よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

この記事の所要時間: 210




関羽 神様

三国志の英雄、関羽雲長が現代では『関聖帝君(かんせいていくん)』(関帝)

という神格として信仰されていることは、三国志ファンの皆さんはよくご存知のことと思います。

 

関羽を祀る『関帝廟(かんていびょう)』は中国のみならず世界中にあり、

日本でも横浜中華街や神戸南京町にあるものが有名ですよね。




なぜ、関羽は神として信仰を集めるようになったのでしょうか?

関帝廟 関羽

 

現代において関帝は主に商業の神として信仰されています。

これは関羽が自分の配下の兵士を管理するのに、そろばんを用い帳簿に記録する姿から連想されたという説がある一方、

関羽が元は塩の密売業を営んでいたことにちなんでいるともされます。




関羽が商業の神様と呼ばれたのはいつから?

関羽神様

 

しかし、関羽が商業の神様とみなされるようになったのはずっと後世のこと。

古くは(当然といえば当然ですが)武神として信仰されていました。

もともと、彼が神格化したのには、その非業の死が大きく関わっているようです。

 

反骨心が強い関羽の最期

関羽 激怒

 

関羽は反骨心が強く、目上の者の憎悪を買うような言動が多かったことが知られています。

(一方、目下の者は厚く遇したとされています)

関羽のそうした数々の言動は、巡り巡って最終的には、

魏と呉をして反関羽の連合を組ませるという最悪の結果を招きました。

219年、魏と呉の連合軍に樊城(はんじょう)の戦いにおいて破れた関羽は捕らわれ、息子の関平と共に斬首されてしまいます。

 

関連記事:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

関連記事:謎多き登場人物、関索って何者?

 

関羽の呪い

関羽 死

その同じ年、彼を討った呉の呂蒙が病死。

翌年には曹操が死ぬなど、関羽の死後、彼に関わりのあった人物が立て続けに幾人も他界しています。

 

中国にはもともと、非業の死を遂げた人間は強い霊力を持つと信じられており、

関羽の関係者が次々と死んだという事実は、多くの人に『関羽の呪い』であると印象づけたに違いありません。

 

三国志演義では、関羽の霊にとりつかれた呂蒙が君主である孫権につかみかかり、その直後に大量の吐血をして死ぬという場面や、

孫権から関羽の生首を贈られた曹操がその首に語りかけると目を見開いて睨みつけ、

結局曹操は関羽の亡霊を恐れるあまりに衰弱死ししてしまう、という顛末が描かれています。

 

こうして、関羽は超自然的な存在として認識されるようになり、人々の間で神格化されていったようです。

 

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

 

関羽の存在は忠義の士のシンボルとして利用しやすい

関羽 使者

 

一方、関羽という存在は忠義の士のシンボルとして、為政者にとっては利用しやすいものでした。

歴代の王朝は民衆における関羽人気を利用するため、競って関羽に神号を追贈していきました。

 

明の時代には「三界伏魔大帝神威遠鎮天尊関聖帝君」、「三界伏魔大帝神威遠震天尊関聖帝君」

清の時代には「忠義神武関聖大帝」「忠義神武霊佑関聖大帝」「忠義神武霊佑仁勇関聖大帝」「忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝」といった号が贈られました。

こうして、時代を経るにつれ、関羽は神様として大衆の信仰対象として根付いていったのです。

 

関連記事:曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

 

関羽を祀る『関帝廟(かんていびょう)』は日本にもある

関羽 横浜中華街

 

横浜中華街にある関帝廟では、関羽の誕生日である旧暦6月24日(2014年は7月20日)に、

関聖帝君の生誕を祝う記念行事としてパレードを行っています。

 

三国志ファン、関羽ファンの方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

 

 

耳で聞いて覚える三国志




こちらの記事もよく読まれています

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:関帝廟のご利益は……神様の名前は、「関聖帝君」

 

関羽千里行 ゆるキャラ

よく読まれてる記事:関羽千里行って有名だけど何なの?

 

はじめての三国志 ライター 石川克世

石川

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

関連記事

  1. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソード…
  2. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  3. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  4. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  5. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  6. 諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る!
  7. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  8. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」
  2. 劉備は本当に景帝の末裔なの?
  3. 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国
  4. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  5. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  6. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀 阿部正弘の死因は何?ストレスに倒れた若きイケメン老中首座 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった! 【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽 どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの? 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達

おすすめ記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  2. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)
  3. 人々の鑑になった良い宦官達
  4. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  5. 諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!
  6. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  7. 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧
  8. 魏や呉にもいた諸葛一族の話

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP