月 08日

    >>虐殺者の不名誉に怯える

    そこは違うのでは?
    李牧との対峙の時にも言ってたが、嬴政は統一のみが戦乱を終わらせる唯一の解決手段だという信念があり、そのための悲劇なら百も承知、嬴政自身は暴君だの虐殺者だのという汚名・悪名を歴史に刻むのは覚悟の上だ、という考えでしょう。
    嬴政が怒っているのは桓騎の今回の虐殺はまったくの無駄どころかむしろ統一の妨げになるからであり、綺麗事を言っているわけではなく、多少間引くのは反乱の防止のためやむを得なかったということで列国にも一応言い訳もできるが、全員殺したら言い訳のしようもないだろうという現実的な理由でしょう。人道的な判断ではなく、合理的な視点で。

    今思えば黒羊の人間アーチ(民間人虐殺)についてもお咎めなしだったのも早々に勝利を確実にするには必要だったから、という説明を受ければそれならしょうがないよね、と納得できたからではないでしょうか。

    だから次回桓騎の「一番殺してるのはお前だ」の問いかけにも「そんなのは百も承知だ」という風に開き直るのではないでしょうかね。その上で、統一で戦を終わらせる為の犠牲であり、そのためなら何万人死のうが躊躇しないが、無駄な虐殺、むしろ回り道になるような虐殺は許さない、それに納得できないなら六将の資格はない、という理屈で論破にかかると思いますね。

    • 匿名
    • 2021年 11月 08日

    >>虐殺者の不名誉に怯える

    そこは違うのでは?
    李牧との対峙の時にも言ってたが、嬴政は統一のみが戦乱を終わらせる唯一の解決手段だという信念があり、そのための悲劇なら百も承知、嬴政自身は暴君だの虐殺者だのという汚名・悪名を歴史に刻むのは覚悟の上だ、という考えでしょう。
    嬴政が怒っているのは桓騎の今回の虐殺はまったくの無駄どころかむしろ統一の妨げになるからであり、綺麗事を言っているわけではなく、多少間引くのは反乱の防止のためやむを得なかったということで列国にも一応言い訳もできるが、全員殺したら言い訳のしようもないだろうという現実的な理由でしょう。人道的な判断ではなく、合理的な視点で。

    今思えば黒羊の人間アーチ(民間人虐殺)についてもお咎めなしだったのも早々に勝利を確実にするには必要だったから、という説明を受ければそれならしょうがないよね、と納得できたからではないでしょうか。

    だから次回桓騎の「一番殺してるのはお前だ」の問いかけにも「そんなのは百も承知だ」という風に開き直るのではないでしょうかね。その上で、統一で戦を終わらせる為の犠牲であり、そのためなら何万人死のうが躊躇しないが、無駄な虐殺、むしろ回り道になるような虐殺は許さない、それに納得できないなら六将の資格はない、という理屈で論破にかかると思いますね。

    • ぶらし
    • 2021年 11月 07日

    捕虜大量処分と雷土の死は、
    関係ない方が桓騎らしいと思うんですけどね。

    この切り分けができるのが、
    桓騎の戦術家としての長所であり、
    李牧が感じた(人間的な?)欠点であると。

    • 母性
    • 2021年 11月 05日

    かんきの捕虜虐殺はその後のりぼく謀反の讒言→左遷、死刑への伏線だと感じて来ました!かんき敗北→趙民捕らえられたかんき軍全員の斬首を望む→りぼく解放からの流言流布→りぼく呼び出しからの処刑

    もしこの展開を戦略的にやっていたらかんきかっけぇになるのかも。そして秦王も戦の意味、虚しさ、儚さ、やるせなさに、正義心や甘さがぶっ飛びかんきのような闇落ち闇が憑依してくれたらなと

    • エイセイって。。。
    • 2021年 11月 05日

    まず、要点としては、サイコパスなんでしょうね。。。

    私も今回のケースで言えば、カンキが正しいかと。
    相手は一般人ではなく、軍人ですよね。
    しかも、過去には、趙の捕虜になった軍人が、「弟のかたきxxxx」みたいな事も言ってますし、捕虜を殺さなけば、カンキ軍が全滅する可能性もありますよね。
    将軍として、自軍の兵を守る事が最優先ですよね。
    どう見ても、カンキの取った行動は正しいと思います。

    軍人なんです、民間人ではないですよねーー

      • kawauso編集長
      • 2021年 11月 05日

      嬴政はサイコパスですね。
      捕虜が反乱するなら反乱が難しいくらいまで数を減らせばいいとか
      めちゃくちゃ恐ろしい事を言っています。
      一体、どうやって殺す捕虜と殺さない捕虜を分けるのか?
      くじ引きか?面談か?それも桓騎が独断で決めていいのか?
      結局は桓騎に生殺与奪の権を認めているのであり
      「10万人は多いぞ、8万人殺して止めておけ」というようなものです。
      これは到底人道的とは言えません。
      六国の反発が怖いから殺す兵士を減らせというだけで
      結局は打算に過ぎません。
      それに気づいていないなら、全く未熟というほかない。

    • 扈輒の夢
    • 2021年 11月 05日

    桓騎がやったのは不必要な捕虜の虐殺。

    何人殺すのはよくて、何人以上はよくないという倫理を数に置き換えた議論ではなく、摩論の説明を理由とするなら、武装解除した敵軍の捕虜をどの程度の規模ならコントロール出来るのか、飛信隊や楽華隊、王翦軍などの支援を受けて、どの程度なら対処出来るのかなど、降伏者の取り扱いについて真剣に検討した上でしたことなら理屈は立つけど、桓騎はそういう本来やるべき検討は一切せずに、雷土隊が惨殺された報復として問答無用で皆殺しにしただけ。

    しかし、桓騎自身はそういう言い訳をしているのでは無くて、お前は中国統一という方針を示し、他国との戦争を命じたのだから、その過程で敵味方関係なく発生した戦争の死者の最終的な責任は命じたお前にある、そのお前に殺した数を理由に俺を罰する権利があるのか?という根源的な問いかけをしている。

    雷土が言っていた「桓騎は何と戦っているのか」という問いの答えに通じる話なんだと思う。

    嬴政に戦争を命じる側の大義があるなら、桓騎には命じられた戦争で理不尽に死んで行く民の側の怒りがある。

    どちらが正しいかという話ではなくて、嬴政は戦争を命じる者として、戦争を命じたことの意味や戦争の大義、戦争による死者に対する責任を説明する義務があるということだと思う。

    • キングドム
    • 2021年 11月 05日

    捕虜全員を殺そうが、一万、二万を生かそうが、結局大量の捕虜を殺したことに変わりはないし、敵国の怨みを買うのに違いはない。武力で国を統一するとは、そういうこと。生かした捕虜を解放すれば、次の戦いでまた殺すだけ。殺しあいで国を統一する手段を選ぶなら、殺す人数が多ければ多いほど、統一までの時間が短くて済むんじゃねーのか?
    それとも、解放した捕虜はもう俺達を殺しに来ないのか?秦国に刃向かわないとでも言うのか?とか言われたら、返す言葉ないな。

    • 匿名
    • 2021年 11月 05日

    捕虜全員を殺そうが、一万、二万を生かそうが、結局大量の捕虜を殺したことに変わりはないし、敵国の怨みを買うのに違いはない。武力で国を統一するとは、そういうこと。生かした捕虜を解放すれば、次の戦いでまた殺すだけ。殺しあいで国を統一する手段を選ぶなら、殺す人数が多ければ多いほど、統一までの時間が短くて済むんじゃねーのか?
    それとも、解放した捕虜はもう俺達を殺しに来ないのか?秦国に刃向かわないとでも言うのか?とか言われたら、返す言葉ないな。

    • 母性
    • 2021年 11月 04日

    軍律違反でもこの度はライドへの腹いせでの鬱憤ばらしのニュアンスが強いのでその私情で行動したことを咎めるのかなと、同じ死でもお前の死と私の死は違うと、勘違いするなと問い返すのでは?

      • kawauso編集長
      • 2021年 11月 05日

      母性さん:秦王政がその言い方だとすると、桓騎は
      「そんなのはお前の自己満足に過ぎない
      死んでいった人間には等しくただ死の恐怖と苦痛があっただけ
      俺に殺されたら無意味な死で秦王に殺されれば中華統一の大義の為に死んだ崇高な死だと
      そんな風に考えて死ぬ人間はいない、それはお前の傲慢だ」と言い返しそうですね。
      でも、中華統一というのはまさしく、世界はかくあるべきという王者の自己満足です。
      少なくともこの世から戦乱が消えて天寿を全うする人民が増えてくるまでは

    • オギコ
    • 2021年 11月 04日

    所々違ってて、来たのは昌平君ではなくて昌文君。
    殺すしかなかったではなくて、殺したいから。
    あんたではなくて、お前よわばり

    • にぃ
    • 2021年 11月 04日

    『戦力差が埋まった所で止めれば良い!
    10万殺さずとも、9万で良かっただろ!!』

    (…こんなだから、蒙驁将軍みたいには
    尊敬出来ねぇんだよ)
    (≧▽≦)

    なるほどぉ、雷土も
    たった5将軍に中華全土の侵略命じ
    無茶な闘いさせた政のせいだしなぁ。。。

    直情的に桓騎の首斬ったら
    他国がvs秦用に雇って
    かつて国内で、どの将軍も
    成敗出来なかった桓騎軍が
    敵側に成るのにネ

    • 令和の徐福
    • 2021年 11月 04日

    歴史書に大王が来た、と…
    そこから先に何と書いてあるかご存知の方教えてください

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 11月 04日

    >軍律違反で桓騎を斬首というのは、あまりに綺麗事が前面に出た処置だと思いますが、読者の皆さんはどう思いますか?
    ブラック君主の中華統一の夢を妨げるものは大物宰相呂不韋でも六か国の君主でも殱滅するとの強い信念に基づくものだが独自の効率第一主義者桓騎には根本的な矛盾を感じながらも武功による権限拡大と大いなる恩賞に黙って軍令に従ってきたが、ここへきて軍律違反など糞喰らへ的開き直りか?最後は取調官セイのカツ丼食うかか?に対して、被疑者桓騎は大盛麻婆麺🍜と半炒飯が良いと逆要求しそう?🙄

      • 邯鄲の夢
      • 2021年 11月 09日

      被疑者に論破され???(カツ丼食うか?の温情ではなさそう?)
      取調官であるブラック君主は苦悩に満ちた姿。。
      ピュアホワイト将軍が声をかける?
      さて。。。次週巻頭カラー登場で何を語らうのか?
      史記で王之河南。(王、河南に之く)は何を示すのか?
      本当に原作者の信じる前線視察なのか?
      ブログ主解説によれば平陽付近も河南に含まれるとか?本当どうなんだろう?🤔




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP