広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話

この記事の所要時間: 211




曹操躍進

 

曹操というと、頭が切れて、戦も上手いスマートな人物として三国志には、描かれています。

 

しかし、その人生を見て見ると、序盤は散々で、方向性は間違ってはいないのですが、曹操自身に力が無いので、全てにから回りします。

 

前回記事:26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因




空回り続きの若き曹操君

反董卓軍010

 

有名な反菫卓連合軍を結成した時には、幼馴染の袁紹を盟主にしたまでは光っているのですが、袁紹は日和見で動かずじまい、

焦った曹操は、大金をはたいて集めた5千名の兵力で、菫卓軍の武将、徐栄に挑むも打ち破られて虎の子の兵力の大半を失います。

 

この敗戦で、有力な諸候も戦死しているので曹操は指導力を疑われついに連合軍を引っ張る事が出来ないまま軍は解散します。

 

その後の曹操は、袁紹の使い走りとして袁術や公孫瓚と戦う毎日を送り、全く世にでる機会がありませんでした。




曹操に訪れる幸運の女神

85fa98d7d1434ffe0ec9931e2c56e373_m

 

しかし、西暦192年、雌伏しながらも機会を窺う曹操に大チャンスが訪れます。

 

兗(えん)州の太守だった劉岱(りゅうたい)が

再び勢力を付けた黄巾賊の大軍、30万人に破られ戦死したのです。

 

 

この頃、菫卓を暗殺して、政権を握った、呂布と王允は、

献帝の命令で袁紹に対して、黄巾賊の討伐を命令します。

 

 

当時、曹操の軍師だった陳宮は、

「今こそが、袁紹の支配を抜け出して、曹操が根拠地を得る好機」

と鮑信と運動して曹操を兗州の牧とするように働き掛けます。

 

 

袁紹もこれを許して、曹操を兗州に差し向けると曹操は、

黄巾賊、30万の大軍を打ち破ってしまいます。

 

 

黄巾賊を破った曹操が取った行動が・・・・

張角逝く 張角 死

 

しかし、話はそれで終わりではありませんでした。

敗れた黄巾賊は、曹操の配下になる事を了承したのです。

 

 

曹操が黄巾賊を配下にした理由は何故?

黄巾装着

 

ここには裏がありました、曹操は以前に役人として青州に赴任した時、

邪神を祀り、人々を恐怖で支配していた腐敗役人を次々と摘発し、その80%を処刑した事があります。

 

 

青州は、黄巾賊が起こった故郷でしたから、彼等は、曹操の善政を覚えていたのです。

 

 

黄巾賊:「曹操殿の善政は、我々の太平道の教えと同じものです、

悪徳役人の腐敗を憎み太平の世の中を築くのが亡くなった

張天師の心からの願いであり、我等の願いでもあります。」

 

 

曹操:「あい、分かった、この曹操が戦乱の世を鎮め、

張天師が願った太平の世を造ってみせよう、、

その為に汝らは、私の手足となって働いてくれるか?」

 

 

黄巾賊の指導者達は、曹操にひれ伏して、その理想の為に手足となって戦う事を誓います。

 

 

曹操の精鋭部隊誕生

現実主義曹操

 

彼等は青州兵として、曹操軍の主力であり続け、以後、数え切れない戦争で手柄を立てる精鋭になります。

 

 

青州兵は30万人という大軍ですが、それに加えて、

100万人という戦争流民も曹操は手に入れてしまいます。

 

 

曹操は、これら流民に荒れ果てた兗州の土地を耕作させつつ

国力を高める事が出来るようになります。

 

 

一夜にして、袁紹の使い走りから、30万の兵力の持ち主になった

曹操は、その才能を発現させる勢力を手に入れて天下への道を驀進していく事になります。

 

 

その頃、劉備は、いまだ公孫瓚の下で客将として仕える立場でした。

 

関連記事:若かりし曹操は熱血漢

関連記事:意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

関連記事:パイを奪うより自分で焼け!曹操の大改革

関連記事:曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  2. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  3. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!…
  4. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  5. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  6. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  7. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  8. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介
  2. アンゴルモア元寇合戦記 29話の7 最新話ネタバレ 「高麗が高麗である為に」
  3. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情
  4. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説
  5. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?
  6. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半) 【李傕・郭汜祭り 2日目】凶暴さでは李傕に劣らない郭汜のバイオレンスライフ 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう) 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

おすすめ記事

  1. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  2. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  3. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  4. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将
  5. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  6. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  7. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  8. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP