はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

孫権と同じ三代目で地味な北条氏康

この記事の所要時間: 247




孫権と三国アヒル

 

魏、呉、蜀の三国時代で、勢力は2番目だけど、一番地味な国が呉です。

その煽りで孫権も君主にまで昇りつめながら地味な存在です。

 

 

さて、この孫権ですが、日本史では誰に相当するでしょうか?

従来の説では、安定型の徳川家康というのがありますが、

人質時代を経験し、武田信玄にもう一歩で打ち取られるような危ない橋
(三方ヶ原の合戦)渡った家康と、ボンボンの孫権とは違う点も多いです。

 

そこで、調べてみると共通点がある戦国武将がいました。




孫権と共通点のある戦国武将とは?

北条さん

 

それが、小田原北条氏の3代目である北条氏康です。

 

北条氏康は、西暦1515年に、戦国武将北条氏の当主、

北条氏綱の嫡男として生まれました。

 

 

氏綱の父は、戦国時代の下剋上の典型と言われる北条早雲です。

何となく、低い身分から成り上がった孫堅を彷彿させます。

 

 

さて、孫権と同じく、ボンボンとして育った氏康ですが、

そこには、三国志の群雄そこのけのライバルが立ちふさがります。

 

 

それが、扇谷上杉朝定や山内上杉憲政という室町時代からの守護大名です。

早雲の時代に関東に地盤を築いた新参者の小田原北条氏は、

彼等から目の敵にされていたのです。

 

 

1545年両上杉氏は、東駿河を北条氏に奪われた今川氏を

抱きこんで北条氏に侵攻します。

これを河東一乱といい、氏康は、一万の手勢で

八万人の上杉・今川連合軍と戦う事になります。

 

 

まるで、三国志の赤壁の戦いですが、氏康は、圧倒的に不利な状況下で

まずは、今川氏と和睦して奪った東駿河を返還して虎口を逃れます。

 

 

しかし、これでも山内・扇谷の上杉勢は収まらず、

再び、今川氏と結んで、さらにこれまでは氏康の味方だった、

古河公方の足利晴氏も味方に引き入れて再び、八万人という

大軍を率いて北条領に侵攻します。

 

 

激戦となった川越城は、氏康の義弟の北条綱成が巧みに守り、

上杉・足利・今川連合軍を防ぎます。

 

 

氏康は計略を駆使、上杉、足利軍に向けて、

「これまで奪った領地は全てお返しします」と書状を送ります。

 

 

それ以前に、今川氏に東駿河を返した氏康を「腰抜け」と侮っていた

両上杉と足利氏は、これで警戒を解き油断しました。

 

 

氏康は、これを機に、城内の綱成と内応して夜襲をかけます。

この川越夜襲は大成功し、扇谷上杉朝定は戦死!!

 

山内上杉憲政や古河公方、足利晴氏はそれぞれ領地に向かって

敗走してしまいました。

 

 

この戦いで、小田原北条氏は、関東における覇権を確立します。

さらに、氏康は敵対関係だった今川氏と武田氏と外交交渉を重ね

相甲駿三国同盟を締結して勢力を安定させるのです。

 

 

これも孫権が、赤壁の難しいかじ取りを切りぬけて、

蜀と結んだり、魏と結んだりしながら、

呉の繁栄を築いたのによく似ています。

 

 

戦争ばかりでなく、北条氏康は内政の名人で、信長の野望では

政治力が非常に高く設定されています。

 

 

戦乱に明け暮れた時代でも、徴税を請け負った管理職が、

中抜きをして農民を搾取しないように、裁判の制度を拡充したり、

戦争が続いた時には減税や借金帳消しなどの善政を敷きます。

 

 

 

この辺りも孫権が勢力を広げた、江東、江南の土地の経営に力を入れ

民心の安定を図ったのと似ています。

 

 

 

そして一番似ているのが、これだけ華々しい活躍をしていても

関東のド田舎の事(当時の日本の政治経済の中心は近畿)として

北条氏康の事績は知られていないという事でしょう。

 

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

関連記事:終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権




この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。




関連記事

  1. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…
  2. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積
  3. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  4. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)
  5. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパル…
  6. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  7. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  8. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  2. kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】
  4. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  5. 赤壁の戦いは計略の宝庫
  6. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!! 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 【10月の見どころ】10/12公開予定:【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第11部 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

おすすめ記事

  1. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ?
  2. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  3. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!
  4. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  5. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  6. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士
  7. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より
  8. 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP