よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

沢山の人材を発掘した呉の孫権

この記事の所要時間: 213




三人(魏 呉 蜀)

 

孫堅孫策と続いた呉の三代目、孫権は、劉備曹操のような、

叩き上げの歴戦の英雄から見ると地味な印象を受けます。

 

しかし、それは、ある程度安定した地盤を引き継いで、多くの戦乱に

明け暮れる必要が無かったという点。




呉が発展できた理由

太公望 釣り

 

呉は中国国内でも有数な水に恵まれた穀倉地帯であり、

資源を求めて他所へ撃って出る必要がなく、それが守備に重点を置いた

呉の戦略に繋がったという点が原因です。




呉が地味な理由

三国志まとめ 董卓

 

曹操劉備のようにガツガツしないでも済んだので、

どうしても活動が地味に見えるのでしょう。

 

そんな孫権ですが、曹操劉備に劣らない、むしろ凌いでいる部分があります。

 

曹操や劉備に劣らないのは何故?

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

それは多くの人材を発掘して呉の発展に寄与した事です。

 

孫権の人材に対する考え方を現す言葉には、以下のようなものがあります。

 

「他人の長所を褒めて最大限伸ばし、欠点には目をつぶる」

 

孫権は、このような考えに基づいて、多くの部下を登用して、

これを活動させました。

 

名将に変貌させた孫権の人心掌握術

呂蒙

 

特に有名なのは、呂蒙(りょもう)という武将でしょう。

呂蒙は、元々は武力一辺倒の戦馬鹿であり、

赤壁でも大手柄を立てるなど優れた知恵はあったのですが、

貧しい境遇の為に学問が出来ず文字も読めない文盲だったので、

周囲からは「呉下の阿蒙」と馬鹿にされていました。

 

阿蒙の阿とは、○○ちゃんという意味で、ようするに

「蒙ちゃん」と軽く馬鹿にして呼ばれていた訳です。

 

孫権は、呂蒙を呼び寄せて、学問の必要性を強く説きました。

 

「何も学者になるほどに勉強をせよとは言わぬ、ただ、過去の事を

もう少し勉強して欲しいのだ」

 

孫権自身も忙しい政務の合間を見て、孫子の兵法を研究するなど、

大変な読書家でした。

 

その孫権から勉強しなさいと言われた呂蒙は一念発起して

寝る間を惜しんで勉強をし、ついには学者を凌ぐ知識を身につけています。

 

その事が、後に関羽を討ち取り荊州を奪還するなどの大功績に繋がるのです。

 

関連記事:「男子三日会わざれば刮目して見よ」……呂蒙について

 

孫権は優秀な人材を呉に招く

遅れて来た孫権 英雄

 

この呂蒙以外にも、孫権は、諸葛孔明の兄の諸葛僅(きん)や、

魯粛(ろしゅく)のような優れた政治家を呉に招いています。

 

魯粛三国志演義では、周瑜と孔明の間で右往左往するくたびれた

中間管理職のような情ない役ですが、事実はそうではなく

長期的な戦略眼を持った有能な文官でした。

 

孫権にも「後漢王朝はもう駄目なので、江東の地で新しく王朝を

開いて、その王となるべきです。」と主張しています。

 

実は、古参の張昭のような文官は、後漢王朝の復興にこだわっていて

魯粛とは水と油だったのですが、孫権は両者の長所を入れて

バランス良く、これを用いていたのです。

 

また、後に夷陵の戦いで蜀軍を破って名を上げる陸遜(りくそん)も

孫権によって見出された人材です。

 

拡大していく、呉は多くの人材を必要としていました。

それを満たすには、有能な人材を見出す眼力が不可欠だったのです。

 

孫権は、その大事な眼力を持っていたからこそ、

受け継いだ呉を拡大させて、三国の一国の地位を確保できたのです。

 

関連記事:遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?




この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

 

関連記事

  1. 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?
  2. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…
  3. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  4. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人…
  5. 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた…
  6. 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!
  7. 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  8. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  2. 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  3. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  4. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  5. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  6. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる! 諸葛亮が発明した三国志のミリ飯「博望鍋盔」を実食! 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう! 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは? 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  2. 中国古典によく出てくる「鼎」って何?
  3. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  4. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還
  5. 【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したドクターX 辛憲英(しんけんえい)
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介
  7. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  8. ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP