八王の乱の素朴な疑問!恵帝が恐れていたのではない、賈南風が好き勝手できた理由




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬亮

 

八王(はちおう)の乱のスタートダッシュを切るのは司馬亮(しばりょう)、そしてその司馬亮と対立した皇后・賈南風(かなんぷう)です。

 

粛清を繰り返す賈南風

 

晋書でもろくでもないことばかり書かれている賈南風で、夫であり皇帝である恵帝(けいてい)もまた彼女を恐れていたと言われています。しかし本当に彼らの間にはそれしかなかったのか?

 

今回は八王の乱を見て、別角度から恵帝と賈南風の関係を見てみようと思います。

 




ろくでもない賈南風

賈南風

 

賈南風の記録は晋書にて書かれていますが、背が低く色黒で容貌が良くなくて嫉妬深くて陰湿で残忍という、恐ろしくなるほどろくでもない人物像しか記録されていません。

 

司馬衷の即位&賈南風の皇后就任

 

ただしその夫となる皇帝・司馬衷(しばちゅう)もまた皇帝に相応しくない人間として、また賈南風を恐れて彼女が生きている内は何もできなかったようなことばかり記録されています。それは晋の初代皇帝、司馬炎(しばえん)が在命時からであり、当時から皇太子を変えるように周囲から良く進言されていたと言います。

 

関連記事:賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女

関連記事:司馬越とはどんな人?八王の乱の一人で全ての終焉となった漢

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 




 

賢いか?小賢しいか?

悩む司馬炎

 

後継者に不安を持ったのか、司馬炎は司馬衷に問題を出します。いわゆるテストみたいなもので、これに回答出来なかったら……とう算段だったのでしょう。

 

司馬衷のカンニングを手伝う賈南風

 

これに動いたのが賈南風、彼女は問題の回答を他人に作らせ、しかも完璧に回答させたら疑われるから、という年の入用で及第点ギリギリの回答を作らせました。これによって司馬炎は「まあこれくらいなら良いか」となったのか司馬衷を皇太子にしたまま、崩御することとなります。

 

関連記事:司馬炎はなぜ呉を滅ぼすのに15年かかった?中華統一はどうでもいいの?

関連記事:【西晋の内乱】八王の乱・前編 司馬炎の一族と悪女賈南風の死因

 

【中国史上最も醜い争い】
八王の乱

 

 

泥沼スタート

病で亡くなる司馬炎

 

そして司馬炎崩御、恵帝となった司馬衷、皇后になった賈南風。ここから八王の乱が始まります。

 

誅殺大好きな賈南風

 

様々な犠牲が出るも、賈南風のやりたい放題の政治は300年に終結。しかしそれでもなお八王の乱が止まることはなく、晋王朝の崩壊へとどんどん加速していくことになりますが、それはまた別のお話。

 

関連記事:苛烈な悪妻・賈南風はどうやって権力を握ったの?晋の皇后誕生秘話

関連記事:賈充の娘である賈南風はドン引きするほどの悪女だった

 

【晋王朝のマイナー武将】
晋王朝のマイナー武将

 

 

恵帝と賈南風の関係

司馬衷の妻に選ばれる賈南風

 

さて、恵帝と賈南風は皇帝と皇后、簡潔に言うと夫婦ですが、その夫婦仲については良く分かりません。「恵帝は悪妻である賈南風を怖がっていたよ」という断片的な記録しかなく、また賈南風が悪し様に書かれていること、賈南風が在命時は恵帝が殆ど表舞台に出てこないので「良く分からないけどまあそうだろうな」としか思えませんよね。

 

三国志を楽しく語るライターセン様

 

しかしここで敢えて、恵帝と賈南風はそんなに仲が悪くなかったんじゃないか説をちょっとだけ、ほんの少しだけ考えてみたいと思います!

 

関連記事:皇帝と王って何が違うの?魏王は偉い?爵位授与とは?分かるとより楽しめる三国志雑学

関連記事:司馬顒とはどんな人?模範となれなかった八王の乱の一人

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 韓遂
  2. 呉の勢力を率いる孫策
  3. 曹操を裏切る陳宮
  4. 孟獲キャッチコピー
  5. 馬謖
  6. 曹操と虎豹騎

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP