呂範とはどんな人?お金に厳しく誠実だった孫権の左右の臣の生涯

2022年6月22日


 

 

金銭に厳しかった呂範

宋銭 お金と紙幣

 

さて気分を変えて、呂範のエピソードをご紹介したいと思います。それは孫策がまだ在命時、呂範は会計を任されていました。そこに孫権が良く「お金を貸して!」と通っていたそうです。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

しかし呂範は必ず孫策に伺いを立ててからでないと孫権にお金を渡しませんでした。一方で他に、帳簿を書き換えて孫権にすぐお金を貸してくれる会計もいたそうで、孫権は「こっちの人の方がすきだなー!」(予想)とか思っていたそうです。

 

孫権

 

が、後に孫権は「あの時はああ言ってたけど呂範の方が信頼できる、あの会計は信用できないわ」と零していたそうです。いや言いたいことは分かるけど貴方がそれを言うのですが呉王様。(んもう!)

 

関連記事:これがお金の本質?劉巴が鋳造した直百五銖銭がズル過ぎる

関連記事:【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力

 

はじめての三国志LINE公式アカウント

 

 

 

光武帝と同じくらい信頼された呂範

漢委奴国王の金印を倭国に贈る光武帝

 

そんな風に孫権から信頼されていた呂範ですが、ある時、厳畯(げんしゅん)は孫権に呂範と魯粛(ろしゅく)を信頼しすぎでは、と言いました。この時に孫権は光武帝(こうぶてい)の話を取り上げ、如何に呂範や魯粛が信頼できるか、そして信頼するに値する功績があるかを良く説明したので、厳畯もその言葉に納得したといいます。

 

晩年、呂範は豪華で派手なものを好む性格になったそうですが、それでも孫権は変わらず呂範を信用し、呂範もそれに応え、仕事はしっかり、仕事と私事を分けて振る舞っていたようです。このため陸遜(りくそん)らからも呂範は信頼され、彼は誠実な人柄のまま、呉に仕え続けたのでしょう。

 

関連記事:厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話

関連記事:張紘と張昭。史実では「二張」と呼ばれなかった2人の関係性を考察

 

はじ三倶楽部

 

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

呂範もまた、誠実な人柄ですね。前述したように、孫策と言えばどうしても周瑜の存在が出てきますが、それと同じくらい、呂範と朱治(しゅち)の存在があったと思います。だからこそ孫権もまた、そんな彼らに例え思うことがあったとしても、良く話を聞き、重く用いたのでしょう。

 

特に呂範と孫権の最期の話はほろりと来る、切なくも感動するお話なので、どうぞ呉王様のかわいらしい話好きな方には広めて頂きたいエピソードですね。

 

センさんのとぷんver2

 

ちゃぷり。

 

参考文献:呉書呂範伝

 

関連記事:わざわざ白衣を着て孫権と会った山陽の曹偉【三国志プチ雑学】

関連記事:孫権を曹丕と取り替えたら晋王朝が消滅?「三国志とりかへばや」

 

まるっと世界史 特集バナー

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-はじめての呉
-