北方謙三『三国志』の魅力・面白さとは?魅力的な漢たちの世界に飛び込んでみよう




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志後伝 劉淵、劉備 表紙

 

日本で最も人気がある歴史コンテンツの一つであると言っても過言ではない「三国志」。日本では数え切れないほどの「三国志」を題材とした小説・漫画が出版されています。

 

北方謙三 三国志を読む桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛

 

その中で、三国志ブームの火付け役も言える、吉川英治(よしかわえいじ)先生の『三国志』や横山光輝(ふよこやまみつてる)先生の漫画『三国志』と並んで、抜群の知名度を誇る作品が北方謙三(きたかたけんぞう)先生の『三国志』(以下、「北方三国志」とします。)です。

 

今回の記事は、そんな「北方三国志」の魅力と面白さに迫っていきたいと思います。

 




「北方三国志」の魅力とは?

同年小録(書物・書類)

 

「北方三国志」は、日本を代表するハードボイルド小説家として知られる北方謙三先生の代表的な作品の一つです。

 

北方謙三風ハードボイルドな豪傑(曹操・劉備・孫堅)

 

「北方三国志」は何人かのオリジナルキャラクターは登場するものの、基本的には正史に準拠しており、演義で見られるような一騎当千の猛将が単騎で敵の大軍を蹴散らす、といった超自然的な描写の数々はありません。

 

北方謙三 ハードボイルドな孫堅

 

その一方で、ハードボイルドの巨匠である北方謙三先生らしく、個々の登場人物の心情や内面の描写、軍勢同士がぶつかり合う戦闘描写が非常に特徴的です。

 

北方謙三 ハードボイルドな呂布

 

史実を基にした物語である演義に登場する英傑たちは、一騎当千の活躍を見せる超人的な存在として描かれており、演義に準拠した三国志作品でも同様ですが、正史に準拠した作品である「北方三国志」では、登場人物の一人一人が地に足の着いた一個の人間として、その心の動きや内面の描写に至るまで、非常なリアリティを持って描かれているところが大きな特徴です。

 

北方謙三 ハードボイルドな馬超

 

演義に準拠した作品から「北方三国志」に入ったという読者は、はじめこそ、これまでに見てきた「三国志」の登場人物描写との違いに驚くかもしれません。

 

関連記事:「北方三国志」の主要登場人物一覧、これでより北方三国志を楽しめる!

関連記事:北方謙三先生の作品『三国志』の特徴とは?

 




「北方三国志」魅力1 劉備と曹操の強烈な対比

北方謙三 ハードボイルドな劉備

 

例えば、演義の主人公になっている劉備(りゅうび)ですが、演義に準拠した他の作品では、漢王朝の復興を目指し、漢王朝を脅かす巨悪である曹操(そうそう)と相争う、人徳に満ちた正義の味方として描かれています。

 

北方謙三 ハードボイルドな趙雲

 

しかし、演義では善人の劉備と悪人の曹操としての対比という要素が強すぎ、「なぜ劉備は漢王朝復興を目指しているのか」「関羽(かんう)張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)といった豪傑をひきつける劉備の徳とはいったい何なのか」といった疑問が残るのです。

 

「北方三国志」では、演義のもつ善悪二元論的な枠組みからこぼれおちたような、こうした点を入念に描き込んでいるのです。

 

漢王朝と光武帝

 

劉備を例に取れば、劉備は漢王朝の血を引く者として、400年続く漢王朝の血統こそが国家の柱であり、衰退した漢王朝を再建することこそが万民に安寧をもたらすと考えているからこそ、「漢王朝の復興」にこだわるのです。

 

北方謙三 ハードボイルドな曹操

 

しかし、曹操は違います。曹操は漢王朝の衰退を「血統の腐敗」によるものだと見なしているのです。

 

曹操

 

曹操は腐敗した漢王朝を排除し、万民のために新たな時代を創るべきであると考え、自らの覇道を突き進んでいきます。ここには、演義に含まれているような善悪の対立はありません。そこにあるのはただ、互いの意志や信念の激突なのです。

 

ここに、勧善懲悪の物語としての演義を超えた、「北方三国志」のリアリティがあるのではないでしょうか。

 

関連記事:漢王朝はいつ始まり、いつ終わったの?

関連記事:塩こそ最大の税金、塩の帝国漢王朝

関連記事:漢王朝の悲鳴の原因となった跋扈将軍 梁冀とは誰?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

「北方三国志」の魅力2 人間くささ

北方謙三風ハードボイルドな孫策

 

「北方三国志」の登場人物は、完全無欠なヒーローとしては描かれておらず、喜怒哀楽や感情の起伏に富んだ人間らしいキャラクターなのです。

 

劉備を裏切る呂布

 

例えば、「北方三国志」の劉備は、作中序盤で漢王朝の復興という夢を追う中で、幾度も敗北を喫します。徐州(じょしゅう)呂布(りょふ)に奪われ、呂布を倒した後は曹操に追われて荊州(けいしゅう)逼塞(ひっそく)します。しかし、劉備の心は絶対に折れないのです。

 

三国志の主人公の劉備

 

何度敗れ、地を這おうとも「漢王朝再興」の志を追い続ける姿、自らの信念と信義を守ることを「男の誇り」として何よりも大切にするその矜持こそが、人々を引きつける原動力として描かれているのです。

 

曹操にコテンパにされる袁紹

 

一方、曹操は劉備と違い、漢王朝に取って代わるべく、自らの覇道を進んでいきます。また曹操は、信義を重んじる劉備と違い、目的のためには手段を選ばない恐ろしい男として描かれているのです。

 

北方謙三風ハードボイルドな袁紹

 

そして、曹操は己の才能をいかんなく発揮して、呂布や袁紹(えんしょう)といったライバルを次々と倒し、劉備をはるかに超える強大な勢力を築き上げます。しかし、それと対照的に、劉備の心の強さに対して、作中では曹操の心の弱さがたびたび描かれています。

 

賈詡と曹操と張繍(張繡)

 

例えば、曹操が張繍(ちょうしゅう)を攻めた時、曹操は女に溺れて逆襲を受け、自分を逃がすために戦ってくれた息子の曹昂(そうこう)や部下の典韋(てんい)を亡くしてしまいます。この時に曹操は怒りと悔しさ、悲しみで半狂乱になりながら、「曹昂には天下を取れる実力はなかった、だから自分が助かるべきだった」と自分に思い込ませて、気を紛らわそうとします。

 

この場面の曹操は、自分のせいで息子と部下を失ったことの溢れんばかりの悲しみと悔しさを何とか抑え込もうとする感情豊かな人間として描かれているのです。

 

関連記事:北方謙三『三国志』シリーズの呂布像とは?

関連記事:「北方三国志」と「吉川三国志」の違いとは?

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

「北方三国志」魅力3 苦悩する「人間」曹操

苛ついている曹操

 

また、曹操は、漢王朝の腐敗を憎み、自らの覇道を進みながらも、どこか自分と対照的な道を行く劉備に密かな羨望を抱いているのです。劉備は曹操よりもはるかに弱い勢力であるにもかかわらず、何度敗北しても決して挫けることはなく、劉備の下にはその志と人柄を慕う豪傑たちが集まっていきます。この点に、曹操は己にないものを見出して嫉妬を覚えているのです。

 

北方謙三風ハードボイルドな荀彧

 

そして、曹操の部下にも劉備の志にひかれる者が現れます。それが荀彧(じゅんいく)です。荀彧は曹操の軍師でありながら、劉備の「漢王朝再興」という志に共感し、その心は漢王朝に代わろうとする主の曹操から離れていきます。

 

亡くなる荀彧

 

その後、荀彧は自らの志と主の曹操に対する忠誠心の板挟みとなり、最後は自害してしまいました。荀彧の死を聞き、曹操は深い悲しみを覚えるとともに、荀彧の心が自分から離れていたことを知り、自らの人生そのものが揺るがされるような強い衝撃を受けます。

 

曹操と機密保持

 

このように、曹操は作中でも、屈指の知略を誇る智将にして一代で巨大な勢力を築いた名将として描かれていますが、その一方で、堅忍不抜(けんにんふばつ)な心の強さを持つ劉備とは対照的に、感傷的な側面や心の弱さを秘めている人物として描かれているのです。

 

こうした、一個の人間の表面的な強さと内に秘めた弱さを巧みに描きあげている点が、「北方三国志」の魅力ではないでしょうか。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の荀彧は曹操による「漢王朝の腐った血」の入れ替えを阻止する漢の生涯

関連記事:荀彧の逸話を知るともっと荀彧が好きになる!曹操を支えた軍師の進言集

 

【己の信念に殉じた軍師・荀彧の特集】
荀彧特集

 

「北方三国志」の面白さとは?

北方謙三風ハードボイルドな豪傑(曹操・劉備・孫堅)

 

「北方三国志」の面白さとしてまず挙げられるのは、明確な主人公がいない点です。一般的な三国志作品では、必ず物語の主人公が設定されており、主人公を中心としてその活躍や人間関係が描かれます。

 

このような作品では、主人公以外の登場人物の多くは、主人公やその周囲の人物の引き立て役になってしまう傾向が多いでしょう。

 

北方謙三 ハードボイルドな孔明

 

しかし、「北方三国志」には明確な主人公はおらず、劉備・曹操・孫権(そんけん)諸葛亮(しょかつりょう)・呂布・馬超(ばちょう)・袁紹・張衛(ちょうえい)といった主要登場人物それぞれの視点で物語が進んでいく群像劇の形を取っています。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

「北方三国志」ではこのような群像劇のスタイルで物語が展開していくことで、他の作品では端役や主人公の引き立て役でしかなかった人物にも光を当てているのです。「北方三国志」では、主要登場人物それぞれの視点で物語が進むことで、登場人物がみな自らの信念や矜持を抱えており、戦乱の中でそれらが真っ向からぶつかり合っていることが読者にも伝わり、登場人物が放つ熱量を感じる作品となっています。

 

関連記事:劉備と孔明はカブ仲間?実はとっても実用的だった劉備の家庭菜園

関連記事:武廟十哲に諸葛孔明が選ばれている理由は何?中国名将ランキングを推察

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>
  • コメント: 0

関連記事

  1. 北方謙三風ハードボイルドな曹丕
  2. 北方謙三 三国志を読む桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛
  3. 北方謙三風ハードボイルドな馬謖
  4. 北方謙三風のハードボイルドな張衛
  5. 北方謙三 ハードボイルドな呂布
  6. 北方謙三 ハードボイルドな馬超

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP