キングダム701話ネタバレ李牧の前にあの男が…「大将軍の帰還」レビュー考察

はじめての三国志_ページネーション

こちらは3ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

キングダム701話(1P目)




キングダム702話大予想

君主論18 kawausoさん

 

なかば、ナレ死の形ですが廉頗が趙に復帰しようとして郭開に阻まれた史実が出てきました。これで郭開の性格の悪さが際立ち、悪役としてもワンランク上に上がりました。

 

また、今回からは韓倉という郭開の腹心らしき人物が登場し戦争の指揮は出来なさそうですが、保身については郭開に輪を掛けて上手そうですね。この佞臣コンビで李牧と司馬尚の名将コンビに対抗するのでしょうか?

 

ようやく李牧VS桓騎の宿命の対決が幕を開けましたが、敗北が分っている桓騎を使い、作者がどのように李牧と絡ませていくのか楽しみです。

 




キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いつもながら李牧が率いているメンツは豪華でしたね。

この人材の厚さに桓騎はどのように対抗していくのか?すでに登場した実は女性だった砂鬼一家が特殊で残忍な能力で李牧軍にダメージを与えたりするのでしょうか?

 

現在の所、人材の量でも質でも桓騎軍は負けている感じですが、やはり飛信隊や玉鳳軍、楽華軍の援護を受けて戦うのか?今後が楽しみです。

最新12月2日更新!:キングダム702話ネタバレ予想的中じゃあ!「驚くべきもの」レビュー考察

 

前回記事:キングダム700話ネタバレ砂鬼の正体は美女「戦後の軋み」レビュー考察

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム699話ネタバレ嬴政が泣いちゃう「首級の数」レビュー考察

関連記事:キングダム699話ネタバレ予想「桓騎は有罪か無罪か?考えてみよう」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 




< 1 2

3

関連記事

  1. kawausoさんのキングダムがキター!
  2. kawausoさんのキングダムがキター!
  3. キングダム52巻
  4. kawauso
  5. キングダム52巻

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • にぃ
    • 2021年 12月 01日

    廉頗が楚で、バリバリ闘ってる所
    描いちゃったから

    楚vs秦の時は
    [廉頗&項燕&媧燐]vs[信&蒙恬]
    ですネ

    始めから
    勝てる気がしない(≧▽≦)

    • きんぐだむ
    • 2021年 11月 26日

    とうとう始まってしまいますね!!桓騎vs李牧!
    史実では趙が滅ぼされる前に韓が征服されますが桓騎戦のあとになるのかな??
    桓騎軍めっちゃキャラ濃いので李牧に全滅させられたら悲しいなー。李牧もずっとメインの敵キャラでしたし、趙が滅亡したら漫画的に魅力的なキャラクターが一気にいなくなってしまいますね。まぁ絶対カイネやフテイは李牧の意思を継いで嘉太子と代を建てる流れでしょうけども。
    桓騎軍のメンバー改心して飛信隊に入らないかなー。ナキさんみたく。廉頗めちゃくちゃいい人なのに郭開のせいでかわいそう。史実にはこれで終わりっぽいけど、漫画ではまた登場してほしいですね。桓騎vs李牧がどんな戦の展開をしていくのか非常に気になるところです。嬴政が連れてきた咸陽からの軍も桓騎軍に入ってることだし、飛信隊ももちろん加わると思うけど、どうなっていくのか。続き待ちきれないですね!!

    • 令和の徐福
    • 2021年 11月 25日

    桓騎は悪役だけどこんな奴でも没後は読者が悲しんだりするのかな?
    早く李牧にやっつけて欲しいと願ってるのは私だけじゃ無いはずw
    六大将軍は全員そうだが桓騎も性格や生い立ちが謎だらけ
    そこを浮き彫りにする事で新たな人間ドラマが生まれ感情移入する読者が嗚咽するような展開になるのか
    作者の腕の見せ所

      • 邯鄲の夢
      • 2021年 11月 30日

      いよいよ平陽の戦いスタート!
      初雪原。。。王翦も。。で次週休載。。
      何事もなかったような。。因縁の両将軍???




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP