北方謙三先生とはどんな人?日本を代表するハードボイルド作家の経歴や原点に迫る


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北方謙三風ハードボイルドな孫策

 

北方謙三(きたかたけんぞう)先生は日本を代表するハードボイルド作家として知られ、近年では『三国志』『水滸伝』などの歴史小説を多く世に送り出し、2000年からは直木賞の選考委員も務められています。今回は、そんな北方謙三先生の青春時代を中心に、その作家としての原点に迫っていきたいと思います。

 

 

北方謙三先生の幼少時代

 

北方謙三先生は1947年に佐賀県唐津市に生まれました。父は貨物船の船長であり、一年のうちほとんどは家族と離れ離れの生活を送っていました。そんな中、北方謙三先生の父は航海から帰るたびに、父に会うために横浜に行っていた幼き日の北方先生に本を買い与えていました。

 

この幼少時の読書経験が、北方謙三先生の作家としての原点であったと言われています。北方謙三先生はしばしば講演会や対談などで、自らの小説家としての原点に、幼少期に父から与えられた本を読んでいたことを挙げています。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の曹操は過激?万民の安寧を図るために「後漢の腐った血統」を入れ替える事に奔走

関連記事:北方謙三『三国志』の劉備、漢王朝復興の志を秘めた激情家と新たな劉備像

 

 

 

北方謙三先生の青年時代

 

唐津に生まれた北方謙三先生でしたが、貨物船の船長であった父の仕事の影響で川崎に移ります。その後は、東京都内の私立中学・高校に進学します。

 

 

中高生時代の北方謙三先生は筋金入りの文学少年となり、『ロビンソン・クルーソー』や『ハックルベリー・フィンの冒険』を読んだことをきっかけにアメリカ文学に傾倒します。

 

 

その後も『世界文学全集』からドストエフスキーやヘミングウェイなどを読破するなど、読書に耽溺する青春時代を送ります。しかし、北方謙三先生に転機が訪れたのは高校3年生のときでした。高校3年生の時に北方謙三先生は肺結核に感染してしまいます。

 

北方謙三先生が高校生であった1960年代にはすでに肺結核は不治の病ではありませんでしたが、結核に罹患したことは北方先生に「死」というものを強く意識させ、これが後の創作活動に影響を与えたとしばしば北方謙三先生は対談で語っています。

 

また、肺結核に感染したことで北方謙三先生は大学進学や就職への道が絶たれ、大きな挫折を経験します。しかし、北方先生は自分で健康診断書を書き換え、中央大学に進学します。少し前までは死に至る病として恐れられていた結核を経験したことで、北方謙三先生は社会人としての道を諦めます。

 

そして、小説家には結核持ちが多いことを知り、北方謙三先生いわく、「結核にかかった自分は作家としてはエリートだ」とポジティブに考え、小説家としての道を進むことになります。このように結核という大病を経験したことが、豪放磊落(ごうほうらいらく)な北方謙三先生の作風の原点となったのですね。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の諸葛亮、名誉欲を秘めた人間臭い若者の葛藤

関連記事:北方謙三『三国志』は間諜の闘いでもある!間者の功防戦も熱い北方三国志

 

北方謙三三国志

 

 

北方謙三先生の駆け出し時代

 

こうして小説家の道を進んだ北方先生は、大学在学中の1970年に雑誌『新潮』でデビューを果たし、「大江健三郎(おおえけんざぶろう)以来の学生作家」と高い評価を受けます。その後、1973年には大学を卒業し、アルバイトをしながら小説家としての活動を行います。

 

しかし、残念ながら小説家になってすぐの頃はあまり売れなかったらしく、北方先生いわく床から天井に届くほどの原稿を書いても、掲載されるのはごくわずかでした。学生作家として華々しいデビューを飾った北方先生のプライドはこうしてへし折られてしまい、北方先生は人生において二度目の挫折を経験することとなりました。

 

そんな北方先生が挫折を経験してもなお文筆活動を続けられたのは、父の言葉のおかげでした。北方先生の父は息子が小説家という職業に就くことをあまりよく思っていませんでしたが、「男は10年同じ場所にじっとしていられるかどうかによって、本物かどうかが決まる」という言葉を息子にかけたのです。

 

これ以降、北方先生はこの父の言葉を胸にがむしゃらに進んでいくことになります。

 

こうして北方先生はほぼ1か月に1冊を書き上げるという、「月刊北方」と呼ばれるほどの凄まじいベースで作品を書き上げていきます。また、編集者のアドバイスを受け、当初の純文学からエンターテインメント小説に路線を変更しました。

 

 

これが功を奏し、1981年に『弔鐘(ちゅうしょう)はるかなり』でついに単行本デビューを果たします。この時、1970年のデビューから11年が経っていました。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の魅力・面白さとは?魅力的な漢たちの世界に飛び込んでみよう

関連記事:北方謙三『三国志』の曹丕、父親に愛されず愛情に飢え、愛されることも知らない漢の葛藤

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

 

ハードボイルドの騎手、そして歴史小説へ

 

単行本デビューを果たした北方謙三先生は一気に人気作家となり、持ち前の速筆でヒット作を次々と送り出します。そして、いつしか北方先生は日本を代表するハードボイルド作家となっていました。

 

 

そして、1989年には南北朝時代を舞台とした『武王の門』を発表して歴史小説の世界にも進出し、『三国志』『水滸伝』などの大作を世に送り出し、さまざまな文学賞を受賞しました。

 

 

2000年には直木賞の選考委員となるなど、文壇の重鎮としての地位を確固たるものとしていきました。現在も北方先生の創作意欲は衰えを見せず、2018年からはモンゴル帝国を築いたチンギス・ハーンを主人公とした『チンギス紀』の連載を行っています。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の袁紹、華北に一大勢力を築いた漢の名族の生き様に迫る

関連記事:天下への志を抑えきれなかった北方謙三『三国志』の孫策、江東の小覇王はいかにして散ったのか?

 

よかミカンのブラック三国志入門

 

三国志ライター Alst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか?

こうしてみますと、北方謙三先生も波乱万丈の人生を送りつつも、その中で挫折を乗り越えて今の地位を築かれたのですね。挫折とそれをがむしゃらに乗り越えていった人生経験が、苦悩しながらも強く生き抜いていく北方作品に登場する漢たちの生きざまに反映されているのですね。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の荀彧は曹操による「漢王朝の腐った血」の入れ替えを阻止する漢の生涯

関連記事:北方謙三『三国志』の馬謖は姜維を蜀に帰順させ調略も得意な諸葛亮の右腕

 

新解釈・三國志

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Alst49

Alst49

大学院で西洋古代史を研究しています。中学1年生で横山光輝『三国志』と塩野七生『ローマ人の物語』に出会ったことが歴史研究の道に進むきっかけとなりました。専門とする地域は洋の東西で異なりますが、古代史のロマンに取りつかれた一人です。 好きな歴史人物: アウグストゥス、張遼 何か一言: ライターとしてまだ駆け出しですが、どうぞ宜しくお願い致します。

-北方謙三
-