ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての漢

25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった




孫堅逝く

 

菫卓が洛陽を焼き払い、西の長安遷都した辺りから、

反菫卓連合軍の存在意義は薄らいできていました。

 

洛陽で玉璽を手にいれた孫堅を、袁紹劉表を使って暗殺し、

玉璽を奪おうとしたセコイ計略も、義を掲げて集まった諸候を

呆れさせる事でしたが、話はここで終わりませんでした。

 

決定的な連合軍崩壊は、あろうことか連合軍主力の二大武将の

確執が引き金になっていたのです。

 

前回記事:24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期




反菫卓連合軍の崩壊のきっかけ

袁紹&袁術

それは漢王朝の名門である、袁紹袁術という従兄弟同士の

勢力争いから始まっていました。

 

4代に渡り、三公という漢王朝の重職を輩出した袁家の名門の

二人ですが、袁紹は母親の身分が低い庶子の出でした。

 

一方の袁術は、母の家柄も高いエリート中のエリートで、

本来ならば、袁紹より一歩先を行く存在です。




袁紹と袁術の違い

朝まで三国志 袁紹

 

しかし、袁紹は威厳のある風貌であり、身分をひけらかさない

謙虚な性格であった為に、袁術より人望がありました。

 

そこでプライドが高い袁術は、袁紹の弱点である出自の低さを

公衆の面前で何度も馬鹿にしたのです。

 

まあ、、そんな事をするから人望が無くなるんですが、

袁紹は、これに大人の対応をしつつも内心では恨んでいたようです。

 

このような二人ですから、最初から仲が良いとは言えない状態でした。

 

袁紹と袁術が対立したきっかけはどんな理由?

袁紹VS袁術

 

さて、袁紹は、反菫卓連合軍のリーダーに祭り上げられますが、

菫卓の討伐には熱心ではなく、自分の力を背景にして、

弱小諸候から領地を脅し取ったりしています。

 

副リーダーである袁術も似たようなものなんですが、、、

 

この二人が最初に対立したのは、献帝に対抗して

新しい帝を立てようと袁紹が画策した時です。

 

袁紹は、劉虞(りゅうぐ)という幽州牧を勤めた人物を

新しい帝として擁立しようとします。

 

劉虞は、先祖を光武帝に持つ由緒正しき人物であり、

皇帝の資格は充分にありました。

 

袁術・曹操は猛反対、その理由とは?

裏切りは許さぬ 曹操

 

ところが、これに袁術や曹操が猛烈に反対してきました。

すでに献帝が擁立しているのに、新しい皇帝を立てるのは、

漢王朝を分裂させる暴挙であると反対したのです。

 

元々、袁紹は、献帝の異母兄であり、菫卓に廃されて殺された少帝を

擁立した外戚何進の配下だったので、献帝を認めていませんでした。

なので、反対されても劉虞を立てるつもりだったのですが、

当の劉虞が皇帝になるのを辞退したので、計画は流れました。

 

実は袁術は、言葉とは裏腹に、すでに漢王朝を見限っていて、

「献帝が死んだら漢王朝など滅びてしまえばいい」

と日頃から考えていたと言います。

 

袁紹と袁術の考え方の違いとは?

三国志 疑問点

 

つまり袁紹が王政復古によって権力を握ろうと考えたのに対し

袁術は革命志向だったのです。

従兄弟同士とは言え、二人は水と油の思考的傾向を持っていました。

 

いずれ、両者が対立するのは時間の問題だったと言えるでしょう。

 

両者の対立は更に加速する

袁紹VS袁術(犬猿)

 

西暦191年、袁紹は洛陽に入った孫堅の勢力を削ぐ為に、

先に袁術が任命した孫堅の櫲州(よしゅう)刺史の地位を無視し、

周昂(しゅうこう)という人物を櫲州刺史に任命してしまいます。

 

もちろん、これを孫堅が認める訳もありません。

 

孫堅を櫲州刺史に任命した袁術も自分の面子を潰されたとして、

袁紹とは急速に敵対関係に入っていきます。

 

これより以前、袁紹に弟の公孫越を殺された公孫瓚は、恨みから

袁術と同盟を結び、一方の袁紹は、孫堅に攻撃された劉表を仲間に

引き込んで紛争を繰り返すようになります。

 

このような事から、他の諸候も利害関係からお互いに争うようになり

菫卓を倒す為に終結した連合軍は雲散霧消してしまったのです。

 

従兄弟同士仲が悪いのが、群雄割拠の理由になる、、

流石中国スケールが大きい従兄弟ケンカですね(笑)

 

関連記事:激突、菫卓対反菫卓連合軍

関連記事:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

関連記事:汜水関の戦いの功労者

 

耳で聞いて覚える三国志


次回記事:26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 徐福 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホン…
  2. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…
  3. 王翦 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  4. 過労死する諸葛孔明 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  5. 酒を飲む曹操と劉備と呂布 中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!
  6. 【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?
  7. 曹操と夏侯惇 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  8. 関羽 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孟達を討伐する司馬懿
  2. 陳宮
  3. 斉王になる司馬攸
  4. ミニチュアで遊ぶ董卓
  5. 蜀の姜維
  6. 曹操
  7. 劉禅
  8. 曹幹

おすすめ記事

  1. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 鮮卑大人、育延
  2. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情 陳寿 三国志
  3. 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 五代友厚 幕末
  4. 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!
  5. 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? 蜀の厳顔
  6. 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう! お酒が強い篤姫

三國志雑学

  1. 呉蜀赤壁の戦い
  2. 蜀の劉備
  3. 袁術と孫策
  4. 関羽


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操 孔明をチェック
  2. 西遊記巻物 書物
  3. 車に乗る諸葛亮
  4. 安土城 織田信長が作らせた城
  5. 曹操

おすすめ記事

疫病が流行った村 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは? 羌瘣 キングダム595話休載スペシャル「羌瘣の巫舞の元ネタは何?」 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集 西夏の服飾(女性) 西夏の末裔・チャン族はどんな服飾をしていた?西夏滅亡もざっくり解説 徳川家を守った篤姫 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった 饅頭を作る孔明 諸葛亮は料理や食用植物を発明・開発した古代中国のエジソンだった? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部 曹操 詩 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP