北方謙三『三国志』の劉備、漢王朝復興の志を秘めた激情家と新たな劉備像

2021年12月24日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北方謙三風ハードボイルドな豪傑(曹操・劉備・孫堅)

 

北方謙三(きたかたけんぞう)先生の『三国志』シリーズ(以下、「北方三国志」とします。)には、多彩な登場人物が登場します。

 

北方謙三 三国志を読む桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛

 

今回は、そんな「北方三国志」の登場人物の中でも、主人公の一人であり、作中でも最も魅力ある人物の一人と言ってもよい英雄・劉備(りゅうび)について迫っていきたい共います。

 

 

漢王朝復興の志を秘めた漢・劉備

北方謙三 ハードボイルドな劉備

 

「北方三国志」の劉備は、一般的な三国志作品の劉備と同じく、漢王朝の皇帝の末裔として、衰退した漢王朝を再建することを目指していきます。

 

北方謙三 ハードボイルドな張飛

 

幽州(ゆうしゅう)の片田舎で無頼漢のような生活を送りながらも、大志を胸の内に秘めた劉備は、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)といったかけがえのない仲間たちと出会い、自らの夢に向かって駆け出していくことになるのです。

 

三国志の主人公の劉備

 

作中での劉備は、漢王朝を復興することを目指すのはもちろんのこと、理想的な国家の在り方を明確に思い描き、漢を理想的な国家とすべく奮闘していきます。

 

この、劉備の抱く「理想的な国家像」の存在こそが、他の作品にはない「北方三国志」の特徴なのです。劉備の思い描く「理想的な国家」とは、永遠に続く王朝、すなわち神聖な万世一系の血統のもとに人々が統合する国家です。

 

劉備は、漢王朝こそがこの万世一系の血統となるべき存在であり、腐敗した漢王朝を立て直すことで自らの理想とする国家を築くことができると信じ、戦いに身を投じていきます。

 

北方謙三 ハードボイルドな曹操

 

一方、こうした劉備の思想と真っ向から対立するのが曹操(そうそう)でした。曹操は漢王朝を「腐った血」と断じ、漢王朝を滅ぼして自らの王朝を建設する、いわば「血の入れ替え」を通じて国家をあるべき姿に導くことを主張します。

 

悪役の曹操、正義の味方の劉備

 

そして、劉備と曹操の対照的な思想は最後まで交わることなく、二人は最大のライバルとして激しい争いを繰り広げていくことになります。このような、理想と理想のぶつかり合いというのも、「北方三国志」の面白さのひとつと言えるのです。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の諸葛亮、名誉欲を秘めた人間臭い若者の葛藤

関連記事:北方謙三『三国志』は間諜の闘いでもある!間者の功防戦も熱い北方三国志

 

曹操孟徳

 

 

 

信義の人・劉備

北方謙三 ハードボイルドな関羽

 

作中での劉備は、何よりも信義を重んじる人物として描かれています。例えば、作中冒頭の劉備と関羽・張飛が出会うシーンは、商人に雇われて馬の輸送を請け負った劉備たち荒くれ者の一団が酒を酌み交わす場面から始まります。

 

荒くれ者たちは、自分たちよりはるかに数の多い盗賊団が待ち受けていることを知り、任務を捨てて逃げ出そうとしますが、劉備はあくまで約束を守ろうとして命を顧みず、たとえ一人となっても盗賊団に立ち向かおうとします。

 

この心意気に感服した関羽と張飛は、劉備とともに危険を承知で輸送任務に加わり、これがきっかけとなって三人は義兄弟の誓いを結ぶのです。このシーンに代表されるように、「北方三国志」の劉備はことあるごとに損得勘定を無視してでも、信義を守ることを何より重んじる性格に描かれています。

 

こうした劉備の性格こそが、関羽・張飛をはじめとする多くの好漢たちが劉備を主と慕う要因なのです。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の魅力・面白さとは?魅力的な漢たちの世界に飛び込んでみよう

関連記事:北方謙三『三国志』の曹丕、父親に愛されず愛情に飢え、愛されることも知らない漢の葛藤

 

関羽

 

激情家・劉備

ブチギレる劉備

 

しかし、「北方三国志」の劉備はただの人の好いだけの人物ではありません。作中で描かれている劉備は、温厚で人の好い人格の奥底に、とてつもない激情を秘めているのです。

 

劉備の黒歴史

 

例えば、黄巾(こうきん)の乱で出世した劉備が安喜県の尉(警察署長)となった際、賄賂を求める督郵(とくゆう)に激怒した劉備は、無言で督郵をめった打ちにします。このままでは督郵が死んでしまうというところで、張飛が止めに入り、督郵は難を逃れます。

 

このエピソード、「三国志演義」では督郵を殴打した張飛を温厚な劉備がなだめるストーリーになっていますが、「北方三国志」ではそれをあえてあべこべにすることで、劉備の心の奥底にある激情を表現しています。

 

キレる劉備になだめる黄権

 

また、同盟相手であった孫権(そんけん)の裏切りによって、義弟の関羽が非業の死を遂げた時、張飛は関羽の死に対して、やり場のない怒りと悔しさを感じながらも、一軍の将らしく、「戦場に死はつきもの」とすぐに割り切っている一方、劉備は義弟の関羽の死に激昂し、張飛や諸葛亮(しょかつりょう)の説得を振り切り、漢王朝再興の夢を捨ててまでも関羽の仇討ちへと打って出ます。

 

こうした温厚で人の好い劉備が時折見せる激情もまた、「北方三国志」の劉備をより人間らしくみせているのですね。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の袁紹、華北に一大勢力を築いた漢の名族の生き様に迫る

関連記事:天下への志を抑えきれなかった北方謙三『三国志』の孫策、江東の小覇王はいかにして散ったのか?

 

北方謙三三国志

 

 

三国志ライター Alst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか。「北方三国志」の劉備は、その思想や人柄についてはどれをとっても非常に細部まで深く掘り下げて描き込まれており、「三国志演義」の劉備のような、聖人君子として理想化されきった平板な劉備像とは明らかに一線を画しています。

 

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる

 

こうした「北方三国志」の劉備はこれまでの劉備像を概ね踏襲していながらも、ある種の新鮮な印象を読者に与えてくれます。ストーリーや結末を知っている人も多いであろう「三国志」という題材であっても、読者に新鮮さを感じさせてくれる点は、「北方三国志」の大きな魅力の一つなのではないでしょうか。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の荀彧は曹操による「漢王朝の腐った血」の入れ替えを阻止する漢の生涯

関連記事:北方三国志に登場する張飛の野戦料理!戦いを終えた者たちが食する『漢の料理』

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Alst49

Alst49

大学院で西洋古代史を研究しています。中学1年生で横山光輝『三国志』と塩野七生『ローマ人の物語』に出会ったことが歴史研究の道に進むきっかけとなりました。専門とする地域は洋の東西で異なりますが、古代史のロマンに取りつかれた一人です。 好きな歴史人物: アウグストゥス、張遼 何か一言: ライターとしてまだ駆け出しですが、どうぞ宜しくお願い致します。

-北方謙三
-,