春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話

この記事の所要時間: 211




曹操躍進

 

曹操というと、頭が切れて、戦も上手いスマートな人物として三国志には、描かれています。

 

しかし、その人生を見て見ると、序盤は散々で、方向性は間違ってはいないのですが、曹操自身に力が無いので、全てにから回りします。

 

前回記事:26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因




空回り続きの若き曹操君

反董卓軍010

 

有名な反菫卓連合軍を結成した時には、幼馴染の袁紹を盟主にしたまでは光っているのですが、袁紹は日和見で動かずじまい、

焦った曹操は、大金をはたいて集めた5千名の兵力で、菫卓軍の武将、徐栄に挑むも打ち破られて虎の子の兵力の大半を失います。

 

この敗戦で、有力な諸候も戦死しているので曹操は指導力を疑われついに連合軍を引っ張る事が出来ないまま軍は解散します。

 

その後の曹操は、袁紹の使い走りとして袁術や公孫瓚と戦う毎日を送り、全く世にでる機会がありませんでした。




曹操に訪れる幸運の女神

85fa98d7d1434ffe0ec9931e2c56e373_m

 

しかし、西暦192年、雌伏しながらも機会を窺う曹操に大チャンスが訪れます。

 

兗(えん)州の太守だった劉岱(りゅうたい)が

再び勢力を付けた黄巾賊の大軍、30万人に破られ戦死したのです。

 

 

この頃、菫卓を暗殺して、政権を握った、呂布と王允は、

献帝の命令で袁紹に対して、黄巾賊の討伐を命令します。

 

 

当時、曹操の軍師だった陳宮は、

「今こそが、袁紹の支配を抜け出して、曹操が根拠地を得る好機」

と鮑信と運動して曹操を兗州の牧とするように働き掛けます。

 

 

袁紹もこれを許して、曹操を兗州に差し向けると曹操は、

黄巾賊、30万の大軍を打ち破ってしまいます。

 

 

黄巾賊を破った曹操が取った行動が・・・・

張角逝く 張角 死

 

しかし、話はそれで終わりではありませんでした。

敗れた黄巾賊は、曹操の配下になる事を了承したのです。

 

 

曹操が黄巾賊を配下にした理由は何故?

黄巾装着

 

ここには裏がありました、曹操は以前に役人として青州に赴任した時、

邪神を祀り、人々を恐怖で支配していた腐敗役人を次々と摘発し、その80%を処刑した事があります。

 

 

青州は、黄巾賊が起こった故郷でしたから、彼等は、曹操の善政を覚えていたのです。

 

 

黄巾賊:「曹操殿の善政は、我々の太平道の教えと同じものです、

悪徳役人の腐敗を憎み太平の世の中を築くのが亡くなった

張天師の心からの願いであり、我等の願いでもあります。」

 

 

曹操:「あい、分かった、この曹操が戦乱の世を鎮め、

張天師が願った太平の世を造ってみせよう、、

その為に汝らは、私の手足となって働いてくれるか?」

 

 

黄巾賊の指導者達は、曹操にひれ伏して、その理想の為に手足となって戦う事を誓います。

 

 

曹操の精鋭部隊誕生

現実主義曹操

 

彼等は青州兵として、曹操軍の主力であり続け、以後、数え切れない戦争で手柄を立てる精鋭になります。

 

 

青州兵は30万人という大軍ですが、それに加えて、

100万人という戦争流民も曹操は手に入れてしまいます。

 

 

曹操は、これら流民に荒れ果てた兗州の土地を耕作させつつ

国力を高める事が出来るようになります。

 

 

一夜にして、袁紹の使い走りから、30万の兵力の持ち主になった

曹操は、その才能を発現させる勢力を手に入れて天下への道を驀進していく事になります。

 

 

その頃、劉備は、いまだ公孫瓚の下で客将として仕える立場でした。

 

関連記事:若かりし曹操は熱血漢

関連記事:意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

関連記事:パイを奪うより自分で焼け!曹操の大改革

関連記事:曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  2. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  3. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は…
  4. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  5. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  6. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備
  7. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  8. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん
  2. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  3. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  4. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  5. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣
  6. はじめての三国志 アンケートのお願い

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は? 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半) 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る

おすすめ記事

  1. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  2. 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?
  3. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  4. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で?
  5. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?
  6. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  7. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  8. 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP