諸葛孔明の影に隠れる劉備


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

㈱三国志

 

戦国武将の理想の上司ランキング、というのをメディアでしばしば目にしたことはありますが、三国志の理想の上司ランキングはあまり見たことがありません。それならば、本場中国ではあるに違いないと思い、知り合いの方数人に尋ねてみたのですが……


中国人の友人に好きな武将を聞いてみた・・・

超雲 阿斗 守る ゆるい

 

なぜか私の周りには「趙雲」と答える人が続出。……みなさん、顔で選びましたよね!?サンプル数が少なすぎて、あてにならず、すみません。

 

諸葛孔明を自分のもとに入れたくて堪らない劉備

 

そこで、普通に想像してみると、一番に名前が挙がりそうなのは、諸葛孔明、そして劉備あたりな気がします。特に、本人はいたって凡庸でありながらも、数々の英雄を従えた劉備は、理想の上司の名前にふさわしいのではないでしょうか。

 

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?


四川省の観光地『武侯祠(ぶこうし)』

蜀の姜維

 

かつての蜀の都であった四川省には、現在、三国志関連の遺跡はほとんど残っていません。その中で、あえて言えば、ここは外せないというのが『武侯祠(ぶこうし)』です。ここは、武侯すなわち諸葛孔明が祀られているやしろです。敷地面積は約3万7千平方メートルというので、かなり広大です。

 

 

この広い敷地内の最奥に諸葛亮殿があり、その前座に劉備殿があります。劉備の方が主君のはずですが、諸葛孔明の家に居候している感じです。また、この武侯祠には、劉備の陵墓の恵陵もあります。


墓にまで居候する劉備

劉備 だらしない

お墓まで、諸葛さん宅に居候です。観光客のほとんども、目当ては諸葛亮殿であり、前座の劉備殿やまして陵墓などは、素通りする方も……。完全に主役は諸葛孔明、脇役が劉備の配置になっています。

 

しかし、当の劉備なら、これを見ても「いいよ、そんなの気にしないし」と笑顔で言ってくれるような気がします。劉備が三顧の礼で諸葛孔明を迎えたとき、あまりに年若く、実績もまったくない孔明を、劉備がやたらと重宝することに対して、義兄弟の関羽と張飛は難色を示しました。

 

水魚の交わり

 

すると劉備は、「俺にとって孔明の存在は、魚が水を得たようなものなんだ。だからみんな、文句を言わずに認めてくれ」と言うのです。堂々と皆の前で開き直られては、関羽も張飛もぐうの音も出ませんでした。劉備の人柄をよく表しているエピソードだと思います。ヒーロー凡庸説というのがあります。

 

水魚の交わり

 

実際に歴史を動かしたとされる英雄たちは、実は平凡な人で、ただ人を惹きつけるカリスマに優れていたという説ですが、劉備こそが、そんな人物だったのではないでしょうか。

 

関連記事:滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

関連記事:主人公になるべく登場した男、劉備玄徳

関連記事:劉備と劉邦

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

 

関連記事

  1. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  2. 孫権
  3. 司馬懿と公孫淵
  4. 徐庶
  5. 曹操のムスコ達アイキャッチ2

    デザイン担当:よりぶりん

    集まれ曹操の25人の息子たち・その3

    曹操の13人の妻と25人の息子たちを、一挙…

  6. 呂壱と孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP