ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

沢山の人材を発掘した呉の孫権

孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 




三人(魏 呉 蜀)

 

孫堅孫策と続いた呉の三代目、孫権は、劉備曹操のような、

叩き上げの歴戦の英雄から見ると地味な印象を受けます。

 

しかし、それは、ある程度安定した地盤を引き継いで、多くの戦乱に

明け暮れる必要が無かったという点。




呉が発展できた理由

太公望 釣り

 

呉は中国国内でも有数な水に恵まれた穀倉地帯であり、

資源を求めて他所へ撃って出る必要がなく、それが守備に重点を置いた

呉の戦略に繋がったという点が原因です。




呉が地味な理由

三国志まとめ 董卓

 

曹操劉備のようにガツガツしないでも済んだので、

どうしても活動が地味に見えるのでしょう。

 

そんな孫権ですが、曹操劉備に劣らない、むしろ凌いでいる部分があります。

 

曹操や劉備に劣らないのは何故?

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

それは多くの人材を発掘して呉の発展に寄与した事です。

 

孫権の人材に対する考え方を現す言葉には、以下のようなものがあります。

 

「他人の長所を褒めて最大限伸ばし、欠点には目をつぶる」

 

孫権は、このような考えに基づいて、多くの部下を登用して、

これを活動させました。

 

名将に変貌させた孫権の人心掌握術

呂蒙

 

特に有名なのは、呂蒙(りょもう)という武将でしょう。

呂蒙は、元々は武力一辺倒の戦馬鹿であり、

赤壁でも大手柄を立てるなど優れた知恵はあったのですが、

貧しい境遇の為に学問が出来ず文字も読めない文盲だったので、

周囲からは「呉下の阿蒙」と馬鹿にされていました。

 

阿蒙の阿とは、○○ちゃんという意味で、ようするに

「蒙ちゃん」と軽く馬鹿にして呼ばれていた訳です。

 

孫権は、呂蒙を呼び寄せて、学問の必要性を強く説きました。

 

「何も学者になるほどに勉強をせよとは言わぬ、ただ、過去の事を

もう少し勉強して欲しいのだ」

 

孫権自身も忙しい政務の合間を見て、孫子の兵法を研究するなど、

大変な読書家でした。

 

その孫権から勉強しなさいと言われた呂蒙は一念発起して

寝る間を惜しんで勉強をし、ついには学者を凌ぐ知識を身につけています。

 

その事が、後に関羽を討ち取り荊州を奪還するなどの大功績に繋がるのです。

 

関連記事:「男子三日会わざれば刮目して見よ」……呂蒙について

 

孫権は優秀な人材を呉に招く

遅れて来た孫権 英雄

 

この呂蒙以外にも、孫権は、諸葛孔明の兄の諸葛僅(きん)や、

魯粛(ろしゅく)のような優れた政治家を呉に招いています。

 

魯粛三国志演義では、周瑜孔明の間で右往左往するくたびれた

中間管理職のような情ない役ですが、事実はそうではなく

長期的な戦略眼を持った有能な文官でした。

 

孫権にも「後漢王朝はもう駄目なので、江東の地で新しく王朝を

開いて、その王となるべきです。」と主張しています。

 

実は、古参の張昭のような文官は、後漢王朝の復興にこだわっていて

魯粛とは水と油だったのですが、孫権は両者の長所を入れて

バランス良く、これを用いていたのです。

 

また、後に夷陵の戦いで蜀軍を破って名を上げる陸遜(りくそん)も

孫権によって見出された人材です。

 

拡大していく、呉は多くの人材を必要としていました。

それを満たすには、有能な人材を見出す眼力が不可欠だったのです。

 

孫権は、その大事な眼力を持っていたからこそ、

受け継いだ呉を拡大させて、三国の一国の地位を確保できたのです。

 

関連記事:遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?




この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

 

関連記事

  1. 呂布に暗殺される董卓 董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?
  2. 孔明 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明
  3. 【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの?
  4. 土いじりをする劉備 劉備は本当に景帝の末裔なの?
  5. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  6. 劉禅 劉禅ってどんな政治をしたの?暗愚と呼ばれた君主の政治手腕を解説
  7. 袁家をイジメる董卓 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先
  8. 亡くなる孫堅 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 章邯(しょうかん)
  2. 藏覇(臧覇)と曹丕
  3. キングダム53巻
  4. 「宋」の国旗をバックとした兵士
  5. 野球をする呂布、孔明、劉備
  6. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  7. 三国志大学で勉強する劉備
  8. 大村益次郎 幕末
  9. 実は頭がイイ賢い張飛

おすすめ記事

  1. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】 孔明VS曹操
  2. 張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷 愛馬に乗る張遼
  3. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る
  4. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  5. 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格 陸遜
  6. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・ 始皇帝

三國志雑学

  1. 呂布のラストウォー 呂布
  2. 頭痛に悩ます曹操
  3. 秦の旗を掲げる兵士
  4. 剣を持って戦う徐庶
  5. はじめての三国志 画像準備中


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  2. オカルト小説を書いている曹丕
  3. 張燕
  4. 玉璽
  5. 織田信長

おすすめ記事

総制作費40億円!!三国志史上、最も美しいエンターテインメント時代劇『三国志 ~趙雲伝~』を11月2日からレンタルをスタート 孔明 【出師の表】本当は全く泣けない実用文だった! 孔明と魯粛 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】 黄月英と孔明 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介! 武田信玄 武田信玄の馬印は孫子の兵法書を参考にしていたの? 戦で功績をあげる王渾 王渾とはどんな人?三国時代を終わらせて晋の名家へ成り上がった漢の生涯 魏延からの提案を却下する孔明 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP