春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

若かりし曹操は熱血漢

この記事の所要時間: 212




現実主義曹操

 

『三国志演義』では、常に主人公劉備の敵として存在する曹操。

 

許邵(きょしょう)という月旦(げったん・人物鑑定家のこと)から

「治世の能臣、乱世の奸雄」と称された、

『三国志演義』の悪の英雄です。

 

そのため、どうしても嫌われ者のイメージがぬぐえないようです。

もしかすると、男性にはそこまで嫌われていないのかもしれません。

本当に偉大な人物ですから。




歴史ライター東方明珠は曹操好き

人材マニア 曹操

 

しかし、女性からすると、堂々と好きだと答える人は、

かなり少数派かと思われます。

私の個人的な話になってしまいますが、

私は曹操、劉備、孫権の中で一番好きな君主は曹操です。

 

そこで、以前友人に

「子供が生まれたら『曹(つかさ)』か『操(みさお)』ってつけたい」

 

と言ったところ、

「曹操はエロおやじじゃん!」

と一喝されてしまいました……。

 

ちょうど映画『レッドクリフ』が放映されていたときだったので、

周瑜の妻、小喬を虎視眈々と狙う曹操像が印象的だったようです。

 

実際、曹操がエロおやじであることは否めません(←コラ)

 

しかし、そんな曹操にも、若かりし頃がありました。

ダークでヒールなイメージが強い曹操も、実はものすごく

熱い男だったのです。




宦官の系譜でありながら、清廉

曹嵩

 

155年(桓帝の時代)、現在の安徽省北辺の譙(しょう)で生まれました。

首都洛陽のある河南省との境の町です。

 

 

父親の曹嵩(そうすう)は、もともと夏候姓でしたが、

宦官曹騰(そうとう)の養子になりました。

 

つまり曹操は、血のつながりはありませんが、

宦官の孫ということになります。

 

 

祖父曹騰は、30年間も漢室に仕えた宦官で、4代の皇帝に仕えました。

温厚で実直な性格をしていたため、皇帝から信任が厚く、

どんどん地位が高くなっていき、権力を増やしていきました。

 

父曹嵩は、霊帝の代に地位を金で買い、様々な要職を歴任します。

 

曹操12歳の時に、党錮の禁が起こりました。

 

これは、私腹を肥やす宦官を「濁流派」として非難する人々が、

宦官らによって投獄された事件です。

 

曹操は宦官の孫ですので、批判された宦官側の人間でした。

しかし、曹操自身は、成長して官についたとき、宦官と対立する側についたのです。

 

 

二十歳の曹操、警察長官に就く

熱血曹操

 

曹操は20歳のときに洛陽北部の尉(い)という警察長官のような位を務めました。

その時、罪を犯すものがいると、その身分にかかわらず、平等に罰を与えました。

どんなに位が高くても、悪いことをしたら即処刑。

 

各方面から恨みは買いましたが、その清廉潔白な性格は、高く評価されました。

 

また、中央に呼び戻されて、霊帝に謁見できる機会を得た曹操は、

邪悪な人間が朝廷にはびこり、善良なものが出世できないと霊帝に直訴します。

 

不正を見てみぬふりが出来ない若き曹操

朝まで三国志 曹操

 

不正を見てみぬふりなど決してできないという、若き曹操の熱い正義感がよく伝わってくるエピソードです。

 

しかし、こうなると宦官との対立は避けられません。

 

曹操は自分一人だけなら矢面に立つこともいいが、一族までにも災いが降りかかることを怖れ、31歳のとき、

病気と偽り、郷里に引きこもります。

 

 

郷里では春と夏には読書、秋と冬には狩りという悠々自適な暮らしをしていました。




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  2. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!…
  3. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  4. 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物
  5. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  6. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  7. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  8. 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  2. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人
  3. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活
  4. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  5. 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!
  6. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説! 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀? 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

おすすめ記事

  1. 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!!
  2. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男
  3. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!
  4. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  5. 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?
  6. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  7. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  8. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP