日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫権日本

 

魏志倭人伝によって描かれるのは、卑弥呼からの使者が魏を訪れたという歴史的事実ですが、実は、孫権(そんけん)も、対日出兵していたということはあまり知られていないかもしれません。


夷州と亶州

呂壱と孫権

 

230年のことです。孫権(そんけん)は、こんな話を耳にします。

 

「会稽(かいけい)の東方の海中を行くと、夷州(いしゅう)と亶州(せんしゅう)があります。ここの住民は数がとても多く、みな勇猛なのです」

 

酒癖が悪い孫権

 

会稽とは、現在の紹興(しょうこう)市のあたりです。紹興酒の特産地です。ちなみに、「会稽の恥」という故事も存在しまして、これは、陳寿が孫権に似ていると比較した人、勾践(こうせん)が宿敵夫差(ふさ)に負けて会稽山に逃げ込んだときの屈辱を示しています。

 

丸木舟(弥生時代)

 

話がそれてしまいましたが……会稽の東方の海を渡っていくとある国は、そう、日本です!夷州と亶州は日本のことを指しているのです。もともと、日本の弥生時代に伝わってきた稲作は、中国の江南地域からもたらされたものです。孫権の治める江南地帯には、古くから日本とのつながりがあったのです。


対日遠征をした孫権

 

種子島を目指す衛温

孫権は、これから対魏、対蜀戦争に使える勇猛な戦士を手に入れようと対日遠征を試みます。

 

海上での戦い08 衛温、諸葛直

 

衛温(えいおん)と諸葛直(しょかつちょく)が日本へ派遣されます。3000人の住民を捕らえました!

 

孫権に処刑される衛温と諸葛直

 

しかし、疫病がはやってしまい、8000人の兵士を失いました。マイナス5000人の大赤字の遠征になってしまいました……。

 

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説


徐福伝説を聞く

徐福

 

大損をしてしまった対日遠征でしたが、衛温と諸葛直は、現地の長老からこんな話を聞くことができました。

 

「昔この地には、始皇帝の命を受けて、不老不死の薬を探しに来た徐福(じょふく)がやってきたのじゃ。徐福はこの地にとどまり、今では一族は、これこのように一万戸に達しましたぞ」徐福伝説は日本各地に存在し、いったい彼がどこに上陸したのかはいまだ不明ですが、日本である可能性は濃厚でしょう。

 

卑弥呼

 

魏と倭の交渉以前に、呉と倭の交流があったというのはとても興味深いですね。

 

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 

関連記事

  1. 三国志時代の牢獄
  2. 孟達を討伐する司馬懿
  3. 華陀の治療を受けながら碁をうつ関羽
  4. 七星剣
  5. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  6. 蜀の皇帝に即位した劉備

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    •  
    • 2019年 7月 19日

    日本じゃなくて台湾ですよ
    当時の中国に外洋に出て日本に渡れるほどの航海術も造船技術もありません
    魏の使者が日本の位置情報を正しく認識出来なかったのも、彼らが倭人のような海洋民族ではないからです

    徐福も倭人の手を借りて亡命できたのです
    航海術が無かったので始皇帝には追跡する術はありませんでした

    台湾の原住民は倭人と似た風習を持った類縁関係にある民族で、倭人の大陸交易の中継地の一つでしたから、徐福の情報はそこから得たものでしょう




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP