日常生活

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像

この記事の所要時間: 222




現実主義曹操

 

正史における曹操孟徳(そうそうもうとく)は軍人として、

また政治家として、更には詩人としても歴史に大きな功績を残した人物として評価され、

一方で小説『三国志演義』では野心家の悪党として描かれています。

 

いずれにせよ、良しにせよ悪しきにせよ、

歴史上の巨人というイメージの強い曹操ですが、実際はどのような人物だったのでしょうか?




曹操は身長の小さいおっちゃんだった

曹操 三国志 ゆるキャラ1

実在した曹操が小男であったのは、良く知られているところです。

身長は七尺……現代の単位に置き換えると約161cmとされています。

 

その時代の中国の平均身長は今よりも低かったと推測されますが、確かに小柄であったことは間違いなさそうです。

正史『三国志』以外の史書にも「姿貌短小」等と書かれています。

 

陳寿(ちんじゅ)が編さんした正史『三国志』に注釈をつけた裴松之(はいしょうし)は、『曹瞞伝』という書の曹操に関する記述を紹介しています。

この『曹瞞伝』は呉で書かれたもので、曹操に対して悪意のある記述がされていることで知られていますが、その文章を現代的な視点から見ると、曹操の意外な一面が見えてきます。

 

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情




曹瞞伝から分かる曹操の一面

曹操 詩

 

曹操の幼名は『阿瞞(あまん)』と言います。

今の日本語に(無理に)翻訳するなら「嘘つき坊主」と言う意味に取ることができます。

 

当時は子どもに魔物のようなものが取り憑くことを避けるために、

わざと良くない意味の名前を付ける風習もあったとも言われていますので、

そう名付けられた真意はわかりませんが、『曹瞞伝』にはいかにもその幼名を裏付けるようなエピソードが紹介されています。

 

若いころの曹操はどんな人物だったの?

熱血曹操

 

若いころの曹操は鷹や犬を伴い狩りをすることに夢中になっていました。

そんな彼を見咎めた叔父が、曹操の父である曹嵩に度々報告しましたが、そのことを煩わしく思った曹操は、一計を案じました。

 

ある時、叔父と出会った曹操は表情を崩し、口の端を歪めて見せました。

驚いた叔父に理由を尋ねられた曹操は『病気のせいです』と答えます。

 

叔父づてにその話を知った曹嵩が驚いて駆けつけますが、曹操は普通の顔をしています。

 

叔父から聞かされた話を曹嵩が話すと、曹操は『叔父さんは私を嫌っているからそんなデタラメを言ったのでしょう』と答えました。

それ以降、曹嵩は叔父の言葉に耳を貸さなくなり、曹操は気兼ねなく狩りに没頭できるようになったということです。

 

後に、数多の英雄たちと権謀術数を戦わせた曹操とはまたちょっと違う、子供っぽく小狡いイメージを感じる話ではないでしょうか?

 

『曹瞞伝』には、宮中における曹操の日常の立ちふるまいに触れた部分もあります。

 

関連記事:若かりし曹操は熱血漢

 

実は気さくなおっちゃんだった

笑う曹操

曹操は軽薄で騒がしい人柄で威厳がありませんでした。

音楽が好きで、いつも自分の傍らに音楽を演奏するものを置いて一日中楽しんでいました。

軽い絹の服を好み、腰にぶら下げた革袋に身の回りのものを入れて持ち歩いていました。

宴会の席で上機嫌になると、大笑いして頭を料理の器や盃に突っ込んでしまい、被り物を汚してしまうこともあったということです。

 

『曹瞞伝』はこのように記述することで、曹操の人物を卑小に描こうとしたと考えられますが、これも現代の視点から見るとずいぶん違った印象に捉えることができます。

華美で窮屈な服装より、動きやすく実用的なものを好み、身の回りのものを携え、身軽に動きまわっていた。

たいそう陽気で音楽好き、人との談笑を好み機嫌のいい時は大笑いすることもあった……

歴史に語られる英雄とはまた違う、気さくで人間的な曹操の姿が、そこに見えてくるようには思えないでしょうか?

 

関連記事:意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

曹萌

 

関連記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

曹操死んでもヨメを・・・

 

よく読まれてる記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

 

曹操 健康

 

よく読まれてる記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…
  2. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  3. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の…
  4. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?
  5. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  6. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  7. 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将
  8. 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備
  2. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  3. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  4. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  5. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  6. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは… 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え? 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3) 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!

おすすめ記事

  1. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  2. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  3. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  4. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  5. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家
  6. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  7. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  8. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP