北方謙三『三国志』の曹丕、父親に愛されず愛情に飢え、愛されることも知らない漢の葛藤




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北方謙三風ハードボイルドな豪傑(曹操・劉備・孫堅)

 

北方謙三(きたかたけんぞう)先生の『三国志』シリーズ(以下、「北方三国志」とします。)には、多彩な登場人物が登場します。

 

北方謙三 三国志を読む桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛

 

今回は、そんな「北方三国志」の登場人物の中でも、ややもすれば他の英雄たちに埋もれてしまいがちな、曹丕(そうひ)について見ていきたいと思います。

 




英雄・曹操の影に埋もれる男、曹丕

北方謙三 ハードボイルドな曹操

 

曹丕といえば「三国志」を代表する英雄である曹操(そうそう)の息子であり、後漢王朝を倒して新たな魏王朝を建てた人物ですね。

 

北方謙三風ハードボイルドな曹丕

 

王朝の交代を実現したということで、曹丕も歴史的に重要な人物であることは間違いないのですが、どうしてもあまりにも異彩を放ちすぎる曹操の影に隠れてしまっている感は否めません。

 

曹植と曹丕に期待する曹操

 

「北方三国志」の曹丕もそのような曹丕像を踏襲しています。曹操は物語の主人公格の一人として、序盤から終盤まで登場するのに対し、曹丕は中盤になってからやっと登場します。さらに言えば、曹丕の生い立ちや幼少期に関しては、「北方三国志」には登場しません。

 

曹昂(曹昴)

 

本来であれば曹丕は曹操の後継者となる人物ではありませんでした。それもそのはず、曹丕には曹昂(そうこう)という兄がおり、曹昂が曹操の後継者となるはずだったのです。

 

曹昂(曹昴)

 

しかし、曹操が張繍(ちょうしゅう)を攻めた際、曹操が女に溺れた隙を張繍に奇襲され、曹操が危機に瀕したとき、曹昂は父の身代わりとなって戦死を遂げ、曹操は間一髪逃れることができました。

 

曹丕

 

後継者である曹昂を失い、さすがの曹操は屈辱と悔しさ、自責の念で深く落ち込むことになります。とはいえ、兄の曹昂の死によって、いわば偶然転がり込んでくるような形で曹操の後継者の地位を得たのが曹丕でした。このように考えれば、曹丕の影の薄さも納得ですね。

 

関連記事:典韋、曹昂を討ち取りながらも評価された賈クを考察

関連記事:曹操の跡継ぎ争い本命はこっちの三名だった!曹丕の真のライバル曹昂と曹沖の実力はどれほど?

関連記事:曹昂とはどんな人?曹操の跡継ぎ候補でもありながら父を救うために散った曹操の息子

 




愛を知らぬ男、曹丕

曹休と曹丕を可愛がる曹操

 

「北方三国志」では、元々曹操の後継者とは目されていなかった曹丕はどうやら、曹操の愛情をあまり受けずに育ったようです。「北方三国志」の曹操は、特に若かりしときは、目的のためなら手段を選ばないキャラクターであり、とうてい息子をかわいがるような人物ではありませんでした。

 

王芬のクーデターが失敗すると見抜く曹操

 

先程の曹昂の一件も、屈辱と悔しさのあまり、「曹昂はあそこで死ぬ程度の器だったのだ」と自分に言い聞かせて立ち直っているくらいですので、「北方三国志」の曹操は息子に対する愛情を持ち合わせているような男ではなかったのでしょう。

 

曹植

 

その一方、才能を愛する曹操はむしろ、詩文の才に優れた曹丕の弟、曹植(そうしょく)を高く評価しています。曹植とは違い、突出した才能を持たず、万事そこそこにこなすタイプの曹丕は、曹操からあまり評価されることはなく、天下の半分を手中にした曹操の後継者であるにもかかわらず、不遇をかこつことになります。

 

後継者争いをしている曹丕と曹植

 

こうして、父に愛されなかった曹丕は次第に、愛情に飢えるようになっていったのです。

 

関連記事:【曹丕・曹植の後継者問題の逸話】曹丕を積極的に推した桓階とは何者?

関連記事:明かされた真実!曹丕・曹植の後継者争いは、曹操と曹丕が仕組んだ罠だった?

 

甄氏との出会い

甄氏(しんし)

 

そんな愛を知らずに育った男、曹丕はある時恋をします。その相手は、なんとあろうことか、父・曹操の宿敵である袁紹(えんしょう)の息子、袁煕(えんき)の妻である甄氏(しんし)でした。曹操が袁氏を滅ぼした後、甄氏に一目ぼれした曹丕は強引に甄氏を妻にしてしまいます。

 

側室の女性達を励ます甄氏

 

しかし、甄氏にとって曹丕は、夫を殺した仇敵の息子でした。曹丕は甄氏に愛を求めますが、人を愛することも、人に愛されることも知らない曹丕ですから、二人の心が通じ合うことはついぞありませんでした。そして、最後まで通じ合うことが無かったこの夫婦は、悲劇的な最期を迎えることになります。

 

関連記事:一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ

関連記事:思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード

 

曹丕と司馬懿

北方謙三 ハードボイルドな司馬懿

 

人を愛することも、人に愛されることも知らない「北方三国志」の曹丕は、人格的に欠落を抱えた人物でした。しかし、そんな曹丕には肝胆相照(かんたんそうしょう)らした腹心の部下が一人いたのです。それが、司馬懿(しばい)でした。

 

司馬懿と曹丕

 

司馬懿は、陰気な性格ゆえに曹操にはあまり気にいられていませんでしたが、何故か曹丕とは馬が合ったのか、曹丕によって将軍に取り立てられ、蜀漢の諸葛亮(しょうかつりょう)との戦いに身を投じていくことになります。

 

司馬懿

 

「北方三国志」の司馬懿はかなり特異なキャラクターであり、強者との戦いや追い詰められた状況、屈辱的な扱いをされることに快感を見出すマゾヒストとして描かれています。愛を知らないサディストの曹丕と、マゾヒストの司馬懿は、互いの人格の凹凸を埋め合わせるコンビだったでしょうか。

 

関連記事:司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?

関連記事:曹操は賈逵に暗殺された?曹操の葬儀を主宰した司馬懿の謎に迫る

 

三国志ライター Alst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか。曹丕はどうしても、父の曹操と比べて影が薄くなってしまいがちです。

 

北方謙三風ハードボイルドな曹丕

 

しかし、「北方三国志」ではそんな影が薄い曹丕の人物像までも、非常に細やかに描き出しています。こういった人物像の緻密な作り込みこそが、「北方三国志」が名著である所以の一つなのではないでしょうか。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の馬超は心に欠落を抱え咆哮!虚無に苛まれる豪傑

関連記事:北方謙三『三国志』の司馬懿はドM?諸葛亮の挑発に興奮する独特な司馬懿像

 

【北方謙三 三国志を刮目せよ】
北方謙三三国志

 

 




関連記事

  1. 張飛
  2. 北方謙三 三国志を読む桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛
  3. 北方謙三 ハードボイルドな関羽
  4. 北方謙三風のハードボイルドな張衛
  5. 北方謙三 ハードボイルドな趙雲
  6. 北方謙三風ハードボイルドな孫策

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP