キングダム699話ネタバレ予想「桓騎は有罪か無罪か?考えてみよう」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

嬴政(始皇帝)

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム698話では桓騎による投降兵虐殺を巡り秦王嬴政(えいせい)が一時は処刑を命じる程に緊迫しました。

 

熱血ヒーロー君主である嬴政から見れば、桓騎の虐殺自体が許せないのかなとkawausoは考えていましたが、どうも話の流れを見ると嬴政の言い分の方が無茶ではないかと思えてきました。

 




 

キングダム699話ネタバレ予想「嬴政の言い分」

始皇帝(キングダム)

 

では、最初に嬴政の言い分について考えてみます。

 

捕虜の虐殺そのものではなく「殺した人数の多さ」を問題にしている
捕虜を管理できないなら管理可能な人数まで「間引け」ばいいのに

どうしてそうしなかったのかが不満

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

嬴政の言い分というのは、極論すると虐殺数が多すぎるのではないか?

 

そもそも普段から桓騎軍は無駄に敵の命を奪いすぎているというものであり、六国の余計な憎悪を買い、中華統一の妨げになるというものでした。

 

関連記事:キングダム697話ネタバレ虐殺ダメ絶対!「将軍の役目」レビュー考察

関連記事:キングダム696話ネタバレ虐殺は超地味に?「解放の噂」レビュー考察

 




 

キングダム699話ネタバレ予想「摩論の言い分」

曹爽

 

一方で、実際に作戦の指揮を執った摩論の言い分を見てみましょう。

 

兵力が少ないので趙兵に王翦軍や楊端和軍が向かってきていると嘘の情報を流し、降伏を呼びかけたら想像以上に捕虜が集まった。
味方より捕虜の数が多く、その事が敵にバレて反乱を起こされると敗北する恐れがあり、やむなく全員を虐殺するに到った。

逃亡する兵士 三国志ver

 

摩論の言い分は決して口から出まかせでないのは、捕虜が膨大な数になる事を当初から不安視していた点や、捕虜の中に秦軍への復讐を誓う兵士もいた事から裏付けられます。

行軍する兵士達b(モブ)

 

また、平陽から桓騎軍が駐屯しているポイントまでは、そこまで離れている様子がなく、飛信隊が逆襲を警戒しているとはいえ、桓騎が投降兵を解放した場合、彼らが平陽に逃げ戻り敗残兵を吸収した虎白公(こはくこう)が攻勢に転じる恐れもありました。

 

関連記事:キングダム696話ネタバレ予想「桓騎は降伏した趙兵をどう処刑する?」

関連記事:キングダム695話ネタバレ桓騎の怒り大爆発「箱」レビュー考察

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム699話ネタバレ予想「桓騎の行動は衝動的な怒りによるものか?」

桓騎 キングダム

 

そもそも桓騎は降伏させた捕虜を解放するつもりだったのでしょうか?

 

話の流れを見ると、桓騎は無残な殺され方をした腹心の雷土に対する復讐心で投降兵を皆殺しにしたように見えます。

 

しかし、桓騎が膨大な投降兵を殺さずに処置する方法について検討していた様子はありません。つまり、桓騎は雷土の事があろうとなかろうと、投降兵を皆殺しにするつもりだったのでは?とも考えられるのです。

 

他に方法がないので、最初から趙兵を騙して投降させ皆殺しにする計画なら残虐極まりない事ではありますが、現場にいない嬴政に桓騎を非難する事は出来ません。

 

桓騎(キングダム風)

 

何故なら投降兵を人道的に扱い、叛かれて味方が全滅したら嬴政は桓騎を罪に問うに違いないからです。

 

関連記事:桓騎の死んだフリ伏兵が可能かどうか?真剣に考えた【キングダムネタバレ考察】

関連記事:【キングダム】戦国七雄で一番強かったのはどの国の兵士?【ランキング】

 

キングダム699話ネタバレ予想「虐殺を少なめにという偽善」

内容に納得がいかないkawauso様

 

嬴政の尋問で一番偽善だなと思ったのが、投降兵を管理できないなら管理できる程度まで数を減らすべきで皆殺しにする必要はないのではないか?という間引き理論です。

 

そして、どうして皆殺しがダメなのかと言うと、皆殺しにすると六国の無用な怒りを買い、中華統一が困難になるという理由でした。

 

これは大変な偽善だとkawausoは思います。10万人を皆殺しにすれば六国は激怒するが、9万人殺して1万人を還してやれば、そんなに怒らないのではないか?と嬴政は言っているのです。

 

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

こんな事が現実に起こり得るでしょうか?

9万人を殺すのと10万人殺すのとでは、9万人を殺すほうが1万人の命を救うのだから敵の怒りはその分軽減される?そんな事はありえないでしょう。

 

関連記事:キングダム694話ネタバレ扈輒死すそして惨劇が「情報戦」レビュー考察

関連記事:キングダム693話ネタバレ扈輒は変態だった!「浅い話」レビュー考察

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 炎上する城b(モブ)
  2. キングダム
  3. キングダム54巻amazon
  4. キングダム54巻amazon
  5. 君主論18 kawausoさん
  6. キングダム

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 11月 10日

    太公望曰く「皆殺しにすればよいでしょう」

    実際の始皇帝の行為からしてぬるい方向には進めないでしょう。
    乗っかって自分の言いたいことぎゃーすか喚いている書き込みが目立つが…

    • 母性
    • 2021年 11月 10日

    私はカンキを擁護できませんね。戦には勝ったがやはり人心掌握という点で失敗です。降伏を呼び掛ける際、おうせんの名前を出すなど自分達はダメですよと自覚している時点でやはり軍というよりやとう止まりなのかと、しかし任命したのは王なのでかんきにいちゃもんつけるのもどうなのかと、。

    結論どっちもやばい

    回想ではくきの処刑の場面を描くと面白いですね。きっとしょうおうも同じように悩んだと思うので

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 11月 10日

    ブラック君主の苦悩を描く事が原作者の意図か?
    ピュアホワイト将軍はブラック君主の影武者ヒョウの代わりの理想の懐刀。。手を汚さず敵を殱滅してくれる。
    一方中華統一へのリアルな戦いの象徴が被疑者。。。効率第一主義者で軍司令のムチャな要求にも部下や敵の命などお構いなしに任務を遂行。。そのため部下の略奪暴行行為にも眼をつぶる。
    さてピュアホワイト将軍との語らいで取調官ブラック君主はどう癒されるか???🙄

    • 扈輒の夢
    • 2021年 11月 10日

    この点に関しては私はブログ主さんを支持していません。

    敵国民を一切殺すなと言えば中華統一なんぞ出来ません。

    逆に敵国民を根絶やしにしろと言っても、中華統一なんぞ出来ない。虐殺されるのが分かっている相手は、死ぬ気でかかって来ますからね。

    他国への侵略は他国民を殺すことというのは当たり前ですが、例えば秦国民以外を皆殺しにしても中華統一さえ出来ればそれでいいのか、それとも難しくても出来るだけ多くの中華の人々が共存出来る形を目指すのか。

    綺麗事と仰るでしょうが、私は桓騎がやったような秦国民だけが生き残り、他国民を皆殺しにする中華統一は、中華統一にはならないと思います。

    あくまで他国民を滅ぼしただけで、他国民を「統一」した訳じゃ無いんで。

    桓騎軍だけの戦なら、摩論の主張する捕虜を維持出来ないという理由も成り立つかも知れないが、すぐ近くに王翦軍、楊端和軍が展開し、飛信隊も押し込んでいるんだから、10万近い扈輒軍が崩壊した以上彼らは自由に動けます。

    それを使わず皆殺しにしたのは、やはり桓騎の私情に過ぎず、それを正当化する理屈はありません。

    嬴政が大軍を率いながら桓騎の開き直りに負けて斬れ無かったのは、呂不韋が指摘した大王の甘さに通ずる部分でもあります。

    嬴政はその甘さのツケを李牧率いる趙軍の逆襲とひいては昌平君の裏切りによって払わされることになります。

    皆殺しはあくまで全ての手段を検討した上で、それしか無い場合の緊急手段であって、それを一切検討していない桓騎の私怨による大量虐殺を正当化するのは、十数万人の部下を見捨てて逃げた扈輒以下のクソだと思う。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP