[関羽の孤立]なぜ味方に嫌われていた?その衝撃の真実

2023年6月28日


 

関帝廟 関羽

 

現在では神として崇められている関羽雲長。

劉備とは義兄弟の仲であり、蜀の建国に絶大な貢献をした人物です。

武力においては幾多の猛者たちをその青竜偃月刀で屠っています。

名声は他国まで鳴り響いていましたが、

自国ではやや味方に距離を置かれていたように見えます。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



プライドがことのほか高い関羽

顔良と関羽

 

忠義の士として名高い関羽ですが、反面、プライドがとてつもなく高かったようです。

例えば蜀の五虎将として関羽の他、張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)黄忠(こうちゅう)

そして馬超(ばちょう)が選ばれた際には、新参の馬超と同列にされたことに腹をたてて、

馬超と一騎打ちをさせろと反抗しています。

 

黄忠

 

黄忠に対しても、夏侯淵(かこうえん)を討ったという武功があるにも関わらず、

あんな老いぼれと同格かと憤慨しています。

この時は孔明のおべっかいによって事なきを得ていますが、

扱いを間違えると味方にも容赦のない性質だったことが垣間見れます。

 

 

 



敵の君主にも容赦なし

関羽 激怒

 

荊州を治めていた関羽は、隣国の呉国君主である孫権から互いの子息の縁組を持ちかけられます。

このとき関羽ははっきりと断っています。

劉備の配下の身分で勝手に敵国と縁組などありえない話です。

断るのが筋なのですが、関羽の性格からして

「虎の子を犬の子にやれるか」と侮蔑した断り方をしたとも伝わっています。

力を認めていない相手には敵でも見方でも容赦がありません。

 

自尊心が高いが故にこじれる人間関係

関羽 使者

 

関羽は荊州から北上し、魏を攻めました。

関羽の武名を知っている魏の官吏や民衆は恐怖したそうです。

あの曹操が遷都を覚悟したほどだったと云われています。

快進撃を続ける関羽でしたが、味方の裏切りにあって足元をすくわれます。

同盟国である孫権に離反され拠点を奪われ、兵站の道を閉ざされました。

裏切って孫権についたのは古参の将である麋芳であり、士仁です。

日ごろから関羽とはうまくいっておらず、兵糧の供給問題で処罰の対象になっていたようです。

彼らは苛烈な性格の関羽に怯えて孫権に降ったというのがおおよその見方になっています。

また、これ以前に、関羽は己の武力を自負した戦い方をよくして兵を多く損失したことも、

味方から批判の対象になっていたようです。

 

認めた相手は敵でも親交を深める

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

敵国で関羽と仲が良かった武将といえば魏の張遼、そして徐晃です。

関羽はこの二人の戦上手ぶりをたいへんに認めていたようです。

関羽が曹操に一時降るときも張遼が外交交渉に出て来ています。

張遼、徐晃といえば曹操の旗下で数々の武功をあげた名将です。

尊敬すべき人物に対しては関羽は礼を尽くしたと云われています。

この一貫した信念も関羽の魅力なのかもしれません。

 

 

 

関羽を諫めるものは誰もいない

関羽神様

 

主君である劉備の義兄弟であり、

最も武功をあげてきた関羽に意見できる人物は蜀にはいなかったようです。

孔明ですらかなり関羽に気を使っていたことがわかります。

これが関羽の独断専行を招き、味方の離反を招くことになった原因かもしれません。

己にも厳しく、他人にも厳しい関羽は一緒にいると息が詰まるような存在だったのではないでしょうか。

もし、龐統(ほうとう)が生きていれば上手く関羽に意見し、

バランスを保てたのではないかとも云われています。

 

 

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂さん02b 背景あり

 

劉備や曹操に愛された英雄、関羽

それが関羽を増長させる原因になってしまったのかもしれません。

呉の裏切り、味方の離反がなければ関羽は、

曹操の本拠地まで攻め寄せていただろうに、実に残念な最期です。

蜀が滅びたとき、以前に関羽が討った龐徳の子息たちによって

関羽の血筋のものは皆殺しにあったそうです。

その苛烈な生き方は敵にも味方にも憎しみを抱かせる結果になったようですね。

 

 

▼こちらもどうぞ

【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ろひもと理穂

ろひもと理穂

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。 自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください! 好きな歴史人物: 曹操、蒲生氏郷

-外部配信