天下への志を抑えきれなかった北方謙三『三国志』の孫策、江東の小覇王はいかにして散ったのか?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北方謙三風ハードボイルドな孫策

 

非業の死を遂げた父の跡を継ぎ、一代で揚州(ようしゅう)に大勢力を築いたことから「江東の小覇王」と呼ばれる孫策(そんさく)

 

北方謙三 三国志を読む桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛

 

今回は、北方謙三(きたかたけんぞう)先生の『三国志』(以下、「北方三国志」とします)での孫策について解説したいと思います。

 




父・孫堅の非業の死と雌伏の時代

呉の小覇王・孫策

 

孫策は皆さんご存じの通り、江東の有力豪族である孫堅の息子として登場します。

 

北方謙三 ハードボイルドな孫堅

 

「北方三国志」での孫堅は物語最序盤にしか登場しませんが、江東きっての勇将であり、袁紹(えんしょう)曹操(そうそう)らが中心となった反董卓(とうたく)連合では先陣を切って董卓軍と戦い、功績を挙げます。

 

玉璽を見つけた孫堅

 

しかし、反董卓連合内部の内輪もめや、孫堅が洛陽城内で伝国の玉璽(ぎょくじ)を手に入れたことがきっかけとなり、孫堅と袁紹の対立が激しくなり、孫堅は反董卓連合を離脱します。

 

孫堅、孫賁

 

その後、孫堅は伝国の玉璽を狙う袁紹や劉表(りゅうひょう)との争いで多くの部下を失いますが、伝国の玉璽を守り切り、天下への野望を秘めて故郷へと戻ります。

 

孫堅逝く

 

故郷へと戻った孫堅は兵を集めて劉表の部下である黄祖(こうそ)を攻めますが、あえなく敵の矢に当たって戦死します。

 

イケメン孫策と袁術

 

孫堅の死後、孫家は一時的に没落し、孫堅の息子であった孫策は孫家を継ぐものの、やむなく袁術に服属し、袁術の部将として雌伏を余儀なくされます。

 

関連記事:【意外な事実】袁術は本当に伝国の玉璽を持っていた!

関連記事:孫晧は司馬炎に玉璽を渡していたのか?消えた玉璽と玉璽肯定・否定論

関連記事:孫堅が洛陽で拾った玉璽の話は呉による捏造だった!?

 




 

袁術からの独立と江東の平定

呉の勢力を率いる孫策

 

没落し、袁術の部下となった後も孫策は志を捨てることはありませんでした。父・孫堅が果たせなかった天下への野望はしっかりと孫策に受け継がれていたのです。孫策は一族や父の代から仕える宿老たちを中心に家臣団をまとめ上げるとともに、時には江東の有力者と語り合い、自らの陣営に加えていきます。

 

周瑜

 

その中でも、孫策の無二の親友にして最も信頼できる将こそが周瑜(しゅうゆ)でした。

 

袁術と劉繇

 

そんな中、孫策は袁術の命令を受けて揚州刺史劉繇(りゅうよう)との戦いに着手します。これこそが、孫策の台頭のきっかけとなりました。

 

呉の小覇王・孫策

 

孫策は持ち前の勇猛果敢な用兵術をもって破竹の勢いで勝利を重ね、劉繇に大勝します。

 

一騎打ちをする太史慈と孫策

 

この時、劉繇の部将として殿軍を務め、唯一孫策に一矢を報いた猛将太史慈(たいしじ)を捕らえますが、孫策は太史慈の武勇を讃えて解放し、部下として召し抱えます。

 

小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでの太史慈と孫策

 

これに感じ入った太史慈は以降、孫策に忠誠を尽くす中心となっていきます。

 

張昭

 

このように、勇猛無比な孫策のもとに周瑜・太史慈・張昭(ちょうしょう)張紘(ちょうこう)ら優秀な人物が集い、孫策陣営は一気に飛躍していきます。

 

呉の周瑜、孫策、程普

 

劉?を倒した後、孫策は周瑜とともに会稽郡(かいけいぐん)の賊を征伐し、孫家はついに袁術からの自立を果たしたのです。

 

関連記事:忠臣?野心?太史慈くんは劉備に似てる!その理由とは?

関連記事:太史慈の死因って何?戦死?それとも病死?

 

【孫策が惚れた漢】
太史慈

 

 

孫策と周瑜

周瑜と孫策

 

作中では、孫策の親友にして腹心として、孫策と周瑜の関係が事細かに描かれています。孫策が旗揚げをした際、一族を引き連れて最初に孫策の下に馳せ参じたのは周瑜であり、以降二人は行動を共にします。

 

結婚を喜ぶ孫策

 

孫策と周瑜は非常に仲が良く、ある時にはとある姉妹に一目ぼれし、二人を無理やり攫い、姉を孫策が、妹を周瑜が妻にしてしまいます。

 

大喬と小喬

 

これが有名な大喬(だいきょう)小喬(しょうきょう)でした。これによって孫策と周瑜は義兄弟となり、二人のきずなはさらに強まります。

 

大喬

 

「北方三国志」第三巻には二人が大喬と小喬をめとるシーンが登場しますが、「北方三国志」にしては例外的にコミカルなタッチで描かれていますので、必見です。

 

周瑜

 

作中の周瑜は良くも悪くも孫策の弟分のようなキャラクターであり、天下への野望を掲げる活発な孫策と異なり、周瑜は冷静沈着・頭脳明晰でありながらもどこか果断さに欠ける人物でした。

 

周瑜

 

しかし、後述するように孫策が非業の死を遂げた後、周瑜は明確に「天下」という目標を見据え、孫策の遺志を受け継ぐ者として、孫策の弟である孫権(そんけん)を支えていきます。

 

関連記事:大喬はどんな性格をしていた?実は性格すら分からない謎が多い孫策の妻

関連記事:大喬小喬とは?史実も正史も出番ほぼ無しの美人姉妹

 

 

父の敵討ちと非業の死を遂げる孫策

黄祖

 

江東に一大勢力を築いた孫策は仇討ちを掲げ、父・孫堅を死に追いやった劉表とその部下である黄祖を攻めます。

 

孫策に攻撃される黄祖

 

孫策の武勇の前に黄祖は敗れ、身一つで命からがら逃げだしてしまいます。

 

袁紹に追い詰められる曹操

 

こうして、父の屈辱を晴らした孫策は、ついに天下獲りへの野望を前面に打ち出します。当時、中原では曹操と袁紹の覇権を掛けた一戦が今にも行われようとしていました。

 

力をつけ始めた曹操をぶっ潰そうと考えた袁紹

 

孫策は曹操の才能を見抜いており、今のうちに曹操を叩いておかねば追いつくことはできなくなる考え、袁紹に味方して曹操の背後を攻める構えを見せます。しかし、孫策が天下獲りへの道を歩むことはありませんでした。

 

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

まだ若い孫策は、妻とは別に愛人がおり、しばしば愛人のもとに通っていました。ある時、孫策が一人で愛人のもとへと向かった隙をつき、かつて孫策に処刑された許貢(きょこう)の息子が孫策を襲います。

 

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

孫策はなんとか刺客を退けますが重傷を負い、この傷がきっかけであえなく亡くなってしまいます。

 

孫策が亡くなり呉を継ぐ若き孫権

 

このように、孫策は父と同様、最期は非業の死を遂げたのです。しかし、天下獲りへの孫策の遺志は親友にして義弟の周瑜、そして弟の孫権にしっかりと受け継がれていくことになります。

 

関連記事:孫策は仇を討てたのか?黄祖と孫家のバトルを考察

関連記事:黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

三国志ライターAlst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか?

 

北方謙三風ハードボイルドな孫策

 

「北方三国志」の孫策は、江東の平定や周瑜とのやりとりなどを見ればわかるように、まぎれもなく英雄的な人物として描かれています。とはいえ、英雄にしては、その死はあまりにもあっけないものでした。しかし、孫策が見据えた「天下」は作中において、後継者となった周瑜と孫権に受け継がれ、以降の物語を進めていく原動力となっていきます。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の荀彧は曹操による「漢王朝の腐った血」の入れ替えを阻止する漢の生涯

関連記事:北方謙三『三国志』の趙雲は影が薄い?演義や民間伝承を抜きにした趙雲子龍

 

【北方謙三 三国志を刮目せよ】
北方謙三三国志

 

 

 




関連記事

  1. 張飛
  2. 北方謙三 ハードボイルドな呂布
  3. 北方謙三
  4. 北方謙三 ハードボイルドな趙雲
  5. 北方謙三風ハードボイルドな馬謖
  6. 北方謙三

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP