よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

この記事の所要時間: 251




魏軍・曹操軍

 

正史『三国志』中の『魏志倭人伝』の記述により、三国時代に魏と倭国=日本との交流があったことが知られています。

しかし、日本と関係を持とうとしたのは魏だけではありませんでした。

呉の孫権が皇帝に即位した後、日本に軍勢を派遣した記録が残されています。

 

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説




なぜ、孫権は軍を日本へ派遣したの?

孫権日本

 

三国時代の勢力地図を見ると、孫権の支配した呉は中国大陸の南東、太平洋に面した揚州を拠点にしていたことが分かります。

孫権が皇帝に即位した当時、呉は蜀と和睦し協力関係にありました。

蜀が支配した益州は呉から見て西方に位置します。

 

一方、呉の北方には強大な魏が存在しており、北方進出はままならない状況でした。




呉が勢力拡大をできる地域は東側しかなかった

f46bba359b9c99e32ac0ddc7967290f5_m

 

西と北を他勢力に抑えられている呉にとって、勢力を拡大できる余地が残されているのは呉よりも南方に位置する交州、そして呉の東……台湾と、日本でした。

 

また、南と東の国境線を押さえて勢力を伸ばすことは、ちょうど蜀の諸葛孔明が南の異民族の討伐を行ったことと同様、

国の安全保障上、必要不可欠な政策であったとも言えます。

 

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

 

遠征軍、台湾には到達したけど……。

黄巾賊 道徳 落ちた

 

230年の春、孫権は配下の衛温と諸葛直という二人の将軍に命じ、兵士10000人を率いて夷州(いしゅう)と亶州(たんしゅう)に向かわせました。

夷州と亶州は呉の東方、太平洋上に浮かぶ島国で、夷州は台湾を、そして亶州は日本を意味していると考えられています。

 

二人の将軍は夷州(台湾)にこそ上陸を果たしましたが、亶州(日本)へはたどり着くことができず、その遠征の行程で兵士の実に9割を疫病で失ってしまいました。

1年後、二人は夷州の原住民数千人を奴隷として呉に連れ帰りましたが、孫権は勅命を果たせず貴重な兵士を失ったことを咎めて二人を投獄、いずれも獄死してしまいます。

 

関連記事:二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

関連記事:三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか

関連記事:三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

 

呉が日本に辿りつけなかった理由

大和大国 太平洋

 

なぜ、呉の軍勢が亶州にたどり着くことができなかったのかは諸説ありますが、興味深い仮説のひとつに『船出の季節』が原因だったとする説があります。

 

一旦、夷州への上陸を果たした軍勢が、亶州へ向けて出航できたのは夏を過ぎた、現代では9月以降の季節であったと考えられます。

この時期はご存知の通り日本では台風シーズンに当っており、洋上で艦隊が台風に直撃を受けたことが遠征挫折の大きな要因だったと考えられるのです。

 

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

 

元寇(げんこう)と一致する

Mōko_Shūrai_Ekotoba

 

この台風説は奇しくも、モンゴル帝国が日本への侵攻を企図しながらも台風によって頓挫したとされる、あの『元寇』と一致します。

この時代、中国から日本へ渡航することはかなりのリスクを要したと言えるでしょう。

 

 

孫権が本当に求めたものは『不老不死の妙薬』?

不老不死 始皇帝

 

 

ところで、古代中国には“徐福伝説”と言われる言い伝えが存在しました。

三国時代からさかのぼること400年程の昔、中国を統一した秦の始皇帝に拝謁した方士の徐福という人物が「東方に不老不死の霊薬がある」と具申。

 

秦の始皇帝はその薬の探索を徐福に命じました。

 

徐福は3000人の若い男女を引き連れて亶州に至りましたが、彼はそこで王となり、秦に戻ることはなかったと言われています。

 

孫権がこの徐福伝説を知っていた可能性は大いにあります。

もしかすると、皇帝に即位した孫権は不老不死を求めて亶州(日本)に軍を派遣したのかも知れません。

 

いずれにせよ、もしこの遠征が成功していたとすれば、当時の亶州=倭国(日本)に与えた影響は大きなものであったことは間違いなく、もし実現していれば、日本の歴史もまた大幅に塗り替えられたことは想像に難くありません。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

 

耳で聞いて覚える三国志




よく読まれている記事

不老不死 始皇帝

 

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

 

趙政

 

よく読まれてる記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解く…
  2. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  3. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  4. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3
  5. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  6. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  7. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  8. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  2. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  3. 関羽と織田信長が同じ時代にタイムスリップしたらどうなる?【if三国志】
  4. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」
  5. 大久保利通は明治維新・幕末時代にどんな業績を残したの?
  6. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは? 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの? 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに? 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった? もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】 キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

おすすめ記事

  1. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  2. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  3. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  4. 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?
  5. レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話
  6. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  7. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!)
  8. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP