呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

諸葛孔明の影に隠れる劉備

株式会社三国志で働く劉備と孔明




㈱三国志

 

戦国武将の理想の上司ランキング、というのをメディアで

しばしば目にしたことはありますが、三国志の理想の上司ランキングは

あまり見たことがありません。

 

それならば、本場中国ではあるに違いないと思い、

知り合いの方数人に尋ねてみたのですが……




中国人の友人に好きな武将を聞いてみた・・・

超雲 阿斗 守る ゆるい

 

なぜか私の周りには「趙雲」と答える人が続出。

……みなさん、顔で選びましたよね!?

サンプル数が少なすぎて、あてにならず、すみません。

 

そこで、普通に想像してみると、一番に名前が挙がりそうなのは、

諸葛孔明、そして劉備あたりな気がします。

 

特に、本人はいたって凡庸でありながらも、

数々の英雄を従えた劉備は、理想の上司の名前にふさわしいのでは

ないでしょうか。

 

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?




四川省の観光地『武侯祠(ぶこうし)』

武侯祠

 

 

かつての蜀の都であった四川省には、現在、三国志関連の遺跡は

ほとんど残っていません。

 

その中で、あえて言えば、ここは外せないというのが

『武侯祠(ぶこうし)』です。

 

 

ここは、武侯すなわち諸葛孔明が祀られているやしろです。

敷地面積は約3万7千平方メートルというので、かなり広大です。

 

この広い敷地内の最奥に諸葛亮殿があり、

その前座に劉備殿があります。

 

 

劉備の方が主君のはずですが、諸葛孔明の家に居候している感じです。

また、この武侯祠には、劉備の陵墓の恵陵もあります。

 

墓にまで居候する劉備

劉備 だらしない

お墓まで、諸葛さん宅に居候です。

観光客のほとんども、目当ては諸葛亮殿であり、

前座の劉備殿やまして陵墓などは、素通りする方も……。

 

完全に主役は諸葛孔明、脇役が劉備の配置になっています。

 

しかし、当の劉備なら、これを見ても

「いいよ、そんなの気にしないし」と笑顔で言ってくれるような気がします。

 

 

劉備が三顧の礼で諸葛孔明を迎えたとき、

あまりに年若く、実績もまったくない孔明を、劉備がやたらと

重宝することに対して、

義兄弟の関羽張飛は難色を示しました。

 

 

すると劉備は、

「俺にとって孔明の存在は、魚が水を得たようなものなんだ。

だからみんな、文句を言わずに認めてくれ」

と言うのです。

 

 

堂々と皆の前で開き直られては、関羽張飛

ぐうの音も出ませんでした。

 

 

劉備の人柄をよく表しているエピソードだと思います。

ヒーロー凡庸説というのがあります。

 

実際に歴史を動かしたとされる英雄たちは、実は平凡な人で、

ただ人を惹きつけるカリスマに優れていたという説ですが、

劉備こそが、そんな人物だったのではないでしょうか。

 

関連記事:滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

関連記事:主人公になるべく登場した男、劉備玄徳

関連記事:劉備と劉邦

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

 

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

劉備勝ちまくり!仮想三国志

 

関連記事:架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

 

公孫攅と劉備

 

よく読まれてる記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

 

大橋先生&小橋先生

よく読まれてる記事:正史『三国志』と言うけれど……正史って、なに?

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 宦官 だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝
  2. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  3. 【え!狩猟の話じゃないの?】曹操の狩りの誘いにビビる孫権
  4. 関羽の一騎当千 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  5. 曹操 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  6. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの?
  7. 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?
  8. 孔明による出師の表 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬超の仲間入り
  2. 楽進
  3. 双流星を振り回している徐盛

おすすめ記事

  1. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!
  2. 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  3. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る 曹丕
  4. 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート 法正
  5. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 はじめての三国志 画像準備中
  6. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?

三國志雑学

  1. 袁術 袁紹
  2. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  3. 陳登と劉備
  4. 曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 南蛮
  3. 司馬懿仲達
  4. 魯粛
  5. 徳川慶喜(幕末)

おすすめ記事

東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 2020年東京五輪のテロ対策とは?策定された政府のテロ対策計画は? 五虎大将軍の馬超 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 キングダムネタバレ571話「デッドライン」レビュー解説 鼻をほじりながら無関心な織田信長 織田信長の口癖は「~であった」尾張弁など分かりやすく解説 孔明 vs 司馬懿 五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった? 日本戦国時代の鎧 戦国時代の武士にも出席簿があった!軍忠状 織田信長 織田信長の好物は一体なに?どんな味を好んで食べていたの? 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP