赤兎馬は汗血馬だった? 現代の「汗血馬」の姿・アハルテケにも迫る




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽に見惚れる赤兎馬

 

「三国志」に登場する伝説の馬といえば、呂布(りょふ)の愛馬であり、その後関羽(かんう)のもとに渡った赤兎馬(せきとば)が有名でしょう。

 

赤兎馬のモデルとなった汗血馬

 

そんな伝説的な名馬である赤兎馬ですが、同じく名馬として名高い汗血馬(かんけつば)と関係があるのではないか、と考える向きもあります。そこで今回は、赤兎馬と汗血馬について、果たして関係があったのか、探っていきたいと思います。

 




赤兎馬とはどんな馬?

赤兎馬

 

赤兎馬とは「正史三国志」「三国志演義」に登場する名馬です。「正史三国志」では赤兎馬に関する記述はわずかですので、ここでは「三国志演義」での赤兎馬についてまず見ていきたいと思います。

 

赤兎馬を可愛がる董卓

 

「三国志演義」によれば、赤兎馬は一日に千里を走る名馬であり、元々は董卓(とうたく)の馬でしたが、董卓は丁原(ていげん)の部下である呂布を引き抜くため、赤兎馬を呂布に贈って気を引きます。

 

赤兎馬が大好きな呂布

 

果たして呂布は丁原を殺して董卓に帰参し、赤兎馬は呂布の相棒となりました。

 

曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽

 

その後、呂布を曹操(そうそう)が滅ぼすと曹操の手に渡り、曹操は降伏した関羽の心をつかむべく関羽に赤兎馬を贈りますが、最後まで関羽の心は義兄・劉備(りゅうび)のもとにあり、曹操は赤兎馬をもってしても関羽の忠誠を勝ち取ることはできませんでした。

 

赤兎馬を乗り回す関羽

 

関羽が呉の呂蒙(りょもう)に敗れて敗死した後、赤兎馬は呉の馬忠(ばちゅう)に捕らえられますが、間もなく食を断って自ら亡くなったと言われています。

 

関連記事:本当に関羽は馬忠が討ち取ったのか?赤兎馬がつなぐ運命と馬忠の真実

関連記事:関平の死因は関羽との関係性にあった?苛烈な父を制御できなかった温厚な性格

 

【武神を殺した漢】
呂蒙

 

【義に生きた武人・関羽】
関羽

 




 

汗血馬とはどんな馬?

汗血馬

 

では、汗血馬とはどのような馬だったのでしょうか。汗血馬は前漢の武帝(ぶてい)の時代に登場した名馬です。

 

武帝は前漢の第7代皇帝

 

当時、遊牧民の匈奴(きょうど)と戦っていた武帝は優れた馬を求めていました。

 

汗血馬を渇望した前漢の第7代皇帝・武帝

 

西域への十数年に渡る大旅行を行った張騫(ちょうけん)から、漢からはるか西方の大宛(だいえん)(フェルガナ)という国に「血のような汗を流し、一日千里を走る」という駿馬がいる、との情報を聞いた武帝は、その「汗血馬」を渇望し、ついには大軍を派遣して大宛を攻め、3000頭の汗血馬を手に入れたのでした。以上が、前漢の「汗血馬」の話でした。

 

関連記事:武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった?

関連記事:匈奴とは何?彼らと三国志の繋がりについて解説

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝

 

 

赤兎馬と汗血馬の共通点

伝説的な汗血馬と出会う張騫

 

以上の記述を見た時、赤兎馬と汗血馬には2つの共通点があります。まず一つは、「赤い色」という要素、もう一つが「西方からやってきた」という点です。

 

汗血馬

 

まず、「赤い色」という点ですが、赤兎馬はその名の通り赤い毛色をした馬ですが、汗血馬も「血のような汗を流す」という記述を信じるならば、赤い血のような汗を流しながら走るということで、汗血馬の毛も「赤い汗」で赤く染まっていたはずです。

 

このように、共に赤い色をした馬ということで、両者は共通しています。

 

三国志 シルクロード

 

また、赤兎馬も汗血馬も、「西方からやってきた」馬です。漢の遥か西方、中央アジアに位置する大宛(フェルガナ)からやってきた汗血馬はもちろんのこと、赤兎馬についても、最初に赤兎馬を所有していたのが董卓だということは注目に値します。

 

董卓

 

董卓は都で政権を握る前は、長年西域に駐屯して羌族(きょうぞく)との戦いを続けていた武将です。そうした董卓の経歴を考えれば、赤兎馬を董卓が手に入れたのも西域でのことであったと考えるのが自然でしょう。従って、赤兎馬もまた、西方からやってきた馬ということになります。

 

赤兎馬と呂布

 

こうしてみると、赤兎馬と汗血馬にはいくつか共通点があります。とはいえ、「汗血馬」という名称が前漢時代以降には見られなくなっている以上、赤兎馬と汗血馬が同一の存在であるという決定的な根拠がないのが現状です。

 

関連記事:匈奴に備えて作った万里の長城のセキュリティって万全だったの?

関連記事:匈奴の劉淵とは何者か?晋朝からの自立を宣言した漢

 

【シルクロードの覇者・西夏王朝】
北宋・南宋

 

 

現代の「汗血馬」の姿

現代の汗血馬ことアハルテケ

 

一方、武帝の時代から2000年以上が経った現代の中国で「汗血馬」と称されている馬がいます。それが中央アジア原産の「アハルテケ」という馬です。この馬は、「幻の馬」「黄金の馬」と呼ばれた、現在ではトルクメニスタンを中心に全世界で育成されている貴重な馬です。

 

砂漠に溶け込むための毛色をしていたアハルテケ

 

アハルテケの姿を見ると、耳が非常に長いのが特徴です。「赤兎馬」の意味を「兎のような赤い馬」と解釈すれば、ウサギのように耳が長いアハルテケはまさにその特徴に合致するのではないでしょうか。また、アハルテケはその金色の毛色ゆえに、寄生虫に吸血された際の出血が目立ちやすく、その姿はまるで血の汗を流しているように見えるとのことです。こうしてみると、長い耳を持ち、金色の毛に血が滲んだアハルテケの姿が、血のような汗を流す汗血馬、そして「兎のような馬」である赤兎馬の姿と重なってくるような気がしてきませんか?

 

関連記事:赤兎馬(汗血馬)は西域産?それとも南蛮産?赤兎馬の産地考察

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 

 

三国志ライター Alst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか。

 

赤兎馬にまたがる呂布

 

本文でも述べたように、赤兎馬と汗血馬が同じ馬であることを示す明確な根拠はありません。しかし、現代において「汗血馬」と呼ばれているアハルテケの特徴と赤兎馬の類似点や、「西方からやってきた」という共通点を考えれば、この記事をまとめた筆者個人としては、赤兎馬と汗血馬には少なくとも何らかの関係はあったのではないか、と思っています。

 

皆さんはいかがでしょうか?

 

関連記事:赤兎馬はポニーレベル?ちっちゃくてもパワフルな名馬

関連記事:祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった?

 

【馬が動かした中国史】
馬が動かした中国史

 

 




 

関連記事

  1. 袁術の最後
  2. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  3. 不満が溜まる魏延
  4. 法正が亡くなり悲しむ劉備
  5. 夏侯惇
  6. 夏侯惇

    デザイン担当:よりぶりん

    夏候惇と言えば独眼竜?

    曹操(そうそう)のいとこにして、腹心の夏候…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 11月 04日

    馬こそが私の専門分野なんですが、以前にも語ったので此処は静観してみます。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP