三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?

ヤンキー曹操
この記事の所要時間: 239




ヤンキー曹操

 

三国志演義、最大の悪役として名高い曹操は、西暦155年に産まれました。

父である曹嵩は大金持ちで、甘やかされて育った曹操は、

少年期には手のつけられない不良として

幼馴染の袁紹達とつるんで悪さをしていたそうです。

 

さて、通常なら知名度も実力も抜群の曹操がどうして、

三国志演義では、劉備のような中途半端な能力の人物よりも

人気がなく悪役扱いなのでしょう。




曹操に人気がない理由①

裏切りは許さぬ 曹操

 

その最たる特徴が、曹操の合理主義、そして目的の為なら身内でも

容赦なく斬り捨てる非情な性格にあります。

 

曹操の言葉として、有名な台詞があります。

 

「私が他人を裏切っても、他人が私を裏切るのは絶対に許さない」

 

どうでしょうか?背筋がゾッとしませんか?

この言葉の通り、曹操は例え、その人物が有能であっても、

お払い箱を思えば容赦なく処刑しました。

 

それも涙を流しながら、今にも処刑を中止するのではないか?

と周囲に思わせておいて、そんな事は絶対にしなかったそうです。

 

劉備が足でまといとは知りながら、劉備を慕って付いてくる農民を

斬り捨てられず曹操軍に追いつかれたのとは対照的です。

 

関連記事:呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」




曹操に人気がない理由②

13人の妻達(曹操)

 

そして、もう一つ、人気がなくなりそうな曹操の性格があります。

それが、極端な女好きという一面。

 

曹操には13名の妻がいて、子供も32名も造りましたが、

それでも足りず未亡人の雛氏と危険な情事に落ち込んだりしています。

 

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

女性を政治には関与させない

ナポレオンと曹操

 

ただ、日本の豊臣秀吉のように妻、淀殿への愛に溺れる事はなく、

色事と政治はきっちり分けていて妻達が政治に口を挟む事は

許しませんでした、この辺りは立派です。

 

また、曹操は、キレイ事に流されない合理的な人物でもありました。

 

それが能力があれば、出自や経歴はどうあれ、人物を採用するという

度量の広さに繋がっていました。

 

関連記事:意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた

関連記事:見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン

 

曹操はいつだって合理主義

現実主義曹操

 

昔、劉表が力は無いが、餌だけは人一倍食べる巨大な牛を飼っていたそうです。

後に曹操が荊州を手にいれると、その牛も捕獲しました。

 

しかし、曹操は冷たく、、

 

「牛というのは荷車を引くか、田畑を耕すから価値があるのだ、

飯ばかり食べるデカイだけの牛など要るか、、」

 

と言うと、牛を屠殺して宴会のメインディッシュにしてしまいました。

どうでしょう?外見だけに囚われず実利を重視する曹操の合理的な

一面が垣間見えるエピソードではありませんか?

 

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

 

曹操に人気のない理由:まとめ

曹操018

 

さて、若い頃、曹操は、汝南で、許劭(きょしょう)という人相見に、

「乱世の奸雄、治世の能臣」と評価されています。

 

太平の世では仕事が出来る能吏であり、乱世では常人の及ばない

悪だくみを駆使して世の中に憚る大人物という意味です。

 

曹操は、予測不可能な乱世を束ねられる希な人材として、許劭に

評価されていたのでした。

 

しかし、後世の人は乱世を勝ち抜く為の曹操の非情や合理主義を

理解できず、情に厚く失敗ばかりの劉備を愛しました。

 

実際に曹操の評価が+になってきたのは20世紀に入り、

西欧の合理主義が中国に入ってきてからです。

 

曹操の偉大さは1700年を経過してようやく人々に理解された

そのようにも言えるでしょうね。

 

関連記事:幻の皇帝? 曹操が最も愛した息子……曹沖について

関連記事:若かりし曹操は熱血漢




この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

 

関連記事

  1. 朝まで三国志 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部
  2. 三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操 三国志演義に登場する兵器
  3. photo credit: Fall out of passion...... via photopin (license) 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  4. photo credit: Pinkish! S.O.F.ver. via photopin (license) 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  5. ㈱三国志 劉備 孔明 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  6. 華陀 麻沸散 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  7. 五虎大将軍 趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹…
  8. 商鞅像 wiki まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 氐族
  2. 馬良(眉白)
  3. 郭嘉
  4. かなえ 鼎
  5. facebook
  6. 魯粛と周瑜が詐欺を決行
  7. 陸遜
  8. 飛信隊
  9. 徐庶 初陣 ゆるキャラ
  10. 三国志 歴史

おすすめ記事

  1. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!? 韓信
  2. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは? 顔良と関羽
  3. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ かなえ 鼎
  4. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  5. 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった? 張飛のヨメ
  6. 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件 関羽 3つの条件

三國志雑学

  1. 楽進
  2. photo credit: Para mis amigos la mas bella de las flores via photopin (license)
  3. 董允 劉禅
  4. 泣く子も張遼
  5. 郭嘉

ピックアップ記事

  1. photo credit: Enkianthus 吊鐘 via photopin (license)
  2. 後継者争い 劉協と劉弁
  3. 諸葛誕
  4. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  5. 袁術と孫策
  6. photo credit: obscured by clouds via photopin (license)
  7. photo credit: If I Ever Feel Better via photopin (license)
  8. 太史慈 黄巾賊

おすすめ記事

玉磁と孫堅 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 魏武将 はじめての三国志 ゆるい 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? 北走新選組 引用 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」 photo credit: .... via photopin (license) 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家 信 キングダム 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物 朝まで三国志 袁術 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察 馬場信春 wiki 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人 photo credit: Macro Mondays: Red - Raspberry Splash via photopin (license) 陸瑁(りくぼう)とはどんな人?人の苦境を救い、孫権の過ちを正そうと忠言を行った陸遜の弟

おすすめ記事

  1. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由 孔明  墨者
  2. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた? 胡亥
  3. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 田中角栄
  4. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介! 陳平
  5. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期 劉備 人望
  6. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶 ハッポウ茶
  7. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 三国志看板2
  8. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族? 羌族

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP